田河水泡のおすすめランキング

プロフィール

田河 水泡(たがわ すいほう)

1899-1989。漫画家。本名は高見沢仲太

郎。日本美術学校卒。落語作家を経て、『目

玉のチビちゃん』(1928)でデビュー。野

良犬の黒吉、通称“のらくろ”が活躍する『の

らくろ』シリーズは戦後まで続くベストセラー

となった。作品はほかに「蛸の八ちゃん」「凸

凹黒兵衛」など。1969年紫綬褒章受章。

「2016年 『滑稽の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田河水泡のおすすめランキングのアイテム一覧

田河水泡のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『のらくろ喫茶店 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)』や『のらくろ放浪記 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)』や『滑稽の研究 (講談社学術文庫)』など田河水泡の全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

のらくろ喫茶店 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)

47
4.00
田河水泡 マンガ 2012年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

淡々とボケてる感じが面白くてすきだった のらくろは人がいいので うっかり何回も捕まりそうになったりする わたしが生まれるずっと前の漫画だけどとても面白か... もっと読む

のらくろ放浪記 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)

41
3.25
田河水泡 マンガ 2012年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

のらくろ 幸福(しあわせ)3部作 [カラー復刻版] 全3巻 購入特典は、田河水泡が手塚治虫へ送った凸凹黒兵衛と白ちゃんが描かれた年賀状。 60年代後半に始... もっと読む

滑稽の研究 (講談社学術文庫)

40
4.00
田河水泡 2016年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序盤、「滑稽」についてさまざまな側面から論を集めるのはなかなか面白いのだが、後半に入って日本における滑稽の歴史になってくると、単なる人物の羅列のようになっ... もっと読む

のらくろ捕物帳 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)

31
3.33
田河水泡 マンガ 2012年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> かつて猛犬連隊の二等兵だった黒犬「のらくろ」。軍隊は解散、平和が訪れた世の中で連隊の仲間たちも様々な暮らしを始めていた。さて、のらく... もっと読む

のらくろ上等兵 (1969年)

26
3.86

感想・レビュー

去る12月12日は、田河水泡が亡くなつて20年目の命日でした。ここで代表作「のらくろ」の登場であります。 のらくろは昭和戦前に少年誌にて連載が始まるや、爆... もっと読む

のらくろ伍長 (1969年)

16
3.50

感想・レビュー

第二次世界大戦中に日本で発行された漫画で、 犬の国、豚の国、羊の国、熊の国…設定が非常に面白いです。 もっと読む

のらくろ漫画集 (文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]

15
3.60

感想・レビュー

買いたいよー 3巻だけ図書館でかりました。 かわいい!大好き!のらくろだよ。 おもしろい。進級していくのらくろはおっちょこちょいだけ... もっと読む

のらくろ軍曹 (のらくろ漫画全集)

13
3.67
田河水泡 1969年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お父さんが持っていた。これを読んで育った。 もっと読む

私の履歴書 芸術家の独創 (日経ビジネス人文庫)

13
3.25
田河水泡 2008年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

横尾忠則 破天荒な人だが、とても怖がりだったらしい。 もっと読む

のらくろ軍曹 (1969年)

11
3.67

感想・レビュー

やっぱりいいなぁのらくろ。全部揃えたい。 もっと読む

のらくろ伍長 (のらくろカラー文庫)

10
3.00

感想・レビュー

戦前の作品と身構えましたが、完成度高いのね。さすが一世風靡しただけある。 今の漫画との違いは大きいが、特にコマ割り。この作品はコマが均等でわかりやすい。 ... もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする