田牧大和のレビュー数ランキング

プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和のレビュー数ランキングのアイテム一覧

田牧大和のレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺』や『鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙』や『晴れの日には 藍千堂菓子噺』など田牧大和の全57作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺

384
3.75
田牧大和 2013年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふふふ、和菓子屋さんが舞台の物語。 それだけでわくわくします。 菓子作りにひたむきな、おっとりした兄、晴太郎。 商売上手で、しっかり者の弟、幸次郎。 ... もっと読む

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙

249
3.64
田牧大和 2013年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編の冒頭にある「問わず語り」が、物語の裏で進行していることを暗示しています。主人公の絵師の正体。長屋に鯖猫がいる理由。次々と空き部屋にやってくる住人。そ... もっと読む

晴れの日には 藍千堂菓子噺

167
3.84
田牧大和 2016年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人の暖かさが心にしみて、もぉ~涙が出ちゃう(T-T)晴太郎が前途多難な恋に落ちちゃったぞ!(゜゜;)でも晴太郎もやるときゃやるんだね~(*^^*)皆が晴太... もっと読む

三人小町の恋―偽(いかさま)陰陽師 拝み屋雨堂

155
2.97
田牧大和 2011年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

L 偽陰陽師拝み屋雨堂1 偽、をふんだんに使ったおしゃれな時代モノとでもいおうか。娘3人の心の奥底に踏み込んでいく、のかと思ったけどそれほど重くなかっ... もっと読む

緋色からくり

98
3.64
田牧大和 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きりっとして男勝り 美人の天才女錠前師 お緋名が 殺された従姉のお志麻の 仇を討つ物語 殺人 陰謀 裏切りの世の中で 誠実に生きること ... もっと読む

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(二) (PHP文芸文庫)

158
3.75
田牧大和 2017年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫が可愛い、ではなく、えらい。 この変わった関係もすっかりなじみました。 もっと読む

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙 (PHP文芸文庫)

169
3.82
田牧大和 2016年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元義賊とそれを手下にする猫! よいコンビの登場。 時代物で、元盗賊って定番だけどズルい設定だよな。 もっと読む

数えからくり―女錠前師緋名

91
3.25
田牧大和 2010年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大棚の娘殺し、神隠しの因縁、座敷牢に響く 数え唄、がんじがらめの恋。因果の糸を辿った 先には、開けてはならぬ錠前ひとつ…。 猫の大福と暮らす、天才女... もっと読む

酔(ゑ)ひもせず 其角(きかく)と一蝶(いっちょう)

114
3.28
田牧大和 2015年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初イマイチだな、って思って途中ですが読むのやめようと思ったんだが、他の人の感想みると主人公2人の評判が良いのでもうちょっと読んでみるか、で途中からはスル... もっと読む

とうざい

93
3.48
田牧大和 2013年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 人形が解く、人の心と江戸の謎―柄は大きいが気は小さい、若き紋下太夫の竹本雲雀太夫。役者も裸足で逃げ出す色男、人... もっと読む

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(三) (PHP文芸文庫)

136
3.86
田牧大和 2017年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長屋を統べるだけでなく、犬まで配下に。 おそろしや、鯖猫。 この殿様っぷりはどこから来るんでしょ。 もっと読む

あなたのためなら 藍千堂菓子噺

69
4.07
田牧大和 2019年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田牧さんらしい、爽やかさや、切なさや、推理が入り交じった作品。とても面白い。 キャラに味があって、どの話も面白い。今回は、お糸と幸次郎の話が多いが、よく... もっと読む

花合せ――濱次お役者双六――

78
3.67
田牧大和 2007年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「緋色からくり」が面白かったので、これまでの田牧作品を出た順に読んでいるところです。時は文政、主人公は今ひとつパッとしない女形役者の濱次。陰に日向に彼を応... もっと読む

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(四) (PHP文芸文庫)

116
3.71
田牧大和 2018年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4巻にもなると飽きそう。 でも、少しづつキャラ関係が変わってきているので、 飽きずに楽しめる。 もっと読む

恋糸ほぐし 花簪職人四季覚

82
3.53
田牧大和 2016年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

迷い竦んでいた忠吉がだんだん解れてきて、周りの皆と暖かい関係を作れて良かったなぁと思います。料理も簪づくりの描写も詳しく丁寧で、おさきちゃんの事件等要素も... もっと読む

とんずら屋弥生請負帖

77
3.16
田牧大和 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 お家騒動、恋あり、冒険あり、姫を守る一途な従者あり。最高。 もっと読む

三悪人

61
3.47
田牧大和 2009年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

享保の改革の水野忠邦、ご存知金さんこと遠山景元、のちに妖怪と呼ばれる鳥居耀蔵の若き日を描いたピカレスク時代小説。  田牧さんは前作の泣き菩薩でも安... もっと読む

緋色からくり―女錠前師謎とき帖〈1〉 (新潮文庫)

72
3.95
田牧大和 2011年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田牧さんの作品は好みの凄いツボな物とイマイチな物とあるのですが、これは程よくツボな方でした。女錠前師・緋名の姉のような存在である“お志麻”が殺されてから4... もっと読む

身をつくし 清四郎よろづ屋始末

55
3.68
田牧大和 2010年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元南町奉行所内与力筆頭・杜清四郎は、今は 「よろず相談所」を開いていた。次々と舞い込む 事件を解くうちに明らかになる過去が、彼の 秘密と苦悩を浮き彫... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示

田牧大和に関連する談話室の質問

ツイートする