田辺聖子のおすすめランキング

プロフィール

田辺聖子

一九二八年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。六三年、『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』で芥川賞を受賞、八八年、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、九三年、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、九四年、菊池寛賞を受賞。九八年、『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞と読売文学賞を受賞。二〇〇八年、文化勲章受章。大阪弁で軽妙に綴る現代小説の他に、古典文学の紹介、評伝小説など、著書多数。一九年六月死去。

「2020年 『大阪弁おもしろ草子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田辺聖子のおすすめランキングのアイテム一覧

田辺聖子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)』や『孤独な夜のココア (新潮文庫)』や『おちくぼ姫 (角川文庫)』など田辺聖子の全1276作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)

4776
3.46
田辺聖子 1997年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.8.25 読了。  以前どこかで見た同名映画のタイトルが気になっていて、ブックオフでこのタイトルを見つけて衝動買いしてしまった。  表題作の... もっと読む

孤独な夜のココア (新潮文庫)

2502
3.58
田辺聖子 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女たちの様々な恋のかたちを描いた12編の短編集。 歳の差恋愛、オフィス・ラブ、不倫、略奪、騙された恋、幼馴染etc その時は想い合う、純粋な恋であっても、... もっと読む

おちくぼ姫 (角川文庫)

2006
3.88
田辺聖子 1990年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1000年前に書かれた日本のシンデレラ・ストーリー。 皇族の血をひく高貴な生まれの美しい姫でありながら、継母に虐げられ、畳のおちくぼんだ貧相な部屋で、裁... もっと読む

言い寄る (講談社文庫)

1691
3.86
田辺聖子 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結局、わたしは今「いい男というのはダメな男なんじゃない、誠実な男なんだ」っていうのを、必死にインプットしているところなんだ、と思う。 本、映画、日常生活... もっと読む

新源氏物語(上) (新潮文庫)

1109
3.80

感想・レビュー

実家の本棚より。 確か20年くらい前に夢中で読んだ本。 再読。 なんと涼しげで静かな本。 それでいて人間臭い。 昔感じたこととの違いを楽しみながらゆっ... もっと読む

私的生活 (講談社文庫)

996
3.95
田辺聖子 2010年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言い寄る」に続く2作目の「私的生活」。 当作品の初出昭和51年当時は、都はるみさんの「北の宿から」が大ヒット。 「着てはもらえぬセーターを寒さこ... もっと読む

苺をつぶしながら (講談社文庫)

988
3.87
田辺聖子 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三部作読み終えました。巻末の解説にもありましたが、最初から最後まで、乃里子の変質しない女の子らしさを長い年月を経て読ませていただきました。年取ったら偉くな... もっと読む

新源氏物語(中) (新潮文庫)

762
3.70

感想・レビュー

高校時代に一読し、京都来訪前に再読 もっと読む

新源氏物語(下) (新潮文庫)

747
3.73

感想・レビュー

女たちが生きる、その生き様を見届けた気持ち 多くの気持ちの葛藤、困惑、歓喜、涙にふれ 知らない世界を感じられた 衣の華やかさに対してその重さほどの深い... もっと読む

言い寄る

513
3.81
田辺聖子 2007年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョゼで田辺聖子さんを読んだので、その流れで読んでみた。一気に読んだ。ジョゼでもそう感じたけど、なにか自分に置き換えて考えてしまうところが多々ある。またし... もっと読む

田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫 た 5-24)

468
3.82
田辺聖子 1991年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単なる直訳ではない現代語訳が美しい。 もっと読む

とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)

453
3.77
田辺聖子 2015年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●2020年7月23日、読み始め。 田辺聖子さんの作品は、そこそこ読んでる。ブクログへの登録は、今回で4冊目になる。 今までに登録した3冊は、いずれも、... もっと読む

〆切本2

450
3.46
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

文車日記 (新潮文庫)

437
3.92
田辺聖子 1978年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう四半世紀ほども昔の受験生時代、古典を頭に入れるのに効果的と予備校の教師に勧められて以来、田辺聖子さんの古典ものを愛読してきた。今回何度目かの再読中、田... もっと読む

上機嫌な言葉 366日 (文春文庫)

398
3.47
田辺聖子 2019年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フムフム…と思うところもあるが 私にはちょっと… もっと読む

苺をつぶしながら

342
3.73
田辺聖子 2007年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生のうちのどの時期を取り出しても輝いているもの…っていうことがリズムの流れのような文章の中で感じられた。ワクワクするような文章のリズム。 それにしても... もっと読む

春情蛸の足 (講談社文庫)

323
3.58
田辺聖子 2009年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お料理と情の短編集。 今とってもきつねうどんとたこやきが食べたいです。 もっと読む

人生は、だまし だまし (角川文庫)

319
3.32
田辺聖子 2005年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わかるところもあるが、親より上の世代の作者さんは時代が違いすぎて合わない そういう考えがあるのだなと 思うだけだった もっと読む

むかし・あけぼの 上 小説 枕草子 (角川文庫)

307
3.88
田辺聖子 1986年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清少納言の生涯を描いた傑作。 なめらかで自然な文章で、すっかり引き込まれました。 歌人として評価されていた家系で、清原元輔の娘。 本名は不明だけ... もっと読む

おいしいものと恋のはなし (文春文庫)

307
3.05
田辺聖子 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田辺聖子さんの本は元気が出るなー。大阪弁のポンポン弾む感じ、登場人物も憎めないし。ハイミス、離婚とかより、20-30代の片思い、駆け引きの話を書かせたらお... もっと読む
全1276アイテム中 1 - 20件を表示

田辺聖子に関連する談話室の質問

ツイートする
×