町田康の人気ランキング

プロフィール

1962年生まれ、大阪府堺市出身。バンド「INU」のボーカリストとして活動する一方、俳優、詩人としても活躍。1996年「くっすん大黒」で小説家デビューし、第7回bunkamuraドゥマゴ文学賞、第19回野間文芸新人賞を同時受賞。2000年「きれぎれ」で第123回芥川賞を受賞以降は、作家としての活動にほぼ専心している。
その他受賞歴として、2001年『土間の四十八滝』で第9回萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で第28回川端康成文学賞、2005年に『告白』で第41回谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で第61回野間文芸賞をそれぞれ受賞。
上記文芸作が代表作として評価を得る一方、映画化された『パンク侍、斬られて候』など、メディア化作品が多い。エッセイストとしても定評があり、『猫にかまけて』『スピンク日記』などが人気。

町田康の関連サイト

町田康の人気ランキングのアイテム一覧

町田康の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『人生パンク道場 (角川書店単行本)』や『ローズプラスエクス vol.1』や『スピンクの壺 (講談社文庫)』など町田康の全278作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

人生パンク道場 (角川書店単行本)

7
5.00
町田康 電子書籍 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ああ、この感じ懐かしいな。 らもさん死んじゃったから…涙。 もっと読む

スピンクの壺 (講談社文庫)

22
4.80
町田康 2017年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生後4ヵ月で保護されたプードルのスピンクが綴る日記 小説を仕事とする作家の主人・ポチと山奥の家で静かに暮らすスピンク。なにをやっても失敗ばかりの主人、庭... もっと読む

群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

23
4.50
辻原登 2018年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父、断章 / 辻原登(1945-、和歌山県印南町、小説家) 丸の内 / 黒井千次(1932-、杉並区、小説家) 鯉浄土 / 村田喜代子(1945-、北九州... もっと読む

猫のよびごえ (講談社文庫)

86
4.40
町田康 2016年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の小説作品からは読み取れない町田康の生の人間性に触れられるエッセイ。 猫にかまけてから続くシリーズ最終巻。 相変わらずの町田康らしい独特な言い回しや比喩... もっと読む

ギケイキ 千年の流転

11
4.33
町田康 電子書籍 2016年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高野秀行さんの「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」でとりあげられていて、おもしろそう!と思ったので読んでみたら、予想どおりものすごくおもしろ... もっと読む

スピンクの笑顔

55
4.31
町田康 2017年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山奥の家で、人間、猫などとひとかたまりになって暮らすスピンク。7歳から9歳まで日々が描かれている。もはや老犬。景色や匂いに誘われ先へ先へと急ぐことはない。... もっと読む

ユリイカ2011年3月号 特集=貴志祐介 『黒い家』『硝子のハンマー』『新世界より』『悪の教典』『ダーク・ゾーン』・・・エンターテインメントの革新

26
4.25
貴志祐介 2011年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

部分読みしましたが町田康さんと貴志さんの対談が面白かった。 『悪の教典』はやく読みたいなぁ~と思いました。 『新世界より』は構想30年だそうで、貴... もっと読む

告白 (中公文庫)

2380
4.23
町田康 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治26年に実際に起こった大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフにした大作。作者得意の関西弁を駆使して、実際の事件をモチーフにしつつもあくまで町田節。たま... もっと読む

ユリイカ2010年11月号 特集=猫 この愛らしくも不可思議な隣人

149
4.22
角田光代 2010年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近では「詩と批評」というより「サブカル路線の文学雑誌」というイメージが強い『ユリイカ』の今回の特集は「猫」。  角田光代と西加奈子の猫話対談に始ま... もっと読む

町田康全歌詩集 1977~ (角川文庫)

100
4.18
町田康 2009年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カマタというのはブッチャーに似た1.5流の選手です キラー・トーア・カマタが全日本プロレスに初参戦したのは1978年 その年のうちに、ジャイアント... もっと読む

猫にかまけて 猫にかまけてシリーズ (講談社文庫)

15
4.17
町田康 電子書籍 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今にも弱って死にそうなボロボロの猫を見て、躊躇せず保護し可能な限りの手を尽くして世話をできる人がどれだけいるだろう。 猫をペットではなく共に生活する家族と... もっと読む

猫にかまけて (講談社文庫)

892
4.16
町田康 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうこんなこと言うのいい加減厭なんだが(とは言えまだ2回め) 解説が糞。 文庫本はたまにこういう要らんおまけがついてくるから困る。 単行本持って... もっと読む

猫のあしあと (講談社文庫)

304
4.07
町田康 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年末年始に向け、図書館で目に付いた猫(キャット)がつくタイトルの本を数冊借りてきた。 町田さんの飼い猫、愛護団体よりの保護した猫についてのエッセイ。町田... もっと読む

猫のあしあと

416
4.06
町田康 2007年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「猫にかまけて」の続編。 ねこたちにかける町田さんの愛情は前作と変わらない 密度で、ちいさなねこたちが必死に生きる側で 人間って何が出来るだろう... もっと読む

ギケイキ2: 奈落への飛翔

106
4.03
町田康 2018年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代考証を経た言葉ではなくイマ時の若者言葉で展開するのは、当時の武士たちってやっぱこんな感じっだったはずじゃん、イケイケじゃないと戦に勝てねぇって、でもイ... もっと読む

この世のメドレー (河出文庫)

28
4.00
町田康 2017年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった〜落語きいてるような滑稽さがあって、ところどころ吹き出して笑ってしまった。 袂は軽すぎるし、余も自分で超然者って言ってて、最初ふたりともほんと... もっと読む

芥川賞全集〈第19巻〉

13
4.00
町田康 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成十二〜十三年に受賞した五篇を収録。 受賞作をまとめて読めるのがいいと思いましたが、すごいボリュームでした…。 もっと読む
全278アイテム中 1 - 20件を表示

町田康に関連する談話室の質問

ツイートする