白井智之の新刊情報

プロフィール

しらい・ともゆき 1990年千葉県印西市生まれ。東北大学法学部卒業後、会社員。『人間の顔は食べづらい』が第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作となり、同作でデビュー。第二作『東京結合人間』は「2016本格ミステリ・ベスト10」で8位、「このミステリーがすごい!2016年版」16位にランクインし、日本推理作家協会賞長編部門の候補作となる。第三作『おやすみ人面瘡』は「2017本格ミステリ・ベスト10」で5位、「このミステリーがすごい!2017年版」8位にランクイン。他の著作に『少女を殺す100の方法』。

白井智之の新刊情報のアイテム一覧

白井智之の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年7月24日発売予定の『東京結合人間 (角川文庫)』や2018年7月24日発売予定の『東京結合人間 (角川文庫)』や2018年6月8日発売『ベスト本格ミステリ2018 (講談社ノベルス)』など白井智之の全30作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

ベスト本格ミステリ2018 (講談社ノベルス)

18
4.00
岡崎琢磨 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年発表された本格ミステリ短編のベスト集。 同じ趣旨の『ザ・ベストミステリーズ』(こちらは広義のミステリ短編)と比べられがちだが、ここ数年は後者の方がバラ... もっと読む

少女を殺す100の方法

76
2.89
白井智之 2018年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各話で死んだ少女の数を合計すると100人になるという本格ミステリー連作短編集。特殊な舞台設定とグロテスクな表現は顕在ですし、バリエーションに富んだミステリ... もっと読む

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

249
3.41
恩田陸 2017年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予備知識なしに読みました。 はやみねさん、恩田さん、高田さんの作品は前提となる本を読んだ方がよかったかもしれないですが、楽しめました。 綾崎さんの作品... もっと読む

人間の顔は食べづらい (角川文庫)

74
3.74
白井智之 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白井智之『人間の顔は食べづらい』角川文庫。 本書は発売直後に地元の大手書店で売り切れが相次ぎ、たまたま小規模書店でやっと1冊を発見し、期待を込めて購... もっと読む

おやすみ人面瘡

130
3.54
白井智之 2016年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。傑作。 前作では結合人間という設定とミステリ部分が些か乖離していた感があったけど、本作ではきっちりと一つの物語にな... もっと読む

東京結合人間

139
3.76
白井智之 2015年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか衝撃だった。 最初からなんじゃこりゃというようなシーンから入るものの。 エロ黒で本と気持ち悪くなるし話の結末も気分悪いんだけれど、その気分の悪... もっと読む
全30アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする