白洲正子のおすすめランキング

プロフィール

1910(明治43)年、東京生れ。実家は薩摩出身の樺山伯爵家。学習院女子部初等科卒業後、渡米。ハートリッジ・スクールを卒業して帰国。翌1929年、白洲次郎と結婚。1964年『能面』で、1972年『かくれ里』で、読売文学賞を受賞。他に『お能の見方』『明恵上人』『近江山河抄』『十一面観音巡礼』『西行』『いまなぜ青山二郎なのか』『白洲正子自伝』など多数の著作がある。

「2018年 『たしなみについて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白洲正子のおすすめランキングのアイテム一覧

白洲正子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『白洲正子自伝 (新潮文庫)』や『こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)』や『両性具有の美 (新潮文庫)』など白洲正子の全245作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

白洲正子自伝 (新潮文庫)

685
3.42
白洲正子 1999年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

華族の生活、白洲次郎の、妻を務められた強さが垣間見られる もっと読む

こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)

468
3.64
河合隼雄 1997年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年1月14日~15日。  往復書簡や公開対談も含めた十名との対談集。  村上春樹、安部公房、沢村貞子などと対談している。  十人十色と... もっと読む

両性具有の美 (新潮文庫)

345
3.53
白洲正子 2003年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彼女の透徹した審美眼には毎回魅了されるが、今回もその例に漏れなかった。特に好きなのは前述した「菊花の契り」の箇所だけども、全編を通して彼女のお能への深い情... もっと読む

西行 (新潮文庫)

338
3.76
白洲正子 1996年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白洲正子 「 西行 」歌の背景から西行の人物像や心情を論述した本。風流な心が 自然を詠むことを通して、信仰心を昇華させ、虚空の如き心に変化したことがわかる... もっと読む

たしなみについて

284
3.08
白洲正子 2013年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きっと一回読んで何かが身につくとかそんな簡単なものではないんだよなぁ白洲さんの文章は。 何度も繰り返し読んで咀嚼したい。 もっと読む

私の百人一首 (新潮文庫)

278
3.51
白洲正子 2004年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百人一首の本を書くのって、きっと大変なんだろうな、とかねがね思っていた。 書くことが浮かぶ歌ばかりでもないだろう。 特に紙数が決められていて、きちんと... もっと読む

かくれ里 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

242
3.93
白洲正子 1991年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一昨年、都内の美術館で開催された白洲正子展へ足を運んだのが、同書を手に取る契機でした。    岐阜、福井、滋賀、京都、奈良の…現代風にいえばB級の... もっと読む

日本のたくみ (新潮文庫)

229
3.71
白洲正子 1984年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸術新潮の連載をまとめめたもの。日本の職人さんを知る格好の書。箸に様々な種類があるのは驚いた。知らないことはまだまだたくさんあると改めて思い知った。 もっと読む

名人は危うきに遊ぶ (新潮文庫)

187
3.67
白洲正子 1999年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章が教科書にも載るんだもの...やはり私の駄文などとは違う! もっと読む

夕顔 (新潮文庫)

152
3.45
白洲正子 1997年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白洲正子や幸田文を読むと(随分と立ち位置は違いますが)、日本の知識人層の厚さや向学に感銘を受けます。血なのか環境なのか教育なのか。 美意識と背筋の良さが文... もっと読む

能の物語 (講談社文芸文庫)

144
4.00
白洲正子 1995年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

能の世界に深く関わっていた白洲正子が、有名所のお話をわかりやすく記したもの。 初見でも理解しやすいように、舞台では語られないサイドのお話や歌の解説な... もっと読む

おとこ友達との会話 (新潮文庫)

140
3.48
白洲正子 2005年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

憧ればあさん もっと読む

白洲次郎 (コロナ・ブックス)

140
3.53
白洲正子 1999年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだというか観たというか。「従順ならざる唯一の日本人」とGHQに言わしめた人。生き方がカッコイイ!色々な政財界と関わり自らも。晩年はポルシェ、ゴルフに興... もっと読む

白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)

135
3.50
白洲正子 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近日本の美しいものに無性に惹かれ、以前から考えていた日本人の宗教的な背景(アニミズム)を持ちながら、店頭で、「美しいもの」「かそけきもの」を購入、読み始... もっと読む

縁は異なもの (知恵の森文庫)

130
3.61
白洲正子 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上春樹を通して知らない世界に出逢えた。 〇〇的なものが〇〇を隠してしまう。 本当らしい言葉には血がない。 本物の方々の言葉には説得力がある。 もっと読む

金平糖の味 (新潮文庫)

121
3.72
白洲正子 2010年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樺山資紀の孫とは知らなかった。 もっと読む

遊鬼―わが師わが友 (新潮文庫)

120
3.72
白洲正子 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青山二郎、小林秀雄、吉田健一、洲之内徹、梅原龍三郎、そして白洲次郎といった、著者が交流を持った作家や芸術家たちに関する文章を集めた本。その多くは、追悼文と... もっと読む

明恵上人 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

117
3.94
白洲正子 1992年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フナラシで購入。たぶん、再読。初読の際はさほど感銘を受けなかった記憶が。 明恵上人の世界にあらためて触れる。行ったことがない京都・高山寺を訪ねてみたくなっ... もっと読む
全245アイテム中 1 - 20件を表示

白洲正子に関連する談話室の質問

ツイートする