白石一郎のおすすめランキング

プロフィール

白石一郎(しらいし いちろう)
1931年11月9日 - 2004年9月20日
釜山の生まれの作家。終戦までは釜山、戦後は佐世保市で育った。長崎県立佐世保北高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。双子の息子がおり、白石一文・白石文郎両名ともに作家となった。
1987年『海狼伝』で第97回直木賞、1992年『戦鬼たちの海—織田水軍の将・九鬼嘉隆』で第5回柴田錬三郎賞、1999年『怒濤のごとく』で第33回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。

白石一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

白石一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海狼伝 (文春文庫)』や『海将(上) (講談社文庫)』や『海王伝 (文春文庫)』など白石一郎の全206作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海狼伝 (文春文庫)

260
3.85
白石一郎 1990年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笛も三郎もかっこいい〜惚れる〜続きが気になるではないか。 もっと読む

海将(上) (講談社文庫)

175
3.80
白石一郎 1999年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

商人上がり、武功が少ない軟弱な武将として描かれることが多い、小西行長。「黄金の日々」の小野寺昭のイメージが未だに染み付いている。 本書では、そんな小西行... もっと読む

海王伝 (文春文庫)

133
3.76
白石一郎 1993年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正の「海狼伝」よりおもしろい。つぼの抑え方がうまくて、楽しく読めた。一気に読んでしまった。 もっと読む

海将(下) (講談社文庫)

124
3.75
白石一郎 1999年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、小西行長が肥後半国の大名となるところまでで終わっており、残念ながら、文永・弘安の役や関ヶ原の合戦は描かれていない。 とは言え、商人あがりの俄侍と... もっと読む

戦鬼たちの海―織田水軍の将・九鬼嘉隆 (文春文庫)

106
3.63
白石一郎 1995年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志摩の海賊、九鬼嘉隆は、信長を彷彿とさせる苛烈な性格。一旦は土地を追われるが、信長に見いだされ、滝川一益の寄騎として見事に復権し、石山合戦では、毛利・村上... もっと読む

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)

75
3.43
白石一郎 1978年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊後の大名、大友宗麟の一生涯を描いた作品。戦国大名としての一面と一介のキリスト教信者との狭間で苦悩する歴史小説です。 琉球大学:八朔 もっと読む

航海者―三浦按針の生涯〈上〉 (文春文庫)

68
3.57
白石一郎 2005年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこまでが真実で、どこまでが創作か分からないが、実在の人物が登場して、なかなか面白い読み物になっている。 もっと読む

庖丁ざむらい 十時半睡事件帖 (講談社文庫)

64
3.42
白石一郎 1987年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件帖というほどの大事件は起こりませんが こういうのも好きです もっと読む

風雲児〈上〉 (文春文庫)

63
3.57
白石一郎 1998年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本からシャムのアユタヤに渡り、日本人町の頭領、そして王宮の官位を授けられた山田長政について書いた本です。 山田長政は駿河で大久保忠佐の大名駕籠の駕... もっと読む

航海者―三浦按針の生涯〈下〉 (文春文庫)

59
3.38
白石一郎 2005年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当の按針がどういう人間だったかは知るべくもないが、リアリティのある人物像が描かれていた。 もっと読む

海のサムライたち (文春文庫)

54
3.31
白石一郎 2004年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 四方を海に囲まれながら海に無関心の日本人。歴史も陸の視点から描かれる事が多い。しかし日本には海に生き、死んでいった誇るべき男たちがいた。古くは藤原純友か... もっと読む

風雲児〈下〉 (文春文庫)

53
3.77
白石一郎 1998年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山田長政もそうなろうと思って強い意志をもって自分で道を切り開いたというよりは、たまたまそういうチャンスがあったので人に誘われて乗っていくうちに人格や能力が... もっと読む

刀―十時半睡事件帖 (講談社文庫)

48
3.52
白石一郎 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平和が続きた江戸時代。武勇の声高い福岡藩黒田家でも、若い世代の武士の性格は変化しつつある。 昔とは違ってきた当代侍気質をエピソードにして短編が組まれてい... もっと読む

戦国武将伝―リーダーたちの戦略と決断 (文春文庫)

48
3.09
白石一郎 1992年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 それぞれの武将達、残された記録を様々な角度から見据えるのが時代小説家の醍醐味なんだろう。  この人の筆は達者。どれも安心して読める。 もっと読む

新装版 海狼伝 (文春文庫)

47
3.67
白石一郎 2015年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり久しぶりに(2年くらいか)、日本の歴史小説を読んだ。戦国時代、織田信長が天下統一を目指している時代に、海と船を通じて成長する青年の物語。読んだのは、... もっと読む

海将―若き日の小西行長 (新潮文庫)

44
3.35
白石一郎 1996年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小西行長といえば、朝鮮戦争における二枚舌外交、キリシタン、石田三成と仲良し、元商人、関ヶ原で敗れる・・・ というのが大まかなイメージだろうか? しかし、... もっと読む

出世長屋―十時半睡事件帖 (講談社文庫)

43
3.71
白石一郎 1996年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半睡、江戸で大活躍。 65過ぎてもまだまだ元気ですな。 男はやっぱり仕事しているうちが華なんですかな もっと読む

犬を飼う武士―十時半睡事件帖 (講談社文庫)

41
3.64
白石一郎 1994年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1991年7月刊。1994年9月文庫化。6話の連作短編。シリーズ4巻め。今回も福岡藩黒田家の総目付の十時老の活躍が楽しい。息子の弥七郎の責任をとっての引退... もっと読む

観音妖女―十時半睡(とときはんすい)事件帖 (講談社文庫)

41
3.65
白石一郎 1988年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風邪で休むと良く寝れるのですが、起きてる間には軽い小説が読みたくて「十時半酔」など丁度良いのです。 白石一郎さんの住む福岡を舞台にした事件帖ですが、ど... もっと読む

復活する男 (冒険の森へ 傑作小説大全11)

41
3.89
飯嶋和一 2015年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの通り「復活」をテーマに短編・長編と色々な作家の作品を集めた一冊。 色々な作家の作品を知るために、また復活というテーマにひかれて買ったが、実際に読... もっと読む
全206アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする