相沢沙呼のおすすめランキング

プロフィール

【相沢沙呼(あいざわ・さこ)】
1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2011年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作、2018年『マツリカ・マトリョシカ』が第18回本格ミステリ大賞の候補作となる。繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。『小説の神様』(講談社タイガ)は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化が発表された。最新作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が『このミステリーがすごい!(宝島社)』『本格ミステリ・ベスト10(原書房)』『2019年ベストブック』にてそれぞれ1位を獲得し三冠を達成。

「2020年 『小説の神様(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

相沢沙呼のおすすめランキングのアイテム一覧

相沢沙呼のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『medium 霊媒探偵城塚翡翠』や『小説の神様 (講談社タイガ)』や『午前零時のサンドリヨン』など相沢沙呼の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

medium 霊媒探偵城塚翡翠

2353
4.19
相沢沙呼 2019年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紅白見ながら読了。平和な大晦日。 霊媒探偵ってなんやねん?得意じゃないジャンルと思いつつ、「このミス」一位ということで購入。 読んでみて、とても秀逸な... もっと読む

小説の神様 (講談社タイガ)

1055
3.73
相沢沙呼 2016年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「辛くて、辛くて、たまらない……。わたし、今まで、小説って楽しいから書くものなんだと思っていました。どんな作家も、書くのが楽しくって仕方なくて、だからあん... もっと読む

午前零時のサンドリヨン

1029
3.41
相沢沙呼 2009年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落ち込んでいるときに通りすがりの人がかけてくれた、なにげないひと言。 心配のあまり、いてもたってもいられずに、親友が真夜中に送信してくれたメール。 そして... もっと読む

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)

742
3.51
相沢沙呼 2012年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生マジシャンが謎を解く学園ミステリ。 須川くんは、高校に入ってクラスメートの酉乃初に一目惚れ。 窓の外をぼんやり眺めていることが多い彼女は、長... もっと読む

放課後探偵団 (書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー) (創元推理文庫)

732
3.64
相沢沙呼 2010年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新鋭作家たちによる学園ミステリーアンソロジー 個人的に好きなのは『ボールがない』 なくなったボールが見つかるまで居残りをさせられている野球部が推理によっ... もっと読む

マツリカ・マジョルカ

569
3.33
相沢沙呼 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あははは(笑) 誰が言ったか 『太ももミステリー』とは言い得て妙(笑) 期待の若手ミステリー作家との触れ込みに期待して読んだけど、 はっきり言... もっと読む

ロートケプシェン、こっちにおいで

532
3.54
相沢沙呼 2011年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとまあ! 前作『午前零時のサンドリヨン』で、、コツコツ貯めたバイト料をかき集め 酉乃さんが欲しがっていたトランプのチャームのついたペンダントを ... もっと読む

雨の降る日は学校に行かない

530
3.52
相沢沙呼 2014年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校生活に何かしらの辛さを抱えている中学生女子のお話6編。 保健室登校、死にたい願望、スクール・カースト、いじめ、理解のない教師など、読んでいて心が... もっと読む

medium 霊媒探偵城塚翡翠

362
4.12
相沢沙呼 電子書籍 2019年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ボーッと読んでるから最後までわからなかったし、その分楽しめた(笑) この人の描く登場人物は出落ち感がすごくあるんだけど続いていくから楽しみだ。 もっと読む

マツリカ・マハリタ (単行本)

307
3.50
相沢沙呼 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

その筋のファンからは『太ももミステリー』と呼ばれて愛されているらしい本マツリカ・シリーズ(笑)。 著者の『medium』が2019年のこのミス大賞を... もっと読む

ココロ・ファインダ

280
3.59
相沢沙呼 2012年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「カタカナの魔術師」という称号を捧げたい、相沢沙呼さん! 『午前零時のサンドリヨン』、『ロートケプシェン、こっちにおいで』では 魅力的なマジック用語を交... もっと読む

卯月の雪のレター・レター

259
3.27
相沢沙呼 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

繊細な感覚で描かれた、少女たちのミステリ。日常の謎がメインで、大きな事件が起こるわけではないしインパクトは薄いけれど。細やかな心情にしみいるような優しさが... もっと読む

小説の神様 あなたを読む物語(上) (講談社タイガ)

250
3.71
相沢沙呼 2018年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回もいろいろぶっこんできたね、相沢さん…。 このご時世にこのレーベルから出して、ここまで言わせるか、と。 相変わらず、誰にも感情移入はできはいけれど、... もっと読む

スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫nex)

244
3.08
相沢沙呼 2014年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 狼に喰い千切られたかのような少女の遺体が連続して見つかる。美しい金髪の少女”此花ねむり”は鈴原楓という少女との出会いをきっかけに事件とそれに関連している... もっと読む

雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)

241
3.55
相沢沙呼 2017年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心から安心出来る居場所だなんて何処にあるのだろう。今日が何月何日何曜日何時何分で、今が何時間目で、私以外の皆が今何をしているのか知った事じゃ無い。それがど... もっと読む

小説の神様 あなたを読む物語(下) (講談社タイガ)

217
3.98
相沢沙呼 2018年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語を書く人、読む人 ライトノベルでもコミックでも 作り手の苦悩がぐるぐるしていて苦しかった でも 作者を育てるのは読者 今の時代の問題をいろい... もっと読む

ロートケプシェン、こっちにおいで (創元推理文庫)

212
3.80
相沢沙呼 2015年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子高生マジシャン酉野初とその同級生須川君が高校の様々な謎に挑む、『午前零時のサンドリヨン』の続編となる連作ミステリ。  前作ラストで須川君も成長し... もっと読む

マツリカ・マトリョシカ

201
3.54
相沢沙呼 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/06/05読了 #このミス作品26冊目 学園ミステリ。マツリカ3作目。 現在と過去、2つの密室事件を解く。 ポップなストーリー展開の中に 骨太... もっと読む

マツリカ・マジョルカ (角川文庫)

200
3.37
相沢沙呼 2015年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや、2020年正月元旦に読了したのが本書なのですが、ちょっと、いや、違うんです。 本書の作者・相沢紗呼氏の『medium』が2019年のこのミス大... もっと読む

ココロ・ファインダ (光文社文庫)

148
3.79
相沢沙呼 2014年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 写真部に所属する4人の女子高生と彼女たちにまつわる小さな謎を描いた連作短編ミステリ。  作中に登場する女子高生の描き方がとても絶妙だと思います。そ... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示

相沢沙呼に関連する談話室の質問

ツイートする