真山仁の文庫本一覧

プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

真山仁の関連サイト

真山仁の文庫本一覧のアイテム一覧

真山仁の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『ハゲタカ(上) (講談社文庫)』や『ハゲタカ(下) (講談社文庫)』や『ハゲタカ2(上) (講談社文庫)』など真山仁の全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ハゲタカ(上) (講談社文庫)

3647
4.06
真山仁 2006年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓を読んで頂けたらうれしいです。 http://ameblo.jp/yomuyomunovels/entry-11162110349.html もっと読む

ハゲタカ(下) (講談社文庫)

3148
4.03
真山仁 2006年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わざとジャンルが偏らないように読んでいるというのに。 あまりの面白さに一気読みしてしまった。 単なる経済小説ではなく、周到な伏線がはってあるし... もっと読む

ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

2449
4.07
真山仁 2007年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓を読んで頂けたら嬉しいです。 http://ameblo.jp/yomuyomunovels/entry-11274402678.html もっと読む

ハゲタカ2(下) (講談社文庫)

2279
4.12
真山仁 2007年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鷲津と、芝野が結局は共に戦う姿が嬉しかった。 またしても二人は負けるのか。。。 曙電機の諸星も、シャシンの滝本もよく頑張った(!?) ドキドキなまま結末へ... もっと読む

レッドゾーン(上) (講談社文庫)

1432
3.94
真山仁 2011年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぎゃっ、読んだことあった。 もっと読む

レッドゾーン(下) (講談社文庫)

1338
3.92
真山仁 2011年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか・・・尻すぼみな感じ 結末に近づくと『どどどどー』といろんな人と物と利害関係が一気に押し寄せてきて 意味わかんなーいって感じになっちゃいました ... もっと読む

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)

1276
3.97
真山仁 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台は2008年中国。建設中である世界最大級の原子力発電炉は、北京五輪開幕に重ねる形での運開を計画していた。技術顧問として日本から派遣された田嶋は、日本と... もっと読む

虚像の砦 (講談社文庫)

1147
3.71
真山仁 2007年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テレビ業界の報道とお笑いを取り上げた情報小説で、メディアがどういった要素で編集されているかを改めて知ることができる。 初期の石田衣良と同様、取材力のある... もっと読む

マグマ (角川文庫)

1103
3.95
真山仁 2009年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を閉じた時に胸に生じた熱い気持ちをどうしたらよいのだろうか。 これは大人のファンタジーだと思う。感動も当然したがそれ以上に高揚感のある作品だった。読み... もっと読む

ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)

1073
3.92
真山仁 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人作家にどうしてここまで中国人が描けるのだろうか、と悔しくすら思う一作。中国人のプライドとコンプレックスと最終的に大事にする価値、それに対照する日本人... もっと読む

プライド (新潮文庫)

736
3.50
真山仁 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ハゲタカ」シリーズが代表の真山仁の、主に農業と食をテーマにした短編集。現代日本が抱える問題(解説者はタブーという)に迫り、読後あなたはどうなんだと問いか... もっと読む

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

715
4.06
真山仁 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ハゲタカ』 テレビ朝日/毎週木曜放送 2018年7月19日から もっと読む

新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)

588
4.21
真山仁 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当然ながら続きが読みたい。結局は、何を正義と個人が考えること、興味を持ち続けること、が大切。日本的なもの、アメリカ的なもの、それぞれの良いところ、フィット... もっと読む

コラプティオ (文春文庫)

583
3.82
真山仁 2014年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中盤までに展開や人物配置はとてもいい。後半以降はグダグダ感あり。 もっと読む

マグマ (朝日文庫)

567
3.98
真山仁 2008年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの震災から一年二ヶ月。 原発はすべて止まった。 でも、再稼働を含めて問題は何も解決していないし、山積みだ。 電気の使用、少しでも減らしていってますか? ... もっと読む

ハゲタカ4 グリード(上) (講談社文庫)

534
4.13
真山仁 2015年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リーマンショックの話が中心となる。アカマ自動車の買収合戦の終盤から物語が、展開される。アメリカン・ドリーム社の買収を巡って、ストラスバーグとの攻防が凄い。... もっと読む

ハゲタカ4 グリード(下) (講談社文庫)

489
4.18
真山仁 2015年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鷲津さんは、あえて悪役に徹して、最後の解決策はさすがですね。やく10年前に起こったリーマンショックと日本の金融機関の動きが、面白かった。特に飯島さんの話は... もっと読む

新装版 ハゲタカ2(下) (講談社文庫)

339
4.25
真山仁 2013年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻の結末が知りたかっただけに、拍子抜けしたが、鷲津が徐々に自ら、そして、難敵と対峙する事で、弱さや強さを露呈していく様がビビッドに描かれて読み進んだ。何... もっと読む

ハゲタカ2.5 ハーディ(上) (講談社文庫)

305
3.45
真山仁 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やけにハードボイルド感を出しているが、なんとも表現方法がダサく感じた。真山仁に飽きてきたのかな?と不安になるほどだった。 もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示

真山仁に関連する談話室の質問

ツイートする