真野明裕のおすすめランキング

真野明裕のおすすめランキングのアイテム一覧

真野明裕のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)』や『痩せゆく男 (文春文庫)』や『サイダーハウス・ルール〈下〉 (文春文庫)』など真野明裕の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)

499
3.81

感想・レビュー

 1930年代のアメリカ・メイン州で、性的虐待や売春などによって望まぬ妊娠をした女性を救おうと決意し、違法行為である堕胎を行う産科医のウィルバー・ラーチ。... もっと読む

痩せゆく男 (文春文庫)

430
3.46

感想・レビュー

作者名はリチャード・バックマンだが、実はスティーブン・キングだと言うことに驚いた。 最初はどんどん痩せていく主人公が羨ましかったが、次第に骸骨のような恐ろ... もっと読む

サイダーハウス・ルール〈下〉 (文春文庫)

363
3.79

感想・レビュー

主人公は孤児院からリンゴ農園へ。偶然知り合ったリンゴ農園の若夫婦と仲良くなり三者の関係性が濃密になっていく。タブーを破ってでも貫く信念と社会問題の狭間で人... もっと読む

見えないグリーン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

197
3.59

感想・レビュー

この手があったか!と唸るトリック。随所に見られる会話の妙が絶妙の冴えを見せているのは翻訳物にしては珍しい。 あっと驚く密室トリック、伏線のうまさが光る。... もっと読む

警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

165
3.98

感想・レビュー

最後まで、面白い。アメリカの人種差別の戦いを淡々と書いた力作。 もっと読む

マダム・タッソーがお待ちかね (ハヤカワ・ミステリ文庫)

112
3.40

感想・レビュー

クリッブ部長刑事は、すでに死刑が確定している毒殺事件の再捜査を押しつけられる。極秘捜査のゆえにたちはだかる難関の数々。そして、死刑執行の刻限が迫る。 ヴ... もっと読む

いつか晴れた日に―分別と多感

102
3.80

感想・レビュー

映画の影響で読んだけれど、ジェーン・オースティン作品を意外と最後まで読める自分を発見 もっと読む

闇の展覧会 霧 (ハヤカワ文庫NV)

84
3.48
広瀬順弘 2005年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画ミスト原作のキング「霧」収録 ラストが希望が仄めかされて終わるから映画ほどには鬱に陥らない。 もっと読む

スタイルズ荘の怪事件 (新潮文庫)

84
3.48

感想・レビュー

アガサクリスティのデビュー作でポアロ初登場の作品。 この新潮版では「ポアロ」ではなく「ポワロ」と表記されていますが、なんとなく「ポアロ」の方がしっくりく... もっと読む

ピカデリーの殺人 (創元推理文庫)

76
3.52

感想・レビュー

毒チョコで活躍したチタウィック氏が活躍。ホテルのカフェで老婦人のカップへ男の手が伸び、不自然な動きをしたところを目撃してしまったチタウィック氏。席を外して... もっと読む

心やさしく

60
3.82

感想・レビュー

えり*「怪物」と呼ばれた少年と、彼を愛した少女の物語。胸がぎゅーっとなって泣きました。 もっと読む

見えないグリーン (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 103‐1))

49
3.69

感想・レビュー

外国人作家の少し時代が古いものは読みづらい。その国の習慣やその時代の常識がわからないと内容が理解しづらいことも多い。今回は読むのにとても時間がかかってしま... もっと読む

スピリチュアル・ウォーカー―5000年後からのメッセージ

31
4.07

感想・レビュー

「五〇〇〇年後を垣間見た筆者、人々は原始的な生活をしている。」 なるほど私達は未来の人達の資源を使い尽くしてしまったので未来人は想像するような未来の生活... もっと読む

Xに対する逮捕状 (創元推理文庫)

27
3.00

感想・レビュー

アメリカ人劇作家ギャレットがロンドンの喫茶店で耳にした会話から犯罪の匂いを感じた。会話の主を尾行するも失敗。彼の取り留めもない話に、警察はもとより誰も相手... もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示

真野明裕に関連する談話室の質問

ツイートする
×