矢作俊彦のおすすめランキング

矢作俊彦のおすすめランキングのアイテム一覧

矢作俊彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『気分はもう戦争 (アクション・コミックス)』や『ひと粒の宇宙 (角川文庫)』や『ららら科學の子 (文春文庫)』など矢作俊彦の全133作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

543
3.59
矢作俊彦 マンガ 1982年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「もはや戦後ではない」という時期に起きた中ソ戦争に、なぜか日本人が参加する話。妙なリアリティがすごい。当時の細かい描写も凄い。フィクションだけど、歴史の本... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

442
2.92
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

ららら科學の子 (文春文庫)

337
3.20
矢作俊彦 2006年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

傑作。共産中国から30年ぶりに日本に密入国した 男の目を通してみた東京の街の姿が面白い。 個人的には広尾の図書館や麻布十番の公園、 白金のマンション... もっと読む

ららら科學の子

273
3.26
矢作俊彦 2003年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。最高だ。学生運動、文化大革命、紅衛兵、カート・ヴォネガット・Jrに五島プラネタリウム‥これらのキーワードになにかしら疼く人なら間違いなく痺れよう。今... もっと読む

犬なら普通のこと (ハヤカワ・ミステリワールド)

131
2.98
矢作俊彦 2009年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このミス2010で5位だった作品。沖縄のヤクザがアメリカ軍と覚醒剤を取引する為に用意した2億円を自分のものにしようとするが、当然様々な困難が待ち受けている... もっと読む

THE WRONG GOODBYE―ロング・グッドバイ (角川文庫)

114
3.15
矢作俊彦 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このミスベスト10、2005年版4位。ハードボイルドっぽい警察小説だけど、せりふも臭すぎることなく、適度。話がテンポ良く進んで、サクサク読み進めるし、いい... もっと読む

リンゴォ・キッドの休日 (角川文庫)

113
3.59
矢作俊彦 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リンゴォ・キッドの休日、陽のあたる大通り もっと読む

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

111
3.54
矢作俊彦 2001年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハードボイルド! 男のロマン溢れるカッコイイ小説でした! 車の型番号?が出てきて、なんじゃこりゃ??と思ったけど、このやるかやられるか、みたいな緊張感... もっと読む

THE WRONG GOODBYE ロング・グッドバイ

111
3.25
矢作俊彦 2004年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

矢作俊彦氏のハードボイルド作品『ロング・グッドバイ』を読了。ハードボイルド作品は実はあまり読まないのだが、たまにはと思い購入した作品。600ページ近くある... もっと読む

あ・じゃ・ぱん!(上) (角川文庫)

107
3.54
矢作俊彦 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争に負けた日本は壁で東西に分断され 西日本はアメリカに、東日本は共産党に統治されることとなった そんなアナザーワールドもの 富士山にはエノラゲイの... もっと読む

エンジン/ENGINE

94
3.12
矢作俊彦 2011年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの、難しいことも、めんどくさいことも抜きの矢作俊彦。信者としてはなんでもok もっと読む

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを

93
3.68
矢作俊彦 2008年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<おーい、シょーケン!!>  いまだにあのメロディーを口ずさんでいることがある。タラッタータタラタ タリタリタリララー♪  あの小暮修が帰... もっと読む

フィルムノワール/黒色影片

85
3.50
矢作俊彦 2014年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 決して齢を取らない刑事、二村永爾の十年ぶりのシリーズ作品。『リンゴオ・キッドの休日』が、永爾の休暇中の物語であったことを思えば、本作では既に退職した刑事... もっと読む

真夜中へもう一歩 (角川文庫)

81
3.76
矢作俊彦 2005年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1985年11月25日 光文社よりハードカヴァーで出版された。 当時の装幀は江口寿史が担当。 帯には 〈8年目にして完成した長編ミステリー〉 とある。  ... もっと読む

あ・じゃ・ぱん

81
3.72
矢作俊彦 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは結構前なんだけど、アマゾンでは「ん」ってかくんだ。まああたりまえか。個人的には「!~」が好きだけど、似てないし、まあ、よし。ていうか、こんだけ戦... もっと読む

あ・じゃ・ぱん!(下) (角川文庫)

79
3.74
矢作俊彦 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アナザー1973年 ベトナム・ハノイに対し 原子爆弾「サウンドオブサイレンス」を投下したことで 逆に、アメリカの敗戦は決定的なものとなった 核の力... もっと読む

スズキさんの休息と遍歴―またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行 (新潮文庫)

71
3.61
矢作俊彦 1994年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほのぼの系の休日の話かと思ったら、 かつての学生運動戦士の、 ちょっと笑える、いまだに戦う休日のお話だった。。。 もっと読む

悲劇週間

69
3.56
矢作俊彦 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20140808立秋翌日 悲劇週間 矢作俊彦 文藝春秋 西題SEMATA TRAGICA 図書館返却棚で偶然の邂逅。外交官の息子「大學」の墨国(Mexic... もっと読む

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを (講談社文庫)

64
3.83
矢作俊彦 2011年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「傷天」、中学生の頃胸を熱くして見てた。オープニングがカッコよく、誰もがショーケンの真似をした。 矢作俊彦によりそれが見事に蘇った。50歳のカッコイイお... もっと読む

さまよう薔薇のように (角川文庫)

56
3.62
矢作俊彦 2005年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江口寿史 氏の表紙につられて購入 ヨコハマが舞台。主人公は元ボクサーで 検察事務官出身。輝かしい過去と ヤサグレな現在が、主人公のハードボイルドさを際立... もっと読む
全133アイテム中 1 - 20件を表示

矢作俊彦に関連する談話室の質問

ツイートする