矢内原忠雄のおすすめランキング

プロフィール

矢内原忠雄

一八九三(明治二六)年、愛媛県生まれ。旧制一高時代に、内村鑑三の聖書研究会に入会、同校長の新渡戸稲造の影響を受ける。一九一七(大正六)年、東京帝国大学法学部卒業。一九二〇(大正九)年、同経済学部助教授に就任。一九三七(昭和一二)年、「中央公論」で日中戦争を批判する「国家の理想」を発表し、全文削除の処分を受けたことを契機に辞任。一九三八(昭和一三)年、伝道用雑誌「嘉信」を発行。戦後に復職し、一九五一(昭和二六)年、戦後二代目の総長(新生東京大学としては初代)となり、六年間務める。総長就任の翌年に警察手帳を奪った学生が学内で逮捕されるというポポロ事件が起こり、大学の自治を主張するとともに学生運動の暴力主義を諫めた。代表作に『植民及び植民政策』『帝国主義下の台湾』,『南洋群島の研究』『キリスト教入門』『マルクス主義とキリスト教』 『矢内原忠雄全集』 (全二九巻)。一九六一(昭和三六)年没。

「2019年 『イエス伝 マルコ伝による』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢内原忠雄のおすすめランキングのアイテム一覧

矢内原忠雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『武士道 (岩波文庫 青118-1)』や『キリスト教入門 (中公文庫 や 54-1)』や『武士道 (岩波文庫)』など矢内原忠雄の全260作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

武士道 (岩波文庫 青118-1)

3640
3.66
新渡戸稲造 1938年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流石に訳が古いので、一度読んだだけでは理解は困難。 著者の東洋西洋問わずの知識の広さ、深さに感銘を受け、武士道の内容そのものよりも、これだけの優秀な人物が... もっと読む

キリスト教入門 (中公文庫 や 54-1)

111
3.74
矢内原忠雄 2012年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内村鑑三に師事し、戦後東大総長を務めた矢内原忠雄氏の、無教会主義の立場からのキリスト教入門。 もっと読む

武士道 (岩波文庫)

108
3.13
新渡戸稲造 電子書籍 1938年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英語版の原著で挫折したので和訳をば.終始日本贔屓であるのと,キリスト教徒としての観点からの言葉が多く,正直美化しすぎではないかという部分も散見され,加えて... もっと読む

武士道 (ワイド版岩波文庫 35)

85
3.67
新渡戸稲造 1991年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい、、、 もっと読む

矢内原忠雄帝国主義下の台湾精読 (岩波現代文庫 学術 62)

23
3.60
矢内原忠雄 2001年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後地域研究の出発点となった作品。 植民地統治下において台湾で発禁になった「帝国主義下の台湾」 その原作に加えて編者が丁寧に注を付記している。 植民... もっと読む

余の尊敬する人物 (岩波新書 赤版 65)

23
4.00
矢内原忠雄 1940年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エレミヤ書をじっくり読んでみたいと思います。 もっと読む

奉天三十年(上) (岩波新書)

23
4.00
クリスティー 1938年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 十九世紀末から二十世紀初頭にかけての満州は、日清戦争、拳匪事変、日露戦争、民国革命など、世界的な大事件の舞台となった。 本書は一八八三年... もっと読む

奉天三十年 下巻 (岩波新書)

22
4.00
クリスティー 1938年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻が可也波瀾万丈だったのに対し、下巻は理論的、抱負的内容が多かったので、上巻と比べると少し退屈な感は否めない。それでも著者の鋭い観察眼が随所に光っている... もっと読む

最終講義

17
3.00
西脇順三郎 1997年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『最終講義』  実業之日本社創業百周年記念出版 実業之日本社 編(ジツギョウノニホンシャ) A5判上製548ページ 1997年12月17日発売 ... もっと読む

イエス伝-マルコ伝による (中公文庫 や 54-2)

17
4.00
矢内原忠雄 2019年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青空文庫。 寡聞にして存じ上げない著者名ではあったが、高木彬光『わが一高時代の犯罪』に、自由主義者のゆえをもって東大を追われた矢内原忠雄教授との一文があ... もっと読む

イエス伝: マルコ伝による (角川文庫ソフィア 249)

13
4.33
矢内原忠雄 1999年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イエスの教えと生涯を解説している本です。 内村鑑三のもとで無教会派の信仰の道に進んだ著者は、ユダヤ教の教義のなかでイエスの生涯を解釈するのではなく、一人... もっと読む

キリスト教入門 (角川選書 3)

10
3.00
矢内原忠雄 1968年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内村鑑三の提唱した無教会派のキリスト教信者である著者が、一信仰者として、キリスト教への導きを説いた本です。 著者は、聖書における「神の国」は目に見えるか... もっと読む

日本精神と平和国家 (岩波新書 赤版 100)

10
1.00
矢内原忠雄 1946年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『日本精神と平和国家』という題と本居宣長とに何の関係性があるのかわからんままに退屈な冒頭を読み進めたら、 p.35 「眞の宗敎の缼乏、眞の學問の缼乏を我... もっと読む

矢内原忠雄―私の歩んできた道 (人間の記録)

8
4.50
矢内原忠雄 1997年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(08.11.2017) 尊敬する人の一人である、矢内原忠雄。言葉に重みがある。頭脳明晰なのはもちろん、どんなことがあろうとも信仰を守り、自分の意志を貫... もっと読む

帝国主義論〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)

7
3.50
ホブスン 1951年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※レオポルド2(ベルギー)によるコンゴ自由国の所有を承認。ヨーロッパ列強のアフリカ分割のルールを決めた。ベルリン(コンゴ)会議1884 自由競争が激化し... もっと読む
全260アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×