矢内原忠雄のおすすめランキング

プロフィール

矢内原忠雄

一八九三(明治二六)年、愛媛県生まれ。旧制一高時代に、内村鑑三の聖書研究会に入会、同校長の新渡戸稲造の影響を受ける。一九一七(大正六)年、東京帝国大学法学部卒業。一九二〇(大正九)年、同経済学部助教授に就任。一九三七(昭和一二)年、「中央公論」で日中戦争を批判する「国家の理想」を発表し、全文削除の処分を受けたことを契機に辞任。一九三八(昭和一三)年、伝道用雑誌「嘉信」を発行。戦後に復職し、一九五一(昭和二六)年、戦後二代目の総長(新生東京大学としては初代)となり、六年間務める。総長就任の翌年に警察手帳を奪った学生が学内で逮捕されるというポポロ事件が起こり、大学の自治を主張するとともに学生運動の暴力主義を諫めた。代表作に『植民及び植民政策』『帝国主義下の台湾』,『南洋群島の研究』『キリスト教入門』『マルクス主義とキリスト教』 『矢内原忠雄全集』 (全二九巻)。一九六一(昭和三六)年没。

「2019年 『イエス伝 マルコ伝による』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢内原忠雄のおすすめランキングのアイテム一覧

矢内原忠雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『武士道 (岩波文庫 青118-1)』や『キリスト教入門 (中公文庫)』や『武士道 (ワイド版 岩波文庫)』など矢内原忠雄の全246作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

武士道 (岩波文庫 青118-1)

3342
3.65
新渡戸稲造 1938年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

参考文献として読んだ。思っていてより面白かった。アメリカ化に走る現代において、読む価値のあるものだと思う。 もっと読む

キリスト教入門 (中公文庫)

98
3.77
矢内原忠雄 2012年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内村鑑三に師事し、戦後東大総長を務めた矢内原忠雄氏の、無教会主義の立場からのキリスト教入門。 もっと読む

武士道 (ワイド版 岩波文庫)

79
3.79
新渡戸稲造 1991年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつては太平洋を越えて日本人の精神を伝えんと著された論も、今では我らへの贈り物だ。もっとも、著者は武士道の失われゆくことを予見しているのだから、この著作の... もっと読む

武士道 (岩波文庫)

68
3.00
新渡戸稲造 電子書籍 1938年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英語版の原著で挫折したので和訳をば.終始日本贔屓であるのと,キリスト教徒としての観点からの言葉が多く,正直美化しすぎではないかという部分も散見され,加えて... もっと読む

「帝国主義下の台湾」精読 (岩波現代文庫 学術 62)

22
3.60
矢内原忠雄 2001年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後地域研究の出発点となった作品。 植民地統治下において台湾で発禁になった「帝国主義下の台湾」 その原作に加えて編者が丁寧に注を付記している。 植民... もっと読む

奉天三十年(上) (岩波新書)

21
3.75
クリスティー 1938年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロテスタントの宣教師にして、医者であった著者が奉天に在った日々を綴ったもの。上巻は1883年から義和団の乱まで。市民の目から見た、中国人の文化、日清戦争... もっと読む

余の尊敬する人物 (岩波新書 赤版 65)

20
4.00
矢内原忠雄 1940年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エレミヤ書をじっくり読んでみたいと思います。 もっと読む

奉天三十年 下巻 (岩波新書)

20
3.67
クリスティー 1938年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロテスタントの宣教師にして、医者であった著者が奉天に在った日々を綴ったもの。下巻は義和団の乱から辛亥革命前後まで。市民の目から見た、中国人の文化の変容、... もっと読む

最終講義

15
3.00
西脇順三郎 1997年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『最終講義』  実業之日本社創業百周年記念出版 実業之日本社 編(ジツギョウノニホンシャ) A5判上製548ページ 1997年12月17日発売 ... もっと読む

イエス伝-マルコ伝による (中公文庫)

14
4.00
矢内原忠雄 2019年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イエスが神の子であるのは、奇跡ではなく真実と愛に基づくものである。四福音書の中で最も古いイエス伝を平易に解説。著者による「キリスト教早わかり」付。 もっと読む

イエス伝―マルコ伝による (角川ソフィア文庫)

13
4.33

感想・レビュー

イエスの教えと生涯を解説している本です。 内村鑑三のもとで無教会派の信仰の道に進んだ著者は、ユダヤ教の教義のなかでイエスの生涯を解釈するのではなく、一人... もっと読む

キリスト教入門 (角川選書 3)

7
3.00

感想・レビュー

内村鑑三の提唱した無教会派のキリスト教信者である著者が、一信仰者として、キリスト教への導きを説いた本です。 著者は、聖書における「神の国」は目に見えるか... もっと読む

矢内原忠雄―私の歩んできた道 (人間の記録 (9))

7
4.50
矢内原忠雄 1997年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(08.11.2017) 尊敬する人の一人である、矢内原忠雄。言葉に重みがある。頭脳明晰なのはもちろん、どんなことがあろうとも信仰を守り、自分の意志を貫... もっと読む
全246アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×