石井桃子のおすすめランキング

石井桃子のおすすめランキングのアイテム一覧

石井桃子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『すえっこOちゃん』や『リンゴ畑のマーティン・ピピン〈上〉 (岩波少年文庫)』や『銀のスケート―ハンス・ブリンカーの物語 (岩波少年文庫)』など石井桃子の全323作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

すえっこOちゃん

79
3.88

感想・レビュー

いたずらっ子というか、とても子どもらしい天真爛漫なOちゃん。 無鉄砲なところもあってお母さんを困らせるけど、子どもにはちゃんと理由がある。最後には愛おしく... もっと読む

リンゴ畑のマーティン・ピピン〈上〉 (岩波少年文庫)

79
3.60

感想・レビュー

この物語は好き・嫌いがはっきりと別れちゃう物語なんじゃないかしら?  そして恐らくは多くの男性からは「こそばゆくて読んじゃいられない・・・・」という拒否反... もっと読む

銀のシギ (ファージョン作品集 6)

76
3.92

感想・レビュー

英国の昔話『トム・ティット・トット』を読んだときは軽い衝撃を受けた。 ぐうたらで怠け者の主人公の女の子。 その見事なダメっぷりはそのままで、何故か難事... もっと読む

氷の花たば (岩波少年文庫)

75
3.62

感想・レビュー

「西風のくれた鍵」がケルトの妖精物語風だったのに対し、こちらはどちらかというと民話風。  いずれの作品も「どこかで似たような話を読んだことがあるような・・... もっと読む

においのカゴ

73
3.22
石井桃子 2014年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1950年代の農村や街の生き生きした様子が眼に浮かぶような話と、『心臓に書かれた文字』のように少女小説?という枠に収まりきらない粋な短編小説が収録されて、... もっと読む

こぎつねルーファスのぼうけん (せかいのどうわシリーズ)

73
3.68

感想・レビュー

可愛らしいルーファスとうっとりするくらい美しい森の情景が印象的だった一冊。改めて読むと、ルーファスがアナグマおくさんに拾われて育ったことや、身内なのに恐ろ... もっと読む

きんいろのしか―バングラデシュの昔話 (日本傑作絵本シリーズ)

72
3.75

感想・レビュー

素朴で土臭いバングラデシュの民話を、石井桃子さんの再話と秋野不矩さんの日本画で彩る。 約16分かかる長めのお話だが、ストーリー展開が面白く飽きさせない。... もっと読む

ガラスのくつ (ファージョン作品集 7)

71
4.15

感想・レビュー

ファージョンのシンデレラ。 ディズニーみたいなひらひらした仕草でくるくる動く絵が浮かぶ。 生き生きとしたキャラクターと美しい文章。 過剰適応の良... もっと読む

新しいおとな (河出文庫)

69
3.33
石井桃子 2018年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石井桃子さんが残した子どもの本と図書館についてのエッセイを中心にまとめたもの。 石井さんが子どもの図書館の必要性を感じ、実践してから半世紀以上がたってい... もっと読む

イタリアののぞきめがね (ファージョン作品集 2)

69
4.00

感想・レビュー

好きだったわー。石井桃子さんの訳もやわらかくなじんで素敵でした。 子供心に天使の髪の毛のパスタってどんなんだろと思ったものです。その趣味をもっと追求して... もっと読む

プーと私 (河出文庫)

68
3.75
石井桃子 2018年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プーの世界との出会い、ベアトリクス・ポターやバートンといった作家はじめ、編集者や児童図書館関係者など児童文学や絵本の世界の恩人たちの姿にせまる文章があって... もっと読む

ちいさいケーブルカーのメーベル (世界こども図書館A)

67
3.63

感想・レビュー

アメリカ西海岸、坂の町“サンフランシスコ”。この町の観光といえば、ゴールデンゲートブリッジとケーブルカー。20世紀初頭のケーブルカー廃止運動の史実に基づい... もっと読む

児童文学論

67
3.78
リリアンH.スミス 1964年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

訳者あとがきを読んでから、本文を読めば良かった。 石井、瀬田、渡辺という児童文学の三巨匠が訳したんだ。 ちなみに、原著の"the unreluctant... もっと読む

ヒナギク野のマーティン・ピピン (ファージョン作品集 5)

66
4.19

感想・レビュー

『リンゴ畑のマーティン・ピピン』から数年後。『リンゴ畑~』の娘たちはみな母親になっている。その子どもたちが寝入る前のひととき、マーティンが語るお話の数々。... もっと読む

牛追いの冬 (岩波少年文庫)

65
3.92
マリー・ハムズン 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「小さい牛追い」の続き。物語の子供たちはどうしょうもなく貧しいけどすごくパワフル。 とても現代の子育てに応用出来ないけど、今、先が見えない子育てに悩むお母... もっと読む

やまのこどもたち (岩波の子どもの本)

64
4.07
石井桃子 1956年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100点。とっても大好きな本なのに、現在品切重版未定とのこと。 東北(つまり冬は雪がつもる)の山間の村のこども、たけちゃんをとおして、その村の四季や... もっと読む

幻の朱い実(下)〈石井桃子コレクションII〉 (岩波現代文庫)

64
3.70
石井桃子 2015年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解説(川上弘美)によると、この小説は石井桃子79歳の時に書き始め87歳で上梓したとある。当然の帰結として、下巻は近しい人たちの病と死が重なり、老いゆくこと... もっと読む

幻の朱い実〈下〉

63
3.72
石井桃子 1994年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きなんだけど、悲しすぎて読みたくない本がある。 それが、この本。 思い出しただけで、視界が白っぽくぼやけて涙がボワボワ… 読後ガックリ来... もっと読む

砂の妖精 (福音館古典童話シリーズ 29)

63
3.56

感想・レビュー

かわいいかわいいイギリスの物語。もう200年近く読まれているとは、驚きだなぁ。 これは、子供でも大人でも読める本だと思う!実際に子供の頃に読んだ人が読むと... もっと読む
全323アイテム中 81 - 100件を表示

石井桃子に関連する談話室の質問

ツイートする
×