石原吉郎のおすすめランキング

プロフィール

大正4年静岡県伊豆に生れる。昭和13年東京外語ドイツ語部卒。昭和14年応召、在隊中ロシア語の教育を受ける。昭和20年敗戦の冬ハルピンでソ連軍に抑留され、アルマ・アタへ送られる。昭和24年カラガンダで起訴され、重労働25年の判決を受ける。昭和28年特赦により帰還。

「2016年 『サンチョ・パンサの帰郷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原吉郎のおすすめランキングのアイテム一覧

石原吉郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)』や『望郷と海 (始まりの本)』や『石原吉郎詩集 (現代詩文庫 第 1期26)』など石原吉郎の全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)

124
4.18
石原吉郎 2005年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩を書きはじめてまもない人たちの集まりなどで、いきなり「詩とは何か」といった質問を受けて、返答に窮することがある。詩をながく書いている人たちのあいだでは、... もっと読む

望郷と海 (始まりの本)

94
4.75
石原吉郎 2012年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひきうけることを考える。 シベリア抑留ということが気になりだしたのはいつ頃からだっただろうか。 よく覚えていない。いままでぼくはなんでこんなこ... もっと読む

石原吉郎詩集 (現代詩文庫 第 1期26)

44
3.83
石原吉郎 1969年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『デメトリアーデは死んだが』が力強く感じた。 『花であること』は花=人間の読み替えで読むと、自分は強い感銘を受けた。 また『肉親へあてた手紙』を読み、... もっと読む

望郷と海 (ちくま学芸文庫)

24
3.67
石原吉郎 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「読書力」おすすめリスト 12.生き方の美学・スタイル …生き方の美学は一種の倫理でもある →シベリア抑留という極限状況の中で貫かれる倫理観・美学。... もっと読む

続・石原吉郎詩集 (現代詩文庫)

23
3.60
石原吉郎 1994年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代の代表的詩人を網羅した詩集シリーズ。 先日、岩見沢市内に住む詩人の女性から借りました。 彼女も私も大の石原吉郎ファン。 というわけで意気投合し、... もっと読む

望郷と海 (ちくま文庫)

22
3.75
石原吉郎 1990年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気楽に読ませてくれない本。 めったに出会えない本。 何度も読むべき本。 もっと読む

戦後名詩選〈1〉現代詩文庫特集版1 (現代詩文庫・特集版 (1))

19
3.40
石原吉郎 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たぶん15年くらい前、詩に興味を持ち始めた頃テキストにと購入。戦後詩の代表作を詩人の生年順に2巻に網羅、まずⅠ巻は石原吉郎から谷川俊太郎までを収録。辞書的... もっと読む

望郷と海 (1972年)

4
5.00

感想・レビュー

http://blog.goo.ne.jp/abcde1944/e/5aef9716d777d880a3af58559d5848cf もっと読む

石原吉郎全集〈2〉 (1980年)

1
石原吉郎 1980年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

烏兎の庭 第三部 書評 2.24.07 http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto03/bunsho/isihara.h... もっと読む

石原吉郎全集〈1〉 (1979年)

1
石原吉郎 1979年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

烏兎の庭 第三部 書評 2.24.07 http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto03/bunsho/isihara.h... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする