石川九楊のおすすめランキング

プロフィール

石川九楊(いしかわ・きゅうよう)
書家。京都精華大学客員教授。1945年、福井県生まれ。京都大学法学部卒業。筆蝕を重視した新たな書史を打ち立て、1990年『書の終焉 近代書史論』でサントリー学芸賞、2004年『日本書史』で毎日出版文化賞、同年日本文化デザイン賞、2009年『近代書史』で大佛次郎賞を受賞など高く評価される。2017年東京上野の森美術館にて『書だ!石川九楊展』を開催、2019年には『第二楽章 書だ!石川九楊展』を古川美術館(名古屋市)にて開催。『石川九楊著作集』全十二巻のほかに『九楊先生の文字学入門』、作品集に『自選自註 石川九楊作品集』、『石川九楊 源氏物語巻五十五帖』などがある。

「2019年 『石川九楊自伝図録 わが書を語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川九楊のおすすめランキングのアイテム一覧

石川九楊のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『書とはどういう芸術か―筆蝕の美学 (中公新書)』や『一日一書』や『日本語とはどういう言語か (講談社学術文庫)』など石川九楊の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

書とはどういう芸術か―筆蝕の美学 (中公新書)

134
3.26
石川九楊 1994年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のエネルギーが感じられる一冊であった。書の美とは何か、歴史の流れを通じて説明されている点は良かった。また、「かきぶり」という表現に大いに同意できた。 ... もっと読む

一日一書

108
3.76
石川九楊 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

顔真卿や欧陽詢など、名だたる書家の書いた(彫った)文字が1日1文字、365日分紹介されている本、新聞のコラムをまとめたものらしく、当時のニュースに合わせた... もっと読む

日本語とはどういう言語か (講談社学術文庫)

101
4.10
石川九楊 2015年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉は乱れるものである。 本書P31 日本語が、漢語と和語の二重複線の歴史をたどってきた。「おはよう」「おなかよう」「おそよう」というような訓語的... もっと読む

書く―言葉・文字・書 (中公新書 2020)

72
3.30
石川九楊 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」 クラブ・サークル名 書道クラブ 請求記号:C-2020 中公新書 所蔵館 2号館図書館 もっと読む

書と文字は面白い (新潮文庫)

64
3.16

感想・レビュー

書家で評論家の著者が、大阪読売新聞で連載していたコラム「潮音風声」をまとめた本です。見開き2ページで1つの項目について解説するという形式で、書と文字に関す... もっと読む

ひらがなの美学 (とんぼの本)

55
3.33
石川九楊 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の、矢鱈に中国を持ち上げようとする姿勢には若干違和感というか、嫌悪感を抱くものの、掛字という技法については素直に敬服した。 濁点半濁点が付かない昔の平... もっと読む

「書く」ということ (文春新書)

52
3.18
石川九楊 2002年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆蝕は思考する。 もっと読む

書に通ず (新潮選書)

49
3.64
石川九楊 1999年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

170507 中央図書館 特に、専門家向けというわけでなく、書の歴史的変化と、一画一画の重みというやつに、それだけ精魂を込めるものだなあ、という驚きについ... もっと読む

二重言語国家・日本 (NHKブックス)

48
3.10

感想・レビュー

言語学的な考察については、それなりに論理の展開には無理が無いものの、それ以外の文化への波及要素については思い込みの域を出ない。箸の持ち方については与太話レ... もっと読む

ユリイカ2010年1月号 特集=白川静 一〇〇歳から始める漢字

46
4.17
一海知義 2009年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白川静をいろんな人の目線からたのしめる。すばらしい。 もっと読む

高校生と考える世界とつながる生き方 (桐光学園大学訪問授業)

46
4.00
石川九楊 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://sayusha.com/catalog/books/pisbn9784865281422c0036 もっと読む

筆蝕の構造―書くことの現象学 (ちくま学芸文庫)

44
3.20
石川九楊 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_s... もっと読む

選りぬき一日一書 (新潮文庫)

44
3.83
石川九楊 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか一日一書ずつとは行かないが、少しずつ読んだ。日中、時代、書体、彫るか書くか、書の世界のバラエティを楽しめる。言われないと読めない字が半分弱くらいか... もっと読む

縦に書け!―横書きが日本人を壊している

35
2.83

感想・レビュー

酒鬼薔薇事件から始まる本書はもうなんていいますか凄いですよお腹いっぱいになります。 「縦書き」もとい「日本語」を愛する気持ちがひしひしと伝わってきます。... もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×