石川初のおすすめランキング

石川初のおすすめランキングのアイテム一覧

石川初のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし (現代建築家コンセプト・シリーズ)』や『路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」』や『ドボク・サミット』など石川初の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし (現代建築家コンセプト・シリーズ)

167
4.54
石川初 2012年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石川さんの声が聞こえてくるような本。独特の着眼と言い回しの妙味を楽しむ。図版もユニークだ。 しかし、ユニークなので、これを読んで、全然ピンとこないけ... もっと読む

路上と観察をめぐる表現史 ──考現学の「現在」

99
4.10
石川初 2013年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3月に観た広島現代美術館の企画展の図録。 考現学は決して時代遅れなものではなく、今でも通用するものの見方なのだと再認識。 それにしても取り上げられた考現学... もっと読む

ドボク・サミット

75
3.56
萩原雅紀 2009年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダム・鉄塔・ジャンクションなどのマニアたちのプレゼンが興味あり。 工場が土木はゆずったとしても、団地が土木はやはり難があるかなあ? もっと読む

映画空間 400選

63
3.71
石川初 2011年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

構成と内容がいまひとつ。 読んで、イメージがあまりできないし、面白くない。 空間を強調しつつも結局ただのレビューだったりするし。 だったら、100ぐ... もっと読む

今和次郎「日本の民家」再訪

62
4.00
瀝青会 2012年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の民家を再訪することで、建て替えられても残る構造をあぶりだす。361ページの表4村落共同体における変容の契機の規模と応答主体の関係は素晴らしいまとめだ... もっと読む

思考としてのランドスケープ 地上学への誘い ―歩くこと、見つけること、育てること

43
4.00
石川初 2018年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(01) 良心と驚異の書物としても読んだ. 驚異の予感は既にある.まず装丁が眼に入る.点があり,隣と連なる点もあり,ムラ(村?)のような粗密もある.薄... もっと読む

10+1 No.29 特集=新・東京の地誌学 都市を発見するために

38
3.00
都築響一 2002年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集が「新・東京の地誌学 都市を発見するために」 表紙がメタリックな感じで重厚感を感じさせる。 中でも塚本由晴の 「TOKYO SUBD... もっと読む

READINGS〈2〉ランドスケープ批評宣言 (10+1 Series)

29
3.07
landscape network 901 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たくさんの著名人がランドスケープをテーマに語る。解りやすいジャンルで内容が整理されていて、大変読みやすい。 もっと読む

10+1 No.42 特集=グラウンディング 地図を描く身体

23
3.57
石川初 2006年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集がグラウンディング 地図を描く身体 ということで、googleearthやアナログ地図など地図に対して向き合ったものが多い。 GPSドロー... もっと読む

都市と書斎のランドスケール

9
いしたにまさき 電子書籍 2012年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

興味深い話がいくつも。なかでも『イームズのPowers of Ten』の話が面白い。あれもスケールの変更なのだ!(そうすると子どものころからスケールの変更... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする