石川文洋のおすすめランキング

プロフィール

報道写真家

「2011年 『ベトナム検定』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川文洋のおすすめランキングのアイテム一覧

石川文洋のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カラー版 ベトナム 戦争と平和 (岩波新書 新赤版 (962))』や『フォト・ストーリー 沖縄の70年 (岩波新書)』や『日本縦断 徒歩の旅―65歳の挑戦 (岩波新書)』など石川文洋の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カラー版 ベトナム 戦争と平和 (岩波新書 新赤版 (962))

114
3.62
石川文洋 2005年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベトナムに行く前に読み始めたのに、マレーシアから帰ってきてからようやく読み終わった。 ホーチミンの戦争博物館でこの人の写真を昨年みて、興味をもったの... もっと読む

フォト・ストーリー 沖縄の70年 (岩波新書)

71
3.57
石川文洋 2015年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知人が、すごく感動したと言って貸してくださいました。 石川 文洋の本は、何冊も読んだが、これが一番心に響いたとのこと。 内容 : 1938年に沖縄に生... もっと読む

日本縦断 徒歩の旅―65歳の挑戦 (岩波新書)

62
3.04
石川文洋 2004年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北海道から沖縄まで徒歩で縦断したジャーナリストの記録。マラソン、ウォーキングが好きな私の心を動かし、見つけたときに「読んでみたい、俺もやってみたい」と手に... もっと読む

戦場カメラマン (朝日文庫)

59
3.58
石川文洋 1986年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 一九六四年四月、 桜の花が咲き乱れている頃、 世界一周無銭旅行を計画し、 友人たちに見送られて、 東京駅を出発しました。 ~  私は、まず故郷の沖縄へ... もっと読む

アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)

54
3.95
エイ出版社編集部 2007年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1997年から2000年頃に、灰谷健次郎さんと石川文洋さんがアジアを旅行した感想文と写真(多数あり)。あくまでも、当時の状況として読むことが肝要です。 もっと読む

カラー版 四国八十八カ所―わたしの遍路旅 (岩波新書)

52
3.45
石川文洋 2008年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 戦場カメラマンで、日本横断を遂げた著者が次なる目的とした「四国のお遍路の旅」はベトナム・カンボジアで儚くも散って逝った同志への鎮魂の... もっと読む

私が見た戦争

32
4.25
石川文洋 2009年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何枚か、これまでに目にしたものがあった。随分、前のことだが、その時の強烈な印象が鮮やかに蘇ってきた。戦争というものの一部を確かに切り取っているのだろう。 もっと読む

報道カメラマン (朝日文庫)

31
3.57
石川文洋 1991年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生か中学生のときに読んだんだけどあんまりおぼえてないからもう1回読もうと思う。 もっと読む

コレクション 戦争×文学 2 ベトナム戦争

26
3.57
開高健ほか 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1巻である朝鮮戦争を読んだのはいつだったかを調べたら、 なんと2015年だった。第2巻を手にするまで約4年。 書棚には第4巻まであるのだが、... もっと読む

しりたいねん

18
4.50
灰谷健次郎 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/01/25 4-2 2011/04/19 5-1 もっと読む

写真は心で撮ろう (岩波ジュニア新書)

18
3.40
石川文洋 1999年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

簡単で読みやすく〔中学生むけくらい?〕1時間くらいで半分読んだ。おすすめのアマとプロの写真を見てみたい。戦場カメラマンはこんなに儲からないとは知らなかった... もっと読む

死んだらいけない

18
3.71
石川文洋 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争は本当に悲惨だ。 写真を見ているだけでもかなりブルーになる。 生きててよかった。何の名誉よりも生きているkとが大切なのだ。 いつの時代になっても... もっと読む

戦場カメラマン (ちくま文庫)

18
5.00
石川文洋 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年2月読了。 文庫ながらも990ページあり、外に持ち出すに持ち出せず読み切るのに時間を要した。 ベトナム戦争はメディアがリアルタイムに現地の様子を... もっと読む

アジアを生きる

16
3.14
灰谷健次郎 2001年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家・灰谷健次郎と写真家・石川文洋という友人2人がアジア各地を旅する。各地の娘さんにデレデレしたり、各地の酒にヘベレケになりながらの旅。灰谷さんというと、... もっと読む

石川文洋のカメラマン人生 貧乏と夢編 エイ文庫

14
3.00

感想・レビュー

ベトナム戦争取材から生還し、新聞社写真部を経てフリーカメラマンになった報道写真家いしかわぶんよう。なぜベトナム戦争に行ったのか。人間はなぜ、戦争を繰り返す... もっと読む

ベトナムロード―南北2400キロの旅

13
3.17
石川文洋 1988年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベトナムの戦後すぐからドイモイが始まるまでの戦跡について取材したものである。戦争については詳しく書いてあるものの、文化を調べたものではないので、残念ながら... もっと読む

サイゴンのコニャックソーダ―酒こそわが人生

11
3.50
石川文洋 2009年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が取材で訪れた戦場の国や、遍路の旅や、日本縦断徒歩の旅の先々で飲んだ酒、定時制高校の同窓生と飲んだ酒、さまざまな思い出にまつわる酒の話が心地よい。ベト... もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする