石川湧のおすすめランキング

プロフィール

1906年―1976年。栃木県生まれ。フランス文学者、翻訳家。東京学芸大学名誉教授。

「2011年 『幸福論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川湧のおすすめランキングのアイテム一覧

石川湧のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『十五少年漂流記 (角川文庫)』や『怪盗紳士リュパン (創元推理文庫)』や『幸福論 (角川ソフィア文庫)』など石川湧の全87作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

十五少年漂流記 (角川文庫)

486
3.53
ヴェルヌ 1958年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いくつになっても楽しめる。 (どんなに危険な情態におちいっても、秩序と熱心と勇気とをもって…) もっと読む

怪盗紳士リュパン (創元推理文庫)

286
3.54

感想・レビュー

怪盗のイメージは? 神出鬼没で顔立ちまで変えられる変装術に長け、仲間との絆はガッチリと。お仕事(盗み)相手を欺くためには饒舌でそして機転がきく。美女に惚... もっと読む

幸福論 (角川ソフィア文庫)

278
3.41
アラン 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

93編からなる、どう幸福に生きるのかの話。一貫していて説得力がある。話と言うよりも体育館で校長の話を聞いてるかのような、背筋が伸びる感覚を味わえる。なお一... もっと読む

地底旅行 (偕成社文庫 3199)

209
3.91

感想・レビュー

ジュールベルヌ! あとこれと「八十日間世界一周」を読めばいいかな・・と思って忘れてた こんどテレビで「センター・オブ・ジ・アース」をやるってきいて... もっと読む

奇巌城 (創元推理文庫 107-4 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

128
3.53

感想・レビュー

ルブラン先生、やっぱりホームズ意識しすぎ〜!(笑) 昔はルパンVSホームズの戦いをドキドキワクワクしながら読んだものですが、今読んだらホームズの扱いがあま... もっと読む

リュパン対ホームズ (創元推理文庫 107-2 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

127
3.40

感想・レビュー

大昔に児童書版を読んだ記憶はあるのだが、結構お話忘れてた。 今読むとホームズがさすがに違和感ありますね。(当時はホームズをよく知らなかったし) ま... もっと読む

地底旅行 (角川文庫)

104
3.29
ヴェルヌ 2008年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヴェルヌ作品の中でもかなり有名な方だと思うんだけど、集英社文庫の黄背シリーズにはなぜか未収録なので、今まで未読だった(>_<) 読んでみたら、愉快愉... もっと読む

黒衣婦人の香り (創元推理文庫 108-2)

102
3.15
ルルー 1976年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「黄色い部屋の謎」の続編。マチルドとダルザック教授は結婚したが、新婚旅行の旅先でラルサンの影を見る。ルルビターユの出生の秘密も冒頭で語られる。 恋愛... もっと読む

水晶の栓 (創元推理文庫 107-3 アルセーヌ リュパン シリーズ)

85
3.29

感想・レビュー

まだ駆け出しの頃のルパンで、ほとんどやられっぱなしでもどかしいが、ミステリーとしては上々。 ルパンシリーズは宝探し感がたまらない。 もっと読む

金三角 (創元推理文庫 107-6 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

77
3.48

感想・レビュー

小学生の時、子供用の『黄金三角』というタイトルのものを読んだ。 色々省略されていたのか、あまり面白くなかった気がする。 ワクワクも少なく、ちょっと... もっと読む

サハラ砂漠の秘密 (創元推理文庫 517-1)

77
4.00

感想・レビュー

【あらすじ】  その都市に近付いてはいけない!  未開のアフリカ奥地に存在するといわれる「ブラックランド」!  近付いた者は処刑されるという。  ... もっと読む

緑の目の令嬢 (創元推理文庫 107-10 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

67
3.83

感想・レビュー

ルパンシリーズは、わが10歳頃の読書記憶(南洋一郎訳、全巻制覇!)が鮮明で、でも現在すでにその「実物」は存在せず、手元にはいくつかの文庫版(版元も訳者も違... もっと読む

読書術 (中公文庫 ち 7-2)

43
3.88
エミールファゲ 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「少しく」という耳慣れない言葉…複雑な言い回しの連続…。 途中で断念。言葉が全く頭に入ってこない。 ただただ文字列を目で追っているようでした。力不足です... もっと読む

十五少年漂流記 (角川文庫)

39
4.38
ヴェルヌ 電子書籍 2012年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人になってからでも夢中になれる冒険小説です。子供のころにマンガで読んだ記憶があるが、全て活字で読むのは初めてでした。どのような展開になるのか、少年のよう... もっと読む

バール・イ・ヴァ荘 (創元推理文庫 107-12 アルセーヌ・リュパン・シリーズ)

37
3.20

感想・レビュー

「ルパン」シリーズの『バール・イ・ヴァ荘』を読みました。 久しぶりの「ルパン」シリーズですね。 「ルパン」が怪盗としてではなく、「ジム・バーネット... もっと読む

レ・ミゼラブル 1 (角川文庫 ユ 1-1)

31
4.00

感想・レビュー

アニメ化、マンガ化、ドラマ化、ミュージカル化された名作。わずか一片のパンを盗んだために投獄され、十九年もの年月を獄中で過ごしたジャン・ヴァルジャンだったが... もっと読む

必死の逃亡者 (創元SF文庫 ウ 19)

29
3.75

感想・レビュー

ヴェルヌの著作としてはかなりマイナーな部類に入る本作だが、評価されてもいい作品だと思う。清朝末期の中国人が、手違いと誤解から自らの殺害を依頼した知人に命を... もっと読む

人間のしるし (岩波現代叢書)

22
3.67
C.モルガン 1952年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰に紹介されたのだったか思い出したが、人間の尊厳に関し深く感動した。 もっと読む
全87アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×