石村博子のおすすめランキング

プロフィール

1951年、北海道室蘭生まれ。ノンフィクションライター。法政大学卒業後、フリーライターとして各新聞・雑誌で活躍。著書に『たった独りの引き揚げ隊‐‐10歳の少年、満州1000キロを征く』(角川文庫)、『孤高の名家 朝吹家を生きる‐‐仏文学者・朝吹三吉の肖像』(KADOKAWA)、『ハルビン新宿物語‐加藤登紀子の母 激動の半生記』(講談社)、『生きる力抱きしめて‐孤児だった医師・宏の青春』(毎日新聞社)、『「喪」を生きぬく──30人に学ぶ死の受け入れ方』(河出書房新社)など。

「2019年 『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石村博子のおすすめランキングのアイテム一覧

石村博子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)』や『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く』や『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる (角川文庫)』など石村博子の全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)

170
4.48
石村博子 2012年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3月11日以来,世界が一変してしまった。 その一方で,通勤中に本を読む,という私の日常は途切れなく続いていて,妙な違和感や,楽しむことへの罪悪感を... もっと読む

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く

94
4.03
石村博子 2009年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10歳児のサバイバル・ドキュメント。ロビンソン・クルーソー、インガルス家の物語、テレビだとふしぎな島のフローネが好きだった人には面白いと思う。 主人... もっと読む

いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる (角川文庫)

45
3.88
村松謙一 2019年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社の運命は従業員、その家族や取引先等様々な人の人生を左右する。倒産はいのちの問題だからこそ、会社は倒産ではなく再生させるべきである、というのが筆者の矜恃... もっと読む

3.11行方不明 その後を生きる家族たち

35
3.60
石村博子 2013年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津波によって、大切な人を突然なくしてしまった人々のその後。  遺体が見つからないという事は、こうまで遺された人々を苦しめるのか。この本を読むまで重い至ら... もっと読む

不完全でいいじゃないか! (講談社文庫)

17
3.88
伊波真理雄 2002年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医のいろいろな患者さんとの関わりの記録。 患者さんがどのようにして悩んで、回復への糸口をつかんでいくかが書かれている。 人の心は粘土のように... もっと読む

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く (角川文庫)

15
4.50
石村博子 電子書籍 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか面白かったけど、歩いて帰るシーンは回想の聞き書きなので、やや臨場感に欠ける。 もっと読む

孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像 (角川書店単行本)

3
5.00
石村博子 電子書籍 2013年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝吹登水子さんの『私の軽井沢物語』に朝吹三吉さんのことが書かれてあり、フランス語をやろうとしたきっかけになりました。大学の般教で、涙目になりながら格闘した... もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×