石橋毅史のおすすめランキング

プロフィール

石橋毅史(いしばし・たけふみ)
1970年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。出版社勤務を経て、出版業界専門紙「新文化」の記者、編集長を務める。2010年フリーランスとなる。著書に『「本屋」は死なない』(新潮社)、『口笛を吹きながら本を売る』(晶文社)、『まっ直ぐに本を売る』(苦楽堂)、『本屋な日々 青春篇』(トランスビュー)など。『「本屋」は死なない』が台湾で閲読職人大賞(2013年)を受賞している。

「2019年 『本屋がアジアをつなぐ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石橋毅史のおすすめランキングのアイテム一覧

石橋毅史のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「本屋」は死なない』や『まっ直ぐに本を売る: ラディカルな出版「直取引」の方法』や『口笛を吹きながら本を売る: 柴田信、最終授業』など石橋毅史の全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「本屋」は死なない

316
3.72

感想・レビュー

日本での出版物の売上高の推移のデータを調べてみた。 2006年に2.5兆円だった売上高が、2018年には、約1.5兆円になっている。10年強で、1兆円、4... もっと読む

まっ直ぐに本を売る: ラディカルな出版「直取引」の方法

112
4.10
石橋毅史 2016年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出版社が本を出すと、まず取次から新刊配本され、書店に届く。 というのがオーソドックスな書籍の流通。 しかし、この流通が今、変化の時を迎えている。 大量に... もっと読む

本屋がアジアをつなぐ 自由を支える者たち

82
3.86
石橋毅史 2019年8月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 新たな発見はなかった。それだけ、本屋について今は理解されていて広く知られている。その発掘をしてきた著者は偉大。 もっと読む

本屋な日々 青春篇

70
3.88
石橋毅史 2018年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全国の本屋さんを巡ってインタビューし、それをまとめた記録でした。本屋の経営者としての厳しさがひしひしと伝わってきます。それでももがき頑張る。その部分がよく... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示

石橋毅史の関連サイト

ツイートする
×