石澤良昭のおすすめランキング

プロフィール

元上智大学学長。上智大学アンコール遺跡国際調査団団長。文化庁文化審議会会長。国際交流基金賞受賞。2017年、カンボジアのアンコール遺跡の保存修復および人材養成への貢献によりアジアのノーベル賞といわれる「ラモン・マグサイサイ賞」を受賞。

「2019年 『カンボジア近世史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石澤良昭のおすすめランキングのアイテム一覧

石澤良昭のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世界の歴史13 - 東南アジアの伝統と発展 (中公文庫)』や『増補新装 カラー版 東洋美術史』や『東南アジアの伝統と発展 (世界の歴史13)』など石澤良昭の全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

世界の歴史13 - 東南アジアの伝統と発展 (中公文庫)

56
3.71
生田滋 2009年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[評価] ★★★★☆ 星4つ [感想] 「東南アジア」にどのような国が存在し、どのような地理なのかはおおよそ知っていたが、歴史についてはほとんだ知らない... もっと読む

増補新装 カラー版 東洋美術史

56
3.75
前田耕作 2012年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書録「カラー版東洋美術史」4 監修 前田耕作 出版 美術出版社 P4より引用 “美術の歴史は、すでに評価の定まったあれこれの作品をただ時... もっと読む

興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見 (講談社学術文庫)

52
3.60
石澤良昭 2018年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンコール王朝を中心にした東南アジア史、と銘打つも、なかなか東南アジア史をひとくくりにするのは難しいのかな、というのが透けて見える。アンコール王朝の歴史も... もっと読む

東南アジア 多文明世界の発見 (興亡の世界史)

51
3.33
石澤良昭 2009年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベトナムやタイ、インドネシアあたりの歴史は書かれていなくて八割がたカンボジアに絞った内容ですが、世界的にもアンコールワット研究の第一人者と呼んでもいい著者... もっと読む

世界遺産 アンコール遺跡の光 (小学館文庫)

22
3.50

感想・レビュー

(2009.03.02読了) カンボジアには、「アンコール・ワット」「アンコール・トム」に代表されるアンコール遺跡群と呼ばれるいくつもの遺跡があるらしい... もっと読む

興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見 (講談社学術文庫)

18
3.00
石澤良昭 電子書籍 2018年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東南アジア史とあるが、主にカンボジア、アンコールワット王国の歴史を中心に語られている。 第一章で東南アジア史全体を概観して、二章以降のカンボジア・アンコー... もっと読む

アンコールからのメッセージ (historia)

15
3.38

感想・レビュー

うつくしき仏像。森に沈む遺跡。 それを遺棄した背景、首長の変化、その変化に翻弄されたであろう人々の生活、どのようであったのか。 もっと読む

アンコール・ワットへの道 JTBキャンブックス

12
3.67

感想・レビュー

通常の配架場所: 3階開架 請求記号: 223.5//I84 もっと読む

岩波講座 東南アジア史〈1〉原史東南アジア世界

7
4.00
池端雪浦 2001年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京大学農学生命科学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCo... もっと読む

アンコールの王道を行く

6
3.00
石澤良昭 1999年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館にあったのでぱらぱらと。遺跡の本なのであんまり熱心には見なかった。 もっと読む

この人この世界 2007年2ー3月 (NHK知るを楽しむ/月)

5
4.25

感想・レビュー

『アンコール遺跡 残された歴史のメッセージ』 NHKの番組のテキストだが、我が家にはテレビはないため、テキストだけで楽しんだ。 アンコール遺跡研究の第... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×