石牟礼道子のおすすめランキング

プロフィール

石牟礼道子(いしむれ・みちこ)
1927年3月11日-2018年2月10日
熊本県、天草生まれ。祖父の事業が破産して、小学二年の時に天草から水俣の北はずれに移住。優秀な学業成績から、三年制の実務学校(現水俣高校)に進学。ここで短歌を学んだ。卒業して教員養成所に入り、16歳で小学校の代用教員となって、詩と短歌を続ける。1947年に小学校を退職し、結婚。
その後若い労働組合員や詩人・谷川雁と知り合ってから、水俣病の患者の聞き書が始まる。1969年『苦海浄土』を刊行(患者の苦患を語る本だから、ということで賞を辞退している)。水俣病の惨苦を世に広く伝えるだけでなく、「水俣病を告発する会」を渡辺京二さんらと結成して多くの患者とその運動に寄り添い、水俣病訴訟の勝訴に貢献。晩年はパーキンソン病を患って長編作を控えたが、旺盛な執筆意欲は衰えず、数々の作品を記していた。
2004年から『石牟礼道子全集 不知火』を刊行、そこで『苦海浄土』の改稿と書き下ろしを加え、第二部・第三部を完結させる。
(2018年5月10日最終更新)

石牟礼道子の関連サイト

石牟礼道子のおすすめランキングのアイテム一覧

石牟礼道子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新装版 苦海浄土 (講談社文庫)』や『つやつや、ごはん (おいしい文藝)』や『苦海浄土 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)』など石牟礼道子の全161作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全161アイテム中 1 - 20件を表示

石牟礼道子に関連する談話室の質問

ツイートする