石田千のおすすめランキング

プロフィール

石田千(いしだ・せん)
福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。2001年、『大踏切書店のこと』で第1回古本小説大賞を受賞。「あめりかむら」、「きなりの雲」、「家へ」の各作品で、芥川賞候補。16年、『家へ』(講談社)にて第3回鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。16年より東海大学文学部文芸創作学科教授。著書に『月と菓子パン』(新潮文庫)、『唄めぐり』(新潮社)、『ヲトメノイノリ』(筑摩書房)、『屋上がえり』(ちくま文庫)、『バスを待って』(小学館文庫)、『夜明けのラジオ』(講談社)、『からだとはなす、ことばとおどる』(白水社)、『窓辺のこと』(港の人)他多数があり、牧野伊三夫氏との共著に『月金帳』(港の人)がある。

「2022年 『箸もてば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石田千のおすすめランキングのアイテム一覧

石田千のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『月と菓子パン (新潮文庫)』や『月と菓子パン』や『きなりの雲』など石田千の全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

月と菓子パン (新潮文庫)

443
3.65
石田千 2007年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

友達から好きなエッセイって何?っと聞かれると 高山なおみさんの「 帰ってから、お腹がすいてもいいように と思ったのだ。」 と沢木耕太郎の「バーボンス... もっと読む

月と菓子パン

376
3.68
石田千 2004年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても美味しそうで楽しいエッセイでした~♪ 出戻り猫のチャーちゃんの話は、クスッとしたり、ホロリとさせられたり、忙しかったけど。 家の近くに”猫みち”... もっと読む

きなりの雲

369
3.93
石田千 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

力を貸して。 転校先に馴染めず、編物教室で大人に交じって黙々と編物をしていたちさちゃんが ある日の編物教室のあと、迎えにきたお父さんの顔を見るなり、言っ... もっと読む

きんぴらふねふね

238
3.82
石田千 2009年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とととん、と一口大に 切りそろえられた文章は シャキシャキ食感が小気味良く ついつい ページを捲る手がとまらなくなってしまう。 味付けは若干... もっと読む

バスを待って

213
3.63
石田千 2013年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わるのにずいぶんと日数を要してしまった。 というのも、この短編集は先を先をと急いで読むようなものではない。 寝る前に今日の一編を読み余韻に浸りな... もっと読む

きなりの雲 (講談社文庫)

197
3.84
石田千 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失恋で日常を失ったさみ子が 編み物通してあたらしい場所に辿り着くまでの物語。 情景描写が柔らかく、 毛糸の質感が伝わるような温かい文体で 安心して読み進... もっと読む

箸もてば

170
4.21
石田千 2017年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食に対する敬虔な営みが心地よい。慎ましく豊か。本当にお酒と手料理が好きなのだろう。読んでるとまるで小料理屋のカウンターに座っている気分になってくる。 もっと読む

あめりかむら

167
3.51
石田千 2011年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとでも落ち込む事があると、 (死んだ方がましかも。) なんてやけっぱちになったりする私。 でも、 考えてみると不思議。 生き物はいずれ... もっと読む

夜明けのラジオ

162
3.98
石田千 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常の慌ただしさから離れて、夜中にひとり聞くFMラジオ放送が好きです。中でもFM東京のジェットトリーム、NHKFMのラジオ深夜便は、読書と一緒に夜更かしの... もっと読む

平日 (文春文庫)

160
3.48
石田千 2012年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今も昔も関西暮らしだが、東京へ何年か赴任したことがあった。帰任することが決まり最後の休みにどこへ行こうかと思って、上野動物園へ繰り出してみた。人気者のパン... もっと読む

窓辺のこと

158
3.81
石田千 2019年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ 50歳になった作家の2018年、暮らしに根づいている言葉を丁寧にすくい、文章に放つ。 いいことも悲しいことも書く。人気作家の新境地をひらく傑作エ... もっと読む

バスを待って (小学館文庫)

155
3.78
石田千 2016年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バスに揺られながら読むのにぴったりな、 バスにまつわる短編集。 20篇それぞれの人生模様が愛おしく思える。 「みどりちゃんの友だち」という作品が、 中で... もっと読む

役たたず、 (光文社新書)

149
3.74
石田千 2013年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新書という事もあってか、いつもとは少し違う味わいの石田千さん。 でもやっぱりしみじみ味わいたくなる文書ばかり。 石田千さんの意図的であろうひらがなの使... もっと読む

しろい虹

141
3.64
石田千 2008年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短歌を詠んでいるような、石田千さんの文章。私の好きなひらがなで語られる話し言葉。優しくて、柔らかくて、それでいてしなやかで透明。 最初に短歌づくりを... もっと読む

店じまい

122
3.29
石田千 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が見届けた「店じまい」を集めたエッセイ。 店内の貼り紙で閉店を知らされる瞬間も、シャッターの貼り紙で閉店してしまったことを知る瞬間も、決定的な喪... もっと読む

家へ

121
3.39
石田千 2015年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

からだのこわばりが、ほどけてゆく。 いかっていた肩に、ゆっくりじわじわと血が戻ってきた。 新聞配達の人が通り過ぎたあと、 まだ世の中が動き出す前... もっと読む

ヲトメノイノリ (単行本)

112
4.00
石田千 2018年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石田千さんの小説は初読み。予想以上によかった!甘さも苦さもしょっぱさも丁度いい加減で、一つ一つのエピソードにゆるっと共感できる。なんてことのない日々のなん... もっと読む

ぽっぺん

111
3.74
石田千 2007年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後れ馳せながらこの著者の表現に出逢い、言葉の選び方にしみじみ、ああいいなぁ、と思った もっと読む

踏切趣味

107
3.35
石田千 2005年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私が石田千の本を読む2冊目。彼女の出した2冊目の本になるのかな。 まったりしすぎて、前に読んだ『役たたず、』ほど深くなる文章はないが 気持を波立たせず... もっと読む

12星座小説集 (講談社文庫)

104
2.69
橋本治 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12人の小説家が、自分の星座にちなんだ短編を紡いだ小説集。 さすがみんな上手いのだが、読んで温かい気持ちになるものはほとんどなかった。 あと、難解すぎて... もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×