砂原浩太朗のおすすめランキング

プロフィール

1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。2021年『高瀬庄左衛門御留書』で第34回山本周五郎賞・第165回直木賞候補。また同作にて第9回野村胡堂文学賞・第15回舟橋聖一文学賞・第11回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞、「本の雑誌」2021年上半期ベスト10第1位に選出。他の著書に『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著に『決戦!桶狭間』『決戦!設楽原』『Story for you』(いずれも講談社)、また歴史コラム集『逆転の戦国史』(小学館)がある。

砂原浩太朗のおすすめランキングのアイテム一覧

砂原浩太朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『高瀬庄左衛門御留書』や『黛家の兄弟』や『藩邸差配役日日控』など砂原浩太朗の全41作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

高瀬庄左衛門御留書

917
3.99
砂原浩太朗 2021年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妻を亡くした矢先、一人息子も事故(?)で失い、残されたその嫁と共に過ごす神山藩郡方・高瀬庄左衛門の、二年間の生活が描かれている。藤沢周平著『三屋清左衛門残... もっと読む

黛家の兄弟

474
4.11
砂原浩太朗 2022年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神山藩シリーズ第二弾は、代々筆頭家老を勤める黛家の"三兄弟"が成長して行く姿を、三男・新三郎の目線から描いている。 穏やかな少年時代を過ご... もっと読む

藩邸差配役日日控

375
3.95
砂原浩太朗 2023年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書店で見かけたかわいい野鳥”アオジ”と黄色のイチョウに彩られた表紙に惹かれ、内容もよく知らずに図書館で借りた時代もの。 主人公は江戸藩邸の差配役、今で言... もっと読む

霜月記

240
3.89
砂原浩太朗 2023年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

季節ごとの光や植物、鳥、そして食べ物の描写が楽しい。 ご隠居様の左太夫をはじめ、初々しい総次郎、友垣の武四郎など魅力的な人物がたくさん。唐突なチャンバラが... もっと読む

高瀬庄左衛門御留書 (講談社文庫)

219
3.90
砂原浩太朗 2023年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

架空の神山藩を舞台にした江戸時代のこの物語は今までに読んだことのない文章の美しさがあった。江戸から離れた村の景色、季節のうつろい、村人や武士たちの生活、そ... もっと読む

いのちがけ 加賀百万石の礎 (講談社文庫)

189
3.86
砂原浩太朗 2021年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加賀百万石の礎を築いた前田利家とその家臣・村井長頼が、信長・秀吉・家康それぞれの時代を、共に歩んだ長編小説。激しい戦(いくさ)の中で、また泰平の世の中で、... もっと読む

夜露がたり

170
4.03
砂原浩太朗 2024年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

市井物の時代短編集。8編「帰ってきた」「向こうがわ」「死んでくれ」「さざなみ」「錆び刀」「幼なじみ」「半分」「妾の子」 初期のどうしようもなく暗かった頃... もっと読む

決戦!桶狭間

135
3.19
冲方丁 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです!この本を読んでやっぱり信長の強運はすごいなと改めて感じました。戦国最大の逆転劇、面白かったです。決戦!桶狭間TOP3は・・・①矢野隆の「首... もっと読む

読んで旅する鎌倉時代 (講談社文庫)

112
3.26
高田崇史 2022年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大河ドラマの旅行ガイドにもなるアンソロジー「読んで旅する鎌倉時代」など澤田瞳子が薦める新刊文庫3冊|好書好日 https://book.asahi.com... もっと読む

高瀬庄左衛門御留書

91
4.08
砂原浩太朗 電子書籍 2021年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台は片田舎、禄高十万石の神山藩。主人公、高瀬庄左衛門は郡方の下役。郡方は、担当する郷村を廻っては、村の様子を把握し、米の出来具合を調べ、穫れ高を記録する... もっと読む

黛家の兄弟 (講談社文庫)

84
4.18
砂原浩太朗 2023年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「神山藩」シリーズ第2作目は、本屋が選ぶ時代小説大賞など4冠を獲得した『高瀬庄左衛門御留書』以上の傑作。 今まで読まずにいたのが惜しまれたと思わずにはい... もっと読む

いのちがけ 加賀百万石の礎

75
3.72
砂原浩太朗 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加賀藩の始祖、前田利家が織田信長に仕えていた頃から、ずっとその側に付き従った忠臣、村井長頼の視点から、戦国時代の節目節目における前田家の「選択」を描いてい... もっと読む

決戦!桶狭間 (講談社文庫)

75
3.67
冲方丁 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『どうする家康』桶狭間の戦い!面白さを増幅するストーリー揃い。オススメのアンソロジー。決戦!シリーズの第5弾。桶狭間の限定された時空に凝縮された義元の首を... もっと読む

どうした、家康 (講談社文庫)

73
3.23
上田秀人 2023年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13人13色の家康の一冊。 これは良い。大きい活字で13人の名だたる作家陣が描く、13人13色の家康像が年譜に沿って味わえるのが良い。 スタートの人質... もっと読む

決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

64
3.68
赤神諒 2018年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです。決戦!設楽原を読んで織田信長は強いし鉄砲は恐るべき武器だなと感じました。決戦!設楽原TOP3は①砂原浩太朗「けもの道」②赤神諒「表裏比興の... もっと読む

逆転の戦国史: 「天才」ではなかった信長、「叛臣」ではなかった光秀

45
3.31
砂原浩太朗 2020年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

織田信長、明智光秀、帰蝶、煕子、寧々、まつ他多数の戦国時代に生きた人物について、わかった史実をもとに元来ついているイメージとは違う姿を説明。 どちらが真実... もっと読む

時代小説 ザ・ベスト2022 (集英社文庫)

42
3.09
千葉ともこ 2022年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オール讀物2021年3・4月合併号千葉ともこ:一角の涙、宝石3月号東山彰良:絶滅の誕生、野生時代4月号澤田瞳子:紅牡丹、ナイトランド・クォータリーvol.... もっと読む

黛家の兄弟

38
4.33
砂原浩太朗 電子書籍 2022年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藩の重臣が主人公というのも面白い。 友情あり恋愛あり、謀略あり、チャンバラもあり、と。 時代小説の楽しみ要素がたくさん詰まっているように思う。 ... もっと読む

高瀬庄左衛門御留書 (講談社文庫)

30
4.29
砂原浩太朗 電子書籍 2023年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

隠居の年齢を迎えた主人公・庄左衛門の静かな澄み切った心の描写が平安に満ちている。若き日は原田荘平と名乗り、堅吾、慎造とともに剣道場で腕を競っていた。子息の... もっと読む

藩邸差配役日日控 (文春e-book)

29
4.00
砂原浩太朗 電子書籍 2023年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何をきっかけに読むことにしたのか失念してしまった。新聞の書評欄だろうか、書店の店頭だろうか、それともbooklogのトップページだろうか。ともかく、ふとし... もっと読む
全41アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×