磯野真穂のおすすめランキング

プロフィール

1999年、早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒。オレゴン州立大学応用人類学修士課程修了後、早稲田大学文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、国際医療福祉大学大学院准教授。専門は文化人類学、医療人類学。著書に『なぜふつうに食べられないのか――拒食と過食の文化人類学』(春秋社)『医療者が語る答えなき世界――「いのちの守り人」の人類学』(ちくま新書)、宮野真生子との共著に『急に具合が悪くなる』(晶文社)がある。

「2019年 『ダイエット幻想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

磯野真穂のおすすめランキングのアイテム一覧

磯野真穂のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『急に具合が悪くなる』や『ダイエット幻想 (ちくまプリマー新書)』や『なぜふつうに食べられないのか: 拒食と過食の文化人類学』など磯野真穂の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

急に具合が悪くなる

900
4.48
宮野真生子 2019年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の概要を見て、単純に興味を持った。 読んでみて驚いた。 凄かった。ただ凄い。 終始、哲学者・宮野真生子さんのパワーに圧倒される。癌を患い思うように... もっと読む

ダイエット幻想 (ちくまプリマー新書)

282
3.85
磯野真穂 2019年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢中で読んだ。読みたいことがすべて書かれている、まさにjust for meな本。ダイエットというタイトルではあるけど、自分と他者との関係性、社会的まなざ... もっと読む

なぜふつうに食べられないのか: 拒食と過食の文化人類学

183
3.56
磯野真穂 2015年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「私たちはこうしたら未来が保証されるとか、これに依拠すれば世界に安寧というような社会全体の現在と未来を保証する『大きな物語』を失った時代に生きている。」本... もっと読む

「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ (14歳の世渡り術)

169
4.07
磯野真穂 2020年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまたま図書館新刊コーナーでみつけて借りたもの。 ごめん、私が先に借りちゃいけなかった。 こういう思いを抱く十代の皆さんのために 25人のかたが書い... もっと読む

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)

133
3.33
磯野真穂 2017年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実際に現場にいても答えのないことばかりだし、evidence全盛とはいえ結局はnarrativeに一例ずつ向き合うしかないのが現状。 手術室でここからは... もっと読む

ダイエット幻想 ──やせること、愛されること (ちくまプリマー新書)

48
3.82
磯野真穂 電子書籍 2019年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 食べることのすべてではなくて、栄養素やカロリーなどの数値的なものに目を向けることで消え去ってしまう「食べる」という行為に内包されたすべて、が一番印象に残... もっと読む

コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)

27
3.50
養老孟司 電子書籍 2020年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アフターコロナへの提言」という謳い文句が本の裏表紙に書かれているが、「アフターコロナ」のみについて書かれた本ではなく、「ウィズコロナ」の状況についての言... もっと読む

急に具合が悪くなる

18
5.00
宮野真生子 電子書籍 2019年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

医療人類学者磯野真帆ががんで死に直面する哲学者宮野真生子と手紙のやり取りを通じて病気や死と向き合うことを考える もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする
×