神西清のおすすめランキング

神西清のおすすめランキングのアイテム一覧

神西清のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『はつ恋 (新潮文庫)』や『かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)』や『桜の園・三人姉妹 (新潮文庫)』など神西清の全345作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

はつ恋 (新潮文庫)

3394
3.48
ツルゲーネフ 1952年12月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んだ頃は、当時のロシアの文化•社会環境等を十分には理解していなかった。…と言うより、この本などを読むことで興味が広がっていったのだった。暗く陰鬱... もっと読む

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

1272
3.64
チェーホフ 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2022.2記 以下、ネタバレが気になる方はスルーください。 「ドライブ・マイ・カー」の感動が冷めやらず、劇中劇として演じられるチェーホフの戯曲「ワー... もっと読む

桜の園・三人姉妹 (新潮文庫)

1189
3.45
チェーホフ 1967年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桜の園の方が圧倒的に好きだったので桜の園のレビューを記す。登場人物が多くて、名前も場面ごとに変わるのでなかなか掴みづらいがそれぞれの人物をグルーピングする... もっと読む

田園交響楽 (新潮文庫)

867
3.58
ジッド 1952年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

牧師たるもの聖人に近いのかと思いきや、全くもって俗世的。 盲目の愛は自由だし、否定しないけれど、妻のアメリーが気の毒すぎる。 盲目のジェルトリュードに音楽... もっと読む

スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)

573
3.64
プーシキン 2005年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スペードの女王は、ストーリー展開も意外性があって多少のオカルトも入っていて、なかなか面白く読めた。 ペールキン物語は独立した5つの短編だが、どれもド... もっと読む

可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん 他一編 (岩波文庫)

467
3.55
チェーホフ 2004年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『犬を連れた奥さん』『イオーヌィチ』『可愛い女』の三つの短篇。 『犬を連れた奥さん』は、お互いにパートナーがいながら、男性が旅先の遊びのつもりで『犬を連... もっと読む

紅い花 他4篇 改版 (岩波文庫 赤 621-1)

321
3.80
ガルシン 2006年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、福武文庫の『ガルシン短篇集』を読んだものの、 相次ぐ引っ越しの途中で手放してしまい、 少し前に「赤い花」を読み返したくなったので、 今度はこちら... もっと読む

北原白秋詩集 (新潮文庫)

318
3.59
北原白秋 1950年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

背伸びしてしまった 1割くらいはぐっときた 読めない漢字だらけ もっとわかりたいと思った もっと読む

大尉の娘 (岩波文庫 赤 604-3)

297
3.76
プーシキン 2006年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すげー面白い。 全然あらすじ知らないで読んだから、誰がどういう状況に追い立てられるのか最後まで全然わからなかった。 一個ずつの伏線が最後に効いてきて、... もっと読む

カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫 赤 623-5)

209
3.51
チェーホフ 2008年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短篇は、『嫁入り支度』『かき』『小波瀾』『富籤』『少年たち』『カシタンカ』『ねむい』『大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ』『アリアドナ』を収録。あと、翻訳した... もっと読む

はつ恋

114
3.55
イワン・ツルゲーネフ 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読じゃないはずだけどまったく覚えておりませぬ。。。★3.5だがおまけで。 ともあれ、現在だったらもっと直接的な、性的な描写をするんだろうなぁと思いつつ... もっと読む

ねむい

113
3.55
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名高い傑作。 なぜか神西訳でチェーホフを読む事はあまりないのだが、確かにいいなぁ。名訳として愛されるだけのことはある。「いつやまるのかわからない。」とか... もっと読む

(026)窓 (百年文庫)

103
3.42
遠藤周作 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

病床において、窓の外を眺めるのは、どんなに幸福なことだろう。 もっと読む

桜の園

86
3.21
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

典型的な没落貴族の貴婦人とその娘たち、使用人や新興勢力の商人が貴婦人の領地「桜の園」に集まり右往左往、滅びゆく一族の数日を描いた戯曲。 ロシア文学あるあ... もっと読む

折口信夫対話集 安藤礼二編 (講談社文芸文庫)

57
3.33
折口信夫 2013年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林秀雄や鈴木大拙との対話があることを知り、いったい彼らがどんな対話を繰り広げるのか、その有様を感じてみたくて。 編集の都合もあって、純粋な会話では決し... もっと読む

かもめ ——喜劇 四幕——

49
4.25
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫のかもめ・ワーニャ伯父さんを読んだ。 社交界への皮肉が強い。 「生活をしたことがない」のセリフがワーニャ伯父さんと共通する。 文士は作者... もっと読む

はつ恋 (1952年) (新潮文庫〈第478〉)

47
3.44

感想・レビュー

「作者自身の一生を支配した血統上の呪い」カバー裏の説明が気になって、ブックオフで買いました。切ないよりももっと深く、痛々しくて、胸を衝かれました。恋をした... もっと読む

ワーニャ伯父さん ——田園生活の情景 四幕——

43
4.00
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドライブ・マイ・カーの劇中劇。青空文庫で。閉塞感溢れる中での生きるじたばた。自然破壊についての皮肉も。やっぱりロシアの戯曲はいいなあ。 もっと読む

犬を連れた奥さん

42
3.11
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフは実は誰よりも醒めつつ誰よりもロマンチックな人。 何もかもを批評してしまう冷徹さと、完全に無垢な純真さとが双方向的に発動してしまう。 だから... もっと読む
全345アイテム中 1 - 20件を表示

神西清に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×