福井憲彦のおすすめランキング

プロフィール

学習院大学文学部教授
フランス近現代史
〈主な著書〉
『フランス史』世界各国史12(山川出版社、2001年、編著)『ヨーロッパ近代の社会史――工業化と国民形成』(岩波書店、2005年)『歴史学入門』(岩波テキストブックスα、2006年)『近代ヨーロッパの覇権』「興亡の世界史」第13巻(講談社、2008年)など多数。

「2016年 『ドイツ・フランス共通歴史教科書【近現代史】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福井憲彦のおすすめランキングのアイテム一覧

福井憲彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『教養としての「フランス史」の読み方』や『物語 パリの歴史-「芸術と文化の都」の2000年 (中公新書 2658)』や『近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫 フ 3-2)』など福井憲彦の全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

教養としての「フランス史」の読み方

267
3.73
福井憲彦 2019年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス旅行前に頑張って読んだ。 世界史にある程度精通している人なら楽々読めるのかもしれないけど、恥ずかしながら無知なので難しい部分もあった。それでも大体... もっと読む

物語 パリの歴史-「芸術と文化の都」の2000年 (中公新書 2658)

167
3.44
福井憲彦 2021年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス史をざっくりとパリの街と共に学べる。なんだかんだでナポレオン3世の功績がすごいんだなと実感。あとエッフェル塔って結構最近だったの知ったの驚き。 もっと読む

近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫 フ 3-2)

152
3.38
福井憲彦 2010年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このテーマを1冊でまとめることに無理を感じたが、大きな流れをつかむには勉強になった。 ・14世紀にペストが大流行した後、15世紀半ばから17世紀半ば... もっと読む

興亡の世界史 近代ヨーロッパの覇権 (講談社学術文庫)

151
3.83
福井憲彦 2017年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 15世紀から19世紀にかけての近代ヨーロッパが世界の覇権を握り現代世界のベースを造った歴史を概観する。文化的にも軍事的にも東洋に比べたら劣っていた中世の... もっと読む

世界の歴史 (21) (中公文庫 S 22-21)

105
3.53
五十嵐武士 2008年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NDC209 目次 第1部 啓蒙のかがり火、民衆のめざめ(ジェファソンの私邸から;植民地建設の息吹き;植民地社会の多様化;英本国に抗議する人びと;独立へ、... もっと読む

歴史学入門 新版 (岩波テキストブックスα)

84
3.50
福井憲彦 2019年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/722189 もっと読む

図説世界の歴史 8

82
3.89
J.M.ロバーツ 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界の歴史シリーズは初めて読んだが、外国人が手がけ歴史事実を綴った書籍で内容がこれだけ充実しているものは初めて読んだ。 帝国主義の発生と植民地支配の実... もっと読む

近代ヨーロッパの覇権 (興亡の世界史)

79
3.67
福井憲彦 2008年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大航海時代から革命の時代を経て、国民国家が成立する時代へ。そして大戦。 コロナによる外出規制の時間を利用し、こうしてヨーロッパの近代史を鳥瞰的に眺めてみ... もっと読む

地中海都市周遊―カラー版 (中公新書 1542)

75
3.72
陣内秀信 2000年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/41642 もっと読む

図説死の文化史: ひとは死をどのように生きたか

67
3.27

感想・レビュー

主にヨーロッパにおける死のイメージの変遷について図像から探る内容。避けては通れない死について、その距離感や象徴されるものが時代とともに移り変わっていく様子... もっと読む

興亡の世界史 人類はどこへ行くのか (講談社学術文庫)

66
3.38
福井憲彦 2019年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「興亡の世界史」という企画は、全21巻でそれぞれの巻のテーマも面白そうなので、最終巻の21巻「人類はどこへ行くのか」読んでみましたが、正直言ってがっかり... もっと読む

ファシズムとは何か

64
3.33

感想・レビュー

旧版では「定義」するアプローチから解明しようとしたが、その限界を感じて「叙述」に切り替えて新版を刊行。「定義」することの限界はその選択にあるとのことだが、... もっと読む

世紀末とベル・エポックの文化 (世界史リブレット 46)

52
3.23
福井憲彦 1999年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガイドラインとしては、良いと思う。 個人的には、この時代はちょこちょこ掘り下げてるので、物足りなかった。 もっと読む

フランス革命と明治維新

52
5.00
三浦信孝 2018年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕府自身がおかした革新的「禁」。これだけで明治維新の革命像がひっくり返った。もしも中江兆民と語らえるなら、フランス革命との対比だけじゃなく「幕末の幕府、や... もっと読む

人類はどこへ行くのか (興亡の世界史)

50
3.56
福井憲彦 2009年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海、宗教がよかった。 インド洋海域の交易は、インド南西部のマラバール地方を結節場として形成された。マラバール地方は、コショウの産出地でもあった。パレ... もっと読む

近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)

47
3.56
福井憲彦 電子書籍 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代ヨーロッパの歴史が現代にどのような影響を与えたのかを読み解いた本。 大航海時代から第一次世界大戦まで、近代ヨーロッパで起こった出来事の影響は現代... もっと読む

興亡の世界史 近代ヨーロッパの覇権 (講談社学術文庫)

44
3.00
福井憲彦 電子書籍 2017年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

工業化の発展と国民国家の概念の成立が特に重要で、これらを軸に所謂長い十九世紀に起こった出来事とその関係について概説されています。 十八世紀まではヨーロッ... もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×