福島正実のおすすめランキング

福島正実のおすすめランキングのアイテム一覧

福島正実のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)』や『夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))』や『幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))』など福島正実の全254作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

6105
4.03

感想・レビュー

SF作品のオールタイムベスト10などで常時上位の作品です。 ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつも... もっと読む

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

3499
4.00

感想・レビュー

ブクログ仲間さんの一押し、ということもありいつか読もうと思っていた作品。読み慣れないSFに時差ぼけの頭で挑戦したこともあり、最初は混乱しました。 優... もっと読む

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

2409
3.99

感想・レビュー

面白かった。 何がすごいって、地球でない星々の描写がすごい。 彼の眼には何が見えていたのだろう。その星たちの上にどんな空が広がり、どんな大気がたち... もっと読む

鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)

1330
3.91

感想・レビュー

1954年刊行のSF名作。ロボット嫌いの人間の刑事ベイリとロボット探偵のR・ダニールが、宇宙市(スペース・タウン)で起こった「宇宙人殺人事件」の捜査にあた... もっと読む

ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)

751
3.79

感想・レビュー

古き良き時代のアメリカの、ノスタルジックな世界の中で繰り広げられる とってもロマンチックな世にも奇妙な物語。 新しく変わっていこうとする現代と、古き良... もっと読む

エッジウェア卿の死 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

691
3.45

感想・レビュー

これまでのポアロシリーズ同様、全ての人の証言に疑いを持たなければならない。犯人もそうでない人も、色々な嘘をついているから誰の発言を信じていいのか分からなく... もっと読む

夏への扉

663
4.04
ロバートAハインライン 電子書籍 2010年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色んな仕掛けがあって、ネコが粋な役を演じていて、読み物としてもストーリーとしても面白い!自分のつくったロボットが未来で形を変えて生き続けていたら嬉しいだろ... もっと読む

幼年期の終り

656
4.00
アーサーCクラーク 電子書籍 1979年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画「インデペンデス・デー」を彷彿とさせるオーバーロードの登場。他の星系から来たオーバーロードはOver Lordのことで、神を越えた存在を示す。人類はオ... もっと読む

夏への扉 [新版] (ハヤカワ文庫SF)

623
3.68

感想・レビュー

本書を読むきっかけは映画館で予告編を見て、たまたま書店に行ったら『あぁこれか!』といった感じです。 映画の方は1995→2025年で東京が舞台で登場人物... もっと読む

不思議の国のアリス (角川文庫クラシックス)

391
3.32

感想・レビュー

ただのファンタジーではなかった。新たな児童文学の境地を開いたルイス・キャロル。この物語は日本で言えば明治になる直前の時代に書かれたものだ。時間に追われる白... もっと読む

人形つかい (ハヤカワ文庫SF)

328
3.39

感想・レビュー

地球外生物の侵略から人類を守るサムの活躍を描くSF冒険小説。 1951年に発表された作品。 冒険小説として、楽しめた作品でした。 本書を読んで、『影が行く... もっと読む

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

319
3.68
光瀬龍 2013年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本SF作家クラブの選者による1963年から年に1編を選出してのアンソロジー。冒頭の「墓碑銘二000七年」、光瀬 龍ってこんなに面白いんだっけ?SFにのめ... もっと読む

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)

319
3.52

感想・レビュー

恩田陸の「月の裏側」きっかけで知った本。後半の展開は得体の知れない恐怖と焦りとがあってとても面白かった。ラストシーンの想像させられる情景は鮮やかでとても好... もっと読む

ふりだしに戻る〈上〉 (角川文庫)

230
3.59

感想・レビュー

とある極秘プロジェクトの一員として《過去》へ行ってみないか? ある日、イラストレーターとしてNYの広告代理店で平凡な日常をおくっていた主人公サイは、見知ら... もっと読む

鋼鉄都市

215
3.76
アイザック・アシモフ 電子書籍 2013年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 続編『はだかの太陽』を読む前に読み返した。  以前読んだときの記憶は「面白かった」しか残っていない状態だったが,このSFミステリーは二度目も最後まで楽し... もっと読む

ふりだしに戻る (下) (角川文庫)

178
3.55

感想・レビュー

上巻を読んだときに思ったけど、政府主導の研究、しかも莫大な資金を投入している研究ということは、それなりの見返りが国に対してなされなければならない。 歴史... もっと読む

レベル3 (異色作家短篇集)

139
3.68

感想・レビュー

私はこれまでSF作品で人が時空を超えるのは好奇心が理由だとばかり思っていた。しかし、この世界はそうじゃない。これは逃避の文学だ!考えてみればSFだけでなく... もっと読む

時の門 (ハヤカワ文庫 SF―ハインライン傑作集 (624))

133
3.84

感想・レビュー

時間SFで有名な作品、ぜひ読みたかった、読んでよかった、という作品。その他にも少し不気味な「血清大作戦」や「金魚鉢」など人間の無力感を感じる作品がなかなか... もっと読む

エッジウェア卿の死 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 1-50))

108
3.68

感想・レビュー

#赤背表紙のクリスティーを再読するプロジェクト 035 上流階級の男女問題に絡まって、離婚調停に担ぎ出されたポアロが、殺人事件に巻き込まれて犯人探し... もっと読む

人形つかい (ハヤカワ文庫 SF 217)

106
3.43

感想・レビュー

異星生物の侵略と戦う人類の物語、なんていうシンプルなSFではない。社会が根底から覆されるほどの脅威に晒された時、人間がどう振る舞い、どう変貌していくか、そ... もっと読む
全254アイテム中 1 - 20件を表示

福島正実に関連する談話室の質問

ツイートする
×