福永武彦のおすすめランキング

プロフィール

1918-79。福岡県生まれ。54年、長編『草の花』により作家としての地位を確立。『ゴーギャンの世界』で毎日出版文化賞、『死の鳥』で日本文学大賞を受賞。著書に『風土』『冥府』『廃市』『海市』他多数。

「2015年 『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福永武彦のおすすめランキングのアイテム一覧

福永武彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『草の花 (新潮文庫)』や『忘却の河 (新潮文庫)』や『愛の試み (新潮文庫)』など福永武彦の全256作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

草の花 (新潮文庫)

1613
3.90
福永武彦 1956年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

純粋な恋愛小説だと思って読み始めたら、全く違った。 特に、茂思の(藤木)忍への想いは、恋愛という言葉ではあらわせないように思う。けれど、いわゆる同性愛... もっと読む

忘却の河 (新潮文庫)

475
4.09
福永武彦 1969年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも好きすぎて、読んでいる途中は一生読み終わらなければいいと思った。そのくらい小説世界に没頭し、心酔した。そんな小説。 福永武彦本人の人生観であるか... もっと読む

愛の試み (新潮文庫)

447
3.58
福永武彦 1975年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愛すれば愛するほど、孤独を感じなくなる、なんて、そんな恋愛うそなんだ。 もっと読む

室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6))

329
3.71
室生犀星 1968年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩人と聞いて、どんな人物をイメージするだろう。紅顔白皙の美少年?はたまた、痩せて神経質そうな病身の男?Google画像検索によれば、室生犀星は、そのどちら... もっと読む

古事記物語 (岩波少年文庫 (508))

173
3.33
福永武彦 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知ってる話が結構あった もっと読む

廃市/飛ぶ男 (新潮文庫 草 115-3)

172
3.67
福永武彦 1971年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

のっけから比喩のこねくり回しで始まる短編集。安部公房のフォロワーかと思いきや、同世代に活躍していた「戦後派」の純文学の旗手だった模様。 この本の中で... もっと読む

夢みる少年の昼と夜 (新潮文庫 ふ 4-5)

134
3.64
福永武彦 1972年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不安定な少年、少女期の果てしない空想(妄想)。思春期を過ぎ、変化に乗り切れなかった女性の妄想に壊れていく姿、妄想に巻き込まれていく男性。常に死やおしまいの... もっと読む

海市 (新潮文庫)

98
3.64
福永武彦 1981年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学卒業して、社会人になるというときに母に勧められた本。何故勧められたのかは今でもわからない。情景描写がとても美しい作品だった もっと読む

死の島 上 (講談社文芸文庫)

80
4.56
福永武彦 2013年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上下巻まとめての感想) この小説では、いくつかの絵画や音楽が出てきます。 恥ずかしながらほぼ知らなかった私としては、シベリウスをYOUTUBEで聞き... もっと読む

告別 (講談社文芸文庫)

76
3.61
福永武彦 1990年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

告別式の描写から始まって、その場面に至るまでの過程がその後の物語の進行とともに少しずつ明らかになる。ひとつの木片に彫刻刀の刃を打ち込んで、やがて何らかの「... もっと読む

堀辰雄/福永武彦/中村真一郎 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集17)

63
4.10
堀辰雄 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堀辰雄の「かげろうの日記」と「ほととぎす」。 ここにはヨーロッパ仕込みの見事な「平安文学の心理小説化」がある。前回配本の森鴎外からもう一歩進んでいる? ... もっと読む

福永武彦 (ちくま日本文学全集)

59
3.45
福永武彦 1991年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちくま日本文学全集016 もっと読む

昭和ミステリ秘宝 加田伶太郎全集 (扶桑社文庫)

57
3.39
福永武彦 2001年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名と作者の名前が合わないのは何故か。そこから始まる愉しい世界。 巻末にある沢山の解説たちは、著者の偉大さを今の読者に分かってほしいからですね。語り口が独... もっと読む

完全犯罪 加田伶太郎全集 (創元推理文庫)

56
3.38
福永武彦 2018年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

専ら福永武彦という純文学者の顔しか存じ上げなかった所為もあり、また著者の純文学でお腹いっぱいだった為に別ペンネームしかも氾濫しきっているミステリを態々手に... もっと読む

風のかたみ (河出文庫)

51
4.13
福永武彦 2015年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福永武彦にしては珍しい王朝もの伝奇ロマン。「今昔物語」のいくつかのエピソードを素材にして繋ぎ合わせたらしい。 信濃の若侍・大伴の次郎信親(のぶちか)... もっと読む

風のかたみ (新潮文庫 ふ 4-10)

46
3.39
福永武彦 1979年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福永武彦が「今昔物語」を材に取るとこうなるのか。登場人物がお上品になるのはこの作家ならでは。破天荒な人物が破天荒になりきれていないようで残念。らしいといえ... もっと読む

水 (百年文庫)

44
3.70
伊藤整 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全体的に面白かった。「生物祭」はちょっと…濃厚過ぎて合わない部分もあったけど、3編ともに面白かった。やはり日本作家の物語がいいと実感した。 伊藤整 「... もっと読む

死の島 下 (講談社文芸文庫)

44
4.27
福永武彦 2013年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了後も悶々としている。素子の意識に魂が吸い取られそうで、でもその深淵には決して近づけない。なぜ?どうして?疑問符が幾つも連なる。生と死は常に対峙し拮抗し... もっと読む

福永武彦戦後日記

41
4.18
福永武彦 2011年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年1月22日紹介されました! もっと読む

風土 (新潮文庫 草 115-4D)

38
3.46
福永武彦 1972年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年12月3日 もっと読む
全256アイテム中 1 - 20件を表示

福永武彦に関連する談話室の質問

ツイートする