福澤徹三のおすすめランキング

プロフィール

ふくざわてつぞう
小説家。『黒い百物語』『忌談』『怖の日常』など怪談実話から『真夜中の金魚』『東京難民』などアウトロー小説、『白日の鴉』『群青の魚』などの警察小説まで幅広く執筆。2008年『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。『侠飯』『Iターン』はドラマ化・コミカライズされた。近著に『羊の国のイリヤ』がある。



「2020年 『忌み地 弐 怪談社奇聞録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福澤徹三のおすすめランキングのアイテム一覧

福澤徹三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『侠飯 (文春文庫)』や『侠飯2 ホット&スパイシー篇 (文春文庫)』や『東京難民』など福澤徹三の全388作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

侠飯 (文春文庫)

835
3.65
福澤徹三 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すっごく面白かった。任侠と料理はなぜこうも相性がいいのか。何気なくしている料理だけど、もっと丁寧にしようと思えたし、ストーリーも非常によかった。 「俺た... もっと読む

侠飯2 ホット&スパイシー篇 (文春文庫)

435
3.57
福澤徹三 2015年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真鍋順平、28歳、独身、情報サービス企業勤務。突然の“追い出し部屋”への配置転換にうろたえる順平は、ある日、ランチワゴンで実に旨い昼飯に出会う。店主は、頬... もっと読む

東京難民

358
3.37
福澤徹三 2011年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつ、自分もここまで落ちるか分からない。 この作品の主人公のように気づいたらホームレスになっているかもしれない。 非常に怖い思いで読んでいた。 この... もっと読む

東京難民(上) (光文社文庫)

353
3.32
福澤徹三 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の最後で治験で得た20万を女に騙されてホストクラブで溶かす主人公。 読み進めていくうちに気持ちが沈んでいく。 多少話の展開が強引な点はあるものの、著者... もっと読む

侠飯3 怒濤の賄い篇 (文春文庫)

336
3.84
福澤徹三 2016年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

侠飯 第3弾。快調に! 第1弾では、柳刃の存在自体が物語になっていた。 第2弾は、柳刃の正体がわかっていることと キッチンワゴンという制約から、おも... もっと読む

Iターン (文春文庫)

311
3.64
福澤徹三 2013年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この著者の作品を初めて読んだ。 コミカライズ版の1巻が激安セールだったので読んでみたらなかなか面白くて、原作を読んでみたのである。 主人公は、中堅どころ... もっと読む

東京難民(下) (光文社文庫)

309
3.37
福澤徹三 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金だけ求めて合理的な判断をしていれば主人公は経済的に豊かな生活を送れたのかもしれないが、彼は最後まで情というある意味最も人間らしい部分を捨てなかった。人生... もっと読む

自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術 (幻冬舎新書)

294
3.29
福澤徹三 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう2、3回読んでいるが私自身も大学を中退してしまった落ちこぼれなので、この本にはいろいろ気づきを与えてもらった。「企業は金のもらえる学校である」「就職の... もっと読む

侠飯4 魅惑の立ち呑み篇 (文春文庫)

260
3.59
福澤徹三 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福澤徹三『侠飯4 魅惑の立ち呑み篇』文春文庫。 シリーズ第4弾。今回は政界がテーマで、立ち呑み屋が舞台。面白い!シリーズを読んでいれば、パターンは分... もっと読む

すじぼり (角川文庫)

231
3.44
福澤徹三 2009年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アウトローに惹かれる動機がいまいちしっくりこなかった。内容はスピード感があって、面白い。 もっと読む

侠飯5 嵐のペンション篇 (文春文庫)

193
3.78
福澤徹三 2018年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福澤徹三『侠飯5 嵐のペンション篇』文春文庫。 ますます快調なシリーズ第5弾。今回の舞台は奥多摩にあるペンション。お馴染みの柳刃竜一と火野丈治の強面... もっと読む

シャッター通りの死にぞこない

154
2.78
福澤徹三 2012年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすかった もっと読む

忌み地 怪談社奇聞録 (講談社文庫)

152
3.33
福澤徹三 2019年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

土地や建物など怪異が起きる場所に重点を置いた怪談実話集。大体の怪談実話集は、ただ現象だけ羅列されていて最後の方は飽きてくるのですが、これはその怪異を取材す... もっと読む

侠飯6 炎のちょい足し篇 (文春文庫)

140
3.71
福澤徹三 2020年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福澤徹三『侠飯6 炎のちょい足し篇』文春文庫。 早くもシリーズ第6弾。文庫書き下ろし。今回も柳刃竜一と火野丈治の2人が料理の腕をふるい、悪を斬る。今回は... もっと読む

忌談 (角川ホラー文庫)

139
3.10
福澤徹三 2013年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウシジマくんばりに、裏社会の怖さを味わいました。幽霊よりも人間の方が数倍怖い。因みにプチグロい部分もいくつかあり、正直、ホラー好きとはいえ、私好みではなか... もっと読む

シャッター通りの死にぞこない (双葉文庫)

133
2.60
福澤徹三 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シャッターを下ろした寂れた店と爺さん婆さんがゆるりと闊歩する子鹿商店街。 その通り名はバンビロード。 闇金会社からネコババした三千万円を手に、命辛々逃... もっと読む

アンデッド (角川ホラー文庫)

129
2.86
福澤徹三 2008年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私には合わなかった。 もっと読む

厠の怪 便所怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

129
3.14
飴村行 2010年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

その名の通り、トイレ(というか便所)にまつわる怪談集。 かなり凄まじいです。 読んでいる時に、気づくと鼻で息を止めているほど。 恐怖とは別な意味... もっと読む

白日の鴉

120
3.88
福澤徹三 2015年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 今年読んだ中で断トツに面白かった。500ページくらいのボリュームも苦も無く一気読み!『Iターン』から好きな作者。この作者の中でも一番面白いかも。  痴... もっと読む

再生ボタン (幻冬舎文庫)

112
3.06

感想・レビュー

「幻日」が好みかな。 もっと読む
全388アイテム中 1 - 20件を表示

福澤徹三に関連する談話室の質問

ツイートする
×