福田恆存のおすすめランキング

プロフィール

評論家,劇作家,演出家。東京大学英文科卒業。 1936年から同人誌『作家精神』に,横光利一,芥川龍之介に関する評論を発表。第2次世界大戦後すぐに文芸評論家として活動を始め,やがて批評対象を文化・社会分野全般へと広げた。劇作は 48年の『最後の切札』に次いで 50年『キティ颱風』を発表,文学座で初演され,以後文芸部に籍をおいた。 52年『竜を撫でた男』で読売文学賞受賞。 63年芥川比呂志らと文学座を脱退,現代演劇協会,劇団雲を結成して指導者となる。 70年『総統いまだ死せず』で日本文学大賞受賞。シェークスピアの翻訳・演出でも知られ,個人全訳『シェイクスピア全集』 (15巻,1959~67,補4巻,71~86) がある。著書はほかに『人間・この劇的なるもの』 (55~56) など。 81年日本芸術院会員。

「2020年 『私の人間論 福田恆存覚書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福田恆存のおすすめランキングのアイテム一覧

福田恆存のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老人と海 (新潮文庫)』や『リア王 (新潮文庫)』や『人間・この劇的なるもの (新潮文庫)』など福田恆存の全119作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老人と海 (新潮文庫)

9219
3.49

感想・レビュー

細かな語りが乾いた雰囲気を上手く醸成していて、ねっとり引き込まれる作品。情況の静と動とともに人生の静と動が描写され、自然の中で生きる人間の営みを深い洞察で... もっと読む

リア王 (新潮文庫)

2073
3.61

感想・レビュー

老人問題を扱っているとの指摘が、和田秀樹の「困った老人と上手につきあう方法」166ページに書かれている。 もっと読む

人間・この劇的なるもの (新潮文庫)

535
3.87
福田恆存 1960年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピア翻訳で知った著者。 漠然とした「自由」や「生」に絶対的な価値を見出すことに違和感を感じていた。 しかし本書は、生きることは演戯である、とい... もっと読む

私の幸福論 (ちくま文庫)

442
3.92
福田恆存 1998年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全部の文章にラインマーカー引きたいじゃん もっと読む

保守とは何か (文春学藝ライブラリー)

156
4.13
福田恆存 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「一匹と九十九匹と」を、同年発表の丸山眞男「超国家主義の論理と心理」と比べると実に面白い。丸山が旧時代の価値の陳腐さを暴露し、新たな価値を時代に刻み込もう... もっと読む

黙示録論 (ちくま学芸文庫)

121
3.61
D・Hロレンス 2004年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] ロレンス畢生の論考にして20世紀の名著。 「黙示録」は抑圧が生んだ、歪んだ自尊と復讐の書といわれる。 自らを不当に迫害されていると考え... もっと読む

人間の生き方、ものの考え方 学生たちへの特別講義

115
4.24
福田恆存 2015年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悪に耐える思想」…『思想』なるものは皆自ずから、秩序を守るため、また我々に全体感覚を植え付けるものとしての悪を内包しているものである。その悪に耐えてゆく... もっと読む

藝術とは何か (中公文庫)

112
3.58
福田恆存 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館の都合もあり字面を追っただけになったのですが、これはちゃんと理解しながら読まないともったいないと思えるようなもので、最近そういえば福田恆存がちょっと... もっと読む

老人と海(新潮文庫)

96
3.75
ヘミングウェイ 電子書籍 1966年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノーベル文学賞を受賞したヘミングウェイによる徹底された外面描写で自然の厳しさがありのまま表現されている作品。 こういうハードボイルドな作風の小説はあまり... もっと読む

国家とは何か (文春学藝ライブラリー)

67
4.00
福田恆存 2014年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章が難解で、社会情勢が現在と違うため、今ひとつピンとこない。 もっと読む

ドリアン・グレイの肖像(新潮文庫)

62
4.33
オスカー・ワイルド 電子書籍 1962年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難解な物事の表現や描写が、より一層に1800年代後半の世界観を醸し出していて震えた。主人公とその肖像が現実と虚構の世界を活写し、苦悩が綴られている。耽美な... もっと読む

マクベス(新潮文庫)

56
3.45

感想・レビュー

きれいは穢い、穢いはきれい、という、なんとも捉えがたい、矛盾した魔女の言葉から始まる、マクベス夫婦の悲劇であります。(矛盾しているからこそ、真実を表してい... もっと読む

福田恆存文芸論集 (講談社文芸文庫)

33
3.25
福田恆存 2004年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の保守を代表する論客と紹介さているのを、先日WEBで読んだことから、どれひとつ読んでみようとアマゾンで注文。 なぜか知らないが、文芸論集を購入してい... もっと読む

演劇入門-増補版 (中公文庫プレミアム)

31
3.00
福田恆存 2020年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者自身の編集による唯一の入門書であると同時に、演劇理論家としてのエッセンスを提示する。重要論考「醒めて踊れ」を増補した決定版。〈解説〉福田 逸 もっと読む

サロメ (岩波文庫)

26
4.00
オスカー・ワイルド 電子書籍 2000年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典は子供の頃にひと通り読んでいるはずなのだが,これは読んだことがなかった。荻原規子さんの「樹上のゆりかご」に出て来たので,興味が湧いた。のだが,「樹上の... もっと読む
全119アイテム中 1 - 20件を表示

福田恆存に関連する談話室の質問

ツイートする
×