秋吉理香子のおすすめランキング

プロフィール

秋吉 理香子(あきよし りかこ)
脚本家・小説家。ロサンゼルスで育つ。早稲田大学第一文学部卒業後、ロヨラ・メリーマウント大学院にて映画・TV製作についての修士号を取得。
2008年、「雪の花」で第3回Yahoo! JAPAN文学賞を受賞。翌年、同作を含む短編集『雪の花』でデビューし短編TVドラマも制作された。2013年『暗黒女子』を刊行し、本作は2017年に清水富美加・飯豊まりえ主演で映画化もされるヒット作・代表作となった。
以降、『機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト』、『ジゼル』といった作品を刊行している。

秋吉理香子の関連サイト

秋吉理香子のおすすめランキングのアイテム一覧

秋吉理香子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『暗黒女子』や『聖母』や『暗黒女子 (双葉文庫)』など秋吉理香子の全62作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

暗黒女子

1067
3.62
秋吉理香子 2013年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お嬢様ばかりが通う女子高で、一番の人気と美しさを誇っていた女子生徒が突然飛び降りて死んだ。彼女はいったいなぜ死を選んだのか?同じサークルに属していた少女た... もっと読む

聖母

755
3.76
秋吉理香子 2015年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

評価は★4にするか★5にするか悩んだけど…、とりあえず素直に面白かったので。 ”ラスト20ページ、世界は一変する” この帯の一言で完全に心を掴... もっと読む

暗黒女子 (双葉文庫)

674
3.62
秋吉理香子 2016年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私立女子校の文学サークルが物語の舞台。文学サークルの会長が突然の死を迎える。残された会員達が、毎年恒例の闇鍋パーティーをしながら、死んだ会長にまつわる自作... もっと読む

放課後に死者は戻る

406
3.38
秋吉理香子 2014年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったけど、帯の煽り文句ほどではなかったな。どんでん返しの2つとも、結局は主人公の情報収集不足、というのがちょっと気に入らない。いくらなんでも普通に周... もっと読む

自殺予定日

322
3.35
秋吉理香子 2016年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レストランを営む両親のもと料理と風水と共に暮らして来た十六歳で友達のいない瑠璃が、父を毒殺した継母を自殺することで告発しようとするが、幽霊の裕章に止められ... もっと読む

絶対正義

300
3.53
秋吉理香子 2016年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めましての作家さん。 図書館の新着図書コーナーで手にしました。 『正義こそこの世で一番大切なもの』という高規範子。 高校時代からの友人、和樹、... もっと読む

サイレンス

224
3.53
秋吉理香子 2017年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人口三百人以下で信号機もない雪之島を離れアイドルのマネージャーをしている元アイドル志望の三十四歳の深雪が、都合の良い女から脱して両親に結婚の挨拶をして貰う... もっと読む

婚活中毒

222
3.43
秋吉理香子 2017年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

婚活をテーマにした短編集。 ミステリー仕立てです。どの話もどんでん返しがあざやか。話の内容はかなりえげつないというか、コンカツに必死というか、関係ない身... もっと読む

ジゼル

189
3.47
秋吉理香子 2017年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲劇のため封印されていた演目「ジゼル」が15年ぶりに復活公演決定。それに向けて準備が進むにつれてバレエ団のメンバーに次々と不可解な事件が起きる。そしてつい... もっと読む

機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

156
3.21
秋吉理香子 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポップな読み心地の連作ミステリ。どこかしら頼りない印象の副操縦士の間宮と、どこから見てもカッコよい氷室キャプテンとのコンビが素晴らしいです。あ、チャラい幸... もっと読む

猫ミス! (中公文庫)

102
3.27
新井素子 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫とミステリーの相性がいいのはその内面が謎に満ちている(何考えてるかわからん)からではないでしょうか。 アンソロジーなのでどれもミステリーとしては薄味です... もっと読む

鏡じかけの夢

97
3.32
秋吉理香子 2018年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鏡を前に、若く美しい女が髪を梳っていた。看護師の言葉にも、夫の言葉にも耳を貸さず、ただ鏡を見つめていた。女を世話する看護師は、いつしか彼女の夫に恋をしてし... もっと読む

放課後に死者は戻る (双葉文庫)

79
3.10
秋吉理香子 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 二女の薦めで読んだ本を学校の図書室に返しておいて~と頼んだだら、『これ、面白いよ』と差し出されたのがこれ。「死者は戻る」って…とほとんど心は動かなかった... もっと読む

ガラスの殺意

66
3.65
秋吉理香子 2018年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺人容疑で逮捕された、高次脳機能障害を持った女性。彼女の記憶は長時間保たれることがなく、したがって事件のこともまったく覚えていない。彼女自身の混乱と、捜査... もっと読む

聖母 (双葉文庫)

50
3.73
秋吉理香子 2018年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秋吉理香子『聖母』双葉文庫。 初読み作家。帯の『ラスト25ページ、世界は一変する。』の惹句に惹かれた。 成る程そういうことかと、まんまと作家の術中には... もっと読む

雪の花 (小学館文庫)

47
3.31
秋吉理香子 2009年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四作品共個性を楽しめた。特に離婚した父親と中学生の娘の「女神の微笑」が良かった。「そんなすぐに新しいお父さんと馴染めると思ってんの」と諸々吐き出す撫子が胸... もっと読む

Valentine Stories (中公文庫)

21
3.00
三羽省吾 2018年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バレンタインがテーマのアンソロジー。恋愛だけではなく、友情や憧れ、家族など、いろいろでした。 もっと読む

コミック版 暗黒女子(下)

18
2.50
秋吉理香子 2017年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画化するからといって期待してはいけない もっと読む
全62アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする