秋山聰のおすすめランキング

プロフィール

1962年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。哲学博士(フライブルク大学)。
現在東京大学大学院教授。専攻は西洋美術史。
主な著書に『デューラーと名声』(中央公論美術出版、第7回地中海学会ヘレンド賞/第2回日本学術振興会賞)、『西洋美術館』(共著、小学館)、『旅を糧とする芸術家』(共著、三元社)、『西洋美術の歴史』(共著、中央公論新社)、『転載と凡人の時代』(芸術新聞社)などがある。

「2018年 『聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山聰のおすすめランキングのアイテム一覧

秋山聰のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形 (講談社選書メチエ)』や『聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形 (講談社学術文庫)』や『天才と凡才の時代―ルネサンス芸術家奇譚』など秋山聰の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形 (講談社選書メチエ)

67
3.75
秋山聰 2009年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルは魅力的だけど、とりたてて新しい知識は得られなかった。 もっと読む

聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形 (講談社学術文庫)

17
3.67
秋山聰 2018年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらもボリュームとしてはやや物足ない感があった。 反面、内容はユニークで、特に聖遺物が不動産から動産化して移行は面白い。今で言う展覧会みたいなイベントが... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする