窪美澄のおすすめランキング

プロフィール

窪美澄(くぼ・みすみ)
1965年東京都稲城市生まれ。カリタス女子高等学校卒業。短大中退後、広告制作会社勤務を経て、出産後フリーランスの編集ライターとして働く。2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。
2011年、受賞作収録の『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。同作はタナダユキ監督により映画化され、第37回トロント国際映画祭に出品。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。2018年『じっと手を見る』で直木賞初のノミネート。

窪美澄の関連サイト

窪美澄のおすすめランキングのアイテム一覧

窪美澄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)』や『ふがいない僕は空を見た』や『晴天の迷いクジラ』など窪美澄の全95作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)

5120
3.59
窪美澄 2012年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

性なんて別に興味ないよーみたいな顔して生きていて、仲良しの女友達とも下ネタなんて話さないし、訊かないし、開けっぴろげにすること自体ないんだけど。お互いに踏... もっと読む

ふがいない僕は空を見た

4691
3.54
窪美澄 2010年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みんなきっと孤独だし、 強欲で異常でおかしい。 それでもみんな必死に 生きてるから成り立ってるんだ。 救いようのない状況で生きよう とする登場人物た... もっと読む

晴天の迷いクジラ

2717
3.74
窪美澄 2012年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとつ前に読んだ「ファミリーポートレイト」をひきずっちゃうなぁ。 コマコほどではないにしろ、恐ろしい母の呪い、痛々しい心の叫びが重なります。 母親... もっと読む

水やりはいつも深夜だけど

1266
3.78
窪美澄 2014年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とある高級住地に住む5組の家族の物語。 共通するのは同じ幼稚園に通う幼い子供がいることと、それぞれが内に秘めた悩みを抱えていること。 子供が生まれ... もっと読む

よるのふくらみ

1158
3.83
窪美澄 2014年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ありていに言えば陳腐な話である。 一人の女性と彼女を好きになった兄弟の三角関係の話なんて少女漫画かメロドラマみたい。 とはいえ、使い古されたストーリー... もっと読む

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)

1036
3.88
窪美澄 2014年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本って、本当に良いものだなと思った。 本を読んでいると、この主人公のような体験をしてみたいと思うことがある。 遊園地や水族館、花火大会、旅行、... もっと読む

さよなら、ニルヴァーナ

994
3.46
窪美澄 2015年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直読まなければ良かった。『絶歌』だって絶対読むまいと誓っているのになんで読んでしまったのか。 デビュー作から全て追ってきている窪さんがどうこの事件と向... もっと読む

雨のなまえ

931
3.30
窪美澄 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雨のなまえ・・・というと、想い出すものは狐の嫁入りとか霧雨、小糠雨、小夜時雨・・日本は雨の呼び方(名前・種類)が多い気がする。しかも響きも字面も美しい。本... もっと読む

よるのふくらみ (新潮文庫)

885
3.66
窪美澄 2016年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あぁ人間臭いなぁ…と、まず感じた。 基本的にはみんな自分が一番大事で、自分の気持ちに正直になることで誰かを傷つけたりして、そのくせ変に気を遣い合ったりも... もっと読む

アニバーサリー

790
3.75
窪美澄 2013年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

窪さんの新作が出ると聞きつけ、我こそはと図書館に予約。 その甲斐あって一番に回ってきた。 予想に違わず、すばらしい作品だった。 どうしてもこれほどま... もっと読む

クラウドクラスターを愛する方法

736
3.17
窪美澄 2012年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浮気を繰り返す父と、そんな父をかばう同居の伯母から逃げ出し、家を出た母。 そんな母と十数年ぶりに再会するも、なんだかしっくりこない関係、 恋人とは結婚... もっと読む

やめるときも、すこやかなるときも

655
3.77
窪美澄 2017年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年に一度、声が出なくなってしまう家具職人・壱晴。 その理由とは…─── 高校時代に亡くした大切な人を忘れられない壱晴。 家族のために働き続けて、... もっと読む

アカガミ

509
3.18
窪美澄 2016年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも近未来。 窪さんだからやっぱり生と性。 設定は悪くないけどタイトルがそもそもダメ。 「アカガミ」なんて聞いたら不穏でしょ、普通。 あと数十年... もっと読む

じっと手を見る

409
3.62
窪美澄 2018年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近年、日本では高齢化社会が進み介護職の需要が高まり つつあるが現実では慢性的な人手不足である。 キツイ、汚い、危険。所謂3Kと呼ばれる仕事の代表格である仕... もっと読む

水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)

386
3.86
窪美澄 2017年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜかいつも手に取ってしまう窪美澄さんの本。 ぐっと引き寄せられる本のタイトル。 今回は 「水やりはいつも深夜だけど」 わたしはセレブママに見られたい主... もっと読む

恋の聖地: そこは、最後の恋に出会う場所。 (新潮文庫)

368
3.30
原田マハ 2013年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋の聖地シリーズ?最新刊が良かったのでこちらも。 予想に反して重い話が多かった。 もっと軽く楽しめるかと思ったんだけど・・・。 私がよく読むのは... もっと読む

アニバーサリー (新潮文庫)

355
3.86
窪美澄 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり窪美澄さんは上手い。 読んだ後、今回も号泣でした。 物語の主人公は75歳にしてマタニティースイミングのインストラクターを務める晶子と、彼女のクラ... もっと読む

恋愛仮免中 (文春文庫)

340
3.44
奥田英朗 2017年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奥田英朗の小説が読みたくてググったら出てきたアンソロジー。 日本の文芸界の最先端を駆ける5人の共演は、美しい交響曲のようだった。 「あ... もっと読む

すみなれたからだで

333
3.45
窪美澄 2016年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デビュー後から現在まで、窪美澄さんの魅力全開の短篇集!めっちゃよかった!!読み終わって、またすぐ読み返したくなる! いろいろな時代、いろいろな年代の... もっと読む

あのころの、 (実業之日本社文庫)

305
3.29
窪美澄 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彩瀬まるさん以外は全員、読んだことある作家さんばかりのアンソロジー。でもテーマのせいか、それぞれ別の作品の方がその方らしさを活かせていた気が。 吉野さん... もっと読む
全95アイテム中 1 - 20件を表示

窪美澄に関連する談話室の質問

ツイートする