立川談志のおすすめランキング

プロフィール

落語家、落語立川流家元。1936年、東京に生まれる。本名、松岡克由。小学生のころから寄席に通い落語に熱中する。16歳で五代目柳家小さんに入門、前座名「小よし」を経て18歳で二つ目となり「小ゑん」。27歳で真打ちに昇進し「五代目立川談志」を襲名する。1971年、参議院議員選挙に出馬し全国区で当選、1977年まで国会議員をつとめる。1983年、落語協会と対立し脱会、落語立川流を創設し家元となる。2011年11月21日、逝去。享年75。
著書には『現代落語論』(三一新書)、『談志百選』『談志人生全集』全三巻、『立川談志遺言大全集』全十四巻(以上、講談社)、『談志絶唱 昭和の歌謡曲』『談志絶倒 昭和落語家伝』(以上、大和書房)、『談志 最後の落語論』『談志 最後の根多帳』(以上、梧桐書院)、『立川談志自伝 狂気ありて』(亜紀書房)、『談志が遺した落語論』(dZERO)などがある。

立川談志のおすすめランキングのアイテム一覧

立川談志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『現代落語論 (三一新書 507)』や『人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)』や『談志 最後の落語論』など立川談志の全180作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

現代落語論 (三一新書 507)

301
3.68
立川談志 1965年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語について、この本が入門になった。と何年後かに言うことになる気がする。 もっと読む

人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)

235
3.73
立川談志 2010年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

惜しい人を亡くしたとつくづく思う。爆笑必至の一冊。 もっと読む

談志 最後の落語論

225
3.69
立川談志 2009年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルは『談志最後の落語論』ですが、この本には我々が求めているような、落語に関する答えは書かれていません。 読み手も、ある程度落語に触れていないとわか... もっと読む

ひんやりと、甘味 (おいしい文藝)

179
3.18
阿川佐和子 2015年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンソロジーは本当は苦手だ。まったく頭に入らず眠くなってしまう。 でも、こうも毎日暑いと、本にもひんやりさを求めてしまった。 「おいしい文藝」は他にも... もっと読む

談志楽屋噺 (文春文庫)

130
3.58
立川談志 1990年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代は古いが談志さんの落語界の裏事情をあの語り口そのまま文字起こししたかのような文章。 当時、交流のあった噺家達とのエピソードの数々。近年のような縮こまっ... もっと読む

最後の大独演会

111
3.56
立川談志 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単なる対談の記録。そして、語られるエピソードもどこかで聞いたことのあるものが多いが、それでいい。浅草の、昭和の残り香が懐かしく、ただただ愛おしい。 もっと読む

新釈落語咄 (中公文庫)

109
3.41
立川談志 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★★★★★ 古典(落語)を解釈する、とはこういうことだったのか。 僕は決して落語に明るい方ではないが、落語に古典と新作があるくらいのことは知っ... もっと読む

立川談志自伝 狂気ありて

91
3.50
立川談志 2012年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立川談志さんが好きな方にはよい本だと思います。 ただ、毒っ気が多い本なので、この毒が合わない人にしてみれば全く評価できない本だと思います。 タイトルに偽り... もっと読む

人生、成り行き―談志一代記

82
3.69
立川談志 2008年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この人」はと思う人を しっかり語り継ぐ ただ、もうそれだけで 大切な「一つの芸」だと思う 吉川潮さん お見事! もっと読む

立川談志 まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業" (竹書房文庫)

80
3.73
立川談志 2015年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まくらをが書かれているはずなのだけど覚えていない もっと読む

遺稿

78
3.55
立川談志 2012年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、あまり面白くない、、、ファンとしてはつらいが。 もっと読む

談志 最後の根多帳 (談志最後の三部作 第二弾)

76
3.94
立川談志 2010年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家元のネタは200以上あるのに、意外にオオネタもやっていないのですね。それも、圓生、文楽、小さん、志ん生、志ん朝らへの配慮から。下ネタや障害者をネタにした... もっと読む

談志の落語 一 (静山社文庫)

75
4.13
立川談志 2009年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「落語とは人間の業の肯定である」ーー不世出の天才落語家にして立川流家元、五代目立川談志。 家元自ら筆を執った「書いた落語」。 一つ一つの話ごとに解... もっと読む

談志絶倒 昭和落語家伝

69
3.71
立川談志 2007年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田島謹之助氏の写真がいい。談志の語り口は余り好きではないので、懐かしい落語家さんの写真集として楽しんだ。 登場する落語家・・・圓生、柳好、三木助、分楽、... もっと読む

世間はやかん

65
3.14
立川談志 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とにかく言葉の達人 もっと読む

あなたも落語家になれる―現代落語論其2

53
3.82
立川談志 1985年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語は人間の業を肯定する一人芝居、というキャッチに惹かれて読んだ。落語の受け入れられ方が昔から今までどう変わったのか、今の落語家は何をするべきか。元が19... もっと読む

対談の七人

52
3.46
なぎら健壱 2000年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい もっと読む

新釈落語噺〈その2〉 (中公文庫)

49
3.39
立川談志 2002年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立川流の真髄を探るにふさわしいネタ本。 談志の古典への解釈の深さを感じられる。 この本で立川談志落語論として 得たビッグマップは以下のものだ。 大きな... もっと読む

立川談志 まくらコレクション 夜明けを待つべし (竹書房文庫)

49
3.64
立川談志 2015年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

談志ファンとして人後に落ちないと自負している自分。 アマゾンで本書が出ていることを知って、1・7秒後には購入手続きを始めていました。 何がすごいって、... もっと読む
全180アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする