立松和平の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

小説家。1947年、栃木県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞受賞。宇都宮市役所に勤務の後、1979年から文筆活動に専念。1980年『遠雷』で野間文芸新人賞、1997年『毒——風間・田中正造』で毎日出版文化賞受賞。行動派作家として知られ、近年は自然環境保護問題にも積極的に取り組む。

「2006年 『ブッダの道の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立松和平の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

立松和平の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『つやつや、ごはん (おいしい文藝)』や『アンソロジー ビール』や『アンソロジー そば』など立松和平の全459作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

258
3.15
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

アンソロジー ビール

246
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

アンソロジー そば

141
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

光の雨 (新潮文庫)

111
3.38
立松和平 2001年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"やらぬお馬鹿に続けるお馬鹿" 当時、こんな言葉があったと聞いた。 大学に入ったら、学生運動は当然やるもの。 4年になったら、当然止めて、就職活... もっと読む

山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)

98
3.48
立松和平 1990年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

息子(小6)、夏のチャレンジ読書候補の本。 もっと読む

親鸞と道元

80
3.88
五木寛之 2010年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【仏教がわかる】  五木寛之は、新聞で小説『親鸞』を連載中、立松和平は小説『道元禅師』を2007年に出版しています。立松が62歳で急逝したため最後の対談... もっと読む

海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))

73
3.78
立松和平 1992年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たしか道徳か国語の教科書に載っており、衝撃を受けました。 その後絵本を手に入れ、何度もなんども読み返し、海に憧れ、図工の時間には真似して絵を描き… 創作か... もっと読む

道元禅師〈上〉 (新潮文庫)

72
3.88
立松和平 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まずは上巻。宇治市の木幡に知人がいるので、とても親しみ深く読んでおりました。 あと、鎌倉仏教に関連する読み物だと、重源の名前が存外出てきまする。 もっと読む

道元禅師〈中〉 (新潮文庫)

47
3.92
立松和平 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本に帰国。中巻ではまだ永平寺には行かれていません。 上巻では色んな書物の名前や引用がたくさんたくさん出てきたのですが、中巻になると座禅のことが多くなっ... もっと読む

道元禅師〈上〉大宋国の空

46
3.64
立松和平 2007年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知人に貰った本 とりあえず上巻 難しいと言われたが 禅と道元に興味があったので 滞りなく読めた ひろさちやの本を読んで いたのか良かったかな この... もっと読む

道元禅師〈下〉 (新潮文庫)

45
3.73
立松和平 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時頼とのやりとりに、涙せずにはおられなんだ。嗚呼、本棚に、手が吸い付くようにのびた、その本で泣けるなんて幸せだ。 ただし、会社の昼休みだったので困った。 もっと読む

鬼のかいぎ―新・今昔物語絵本

44
3.57
立松和平 2011年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだこれ? 伝えたい事は理解できるけど、伝え方が上手くないよね。 絵はなかなかの迫力でした。 もっと読む

道元禅師 下

42
3.85
立松和平 2007年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「二十七 鎌倉へ」の 北条時頼とのやり取りは圧巻 P543 永遠の真理を説く仏法にくらべれば、 諸行無常にさらされた権力など 虚しいものであ... もっと読む

とんぼの本やさしい「禅」入門

41
3.07
立松和平 2004年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入門書として網羅的であり正統的。解説が南直哉師なので理路整然。編集者が勉強してきちんと取り組んでいることがわかり好感がもてる。 もっと読む

遠雷 (河出文庫 132A)

33
3.63
立松和平 1983年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

肉体的な、因習的な、血縁的な、そんな農村を駆逐していく金銭的な、見栄的な、装飾的な都市化の波。わかりやすくいうとそういうことなのだろうと思う。それを実に、... もっと読む

光の雨

30
3.20
立松和平 1998年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立松和平著【光の雨】読了。先に映画を見て、知った作品だったけど、原作を知りたくて読むことに。連行赤軍の取材を通じ、山岳拠点で行われたリンチ事件後をテーマに... もっと読む

伊勢発見 (新潮新書)

29
2.93
立松和平 2006年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紀行・史実・神話など様々な角度から、伊勢(と熊野)を語っているエッセイ。直接伊勢に関しない部分もあったりして、ちょっと雑然とした感じ。伊勢が嫌いになるわけ... もっと読む

法隆寺の智慧 永平寺の心 (新潮選書)

27
3.83
立松和平 2003年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

永平寺は行ったことがなく、法隆寺は観光でしか行ったことがないけれど、この本を読んだ上で訪れたいと思った。正法眼蔵、読んでみたくなったけれど、お手ごろな本は... もっと読む
全459アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする