竹内洋のおすすめランキング

プロフィール

1942年、東京都生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学大学院教育学研究科教授などを経て、現在、関西大学東京センター長。関西大学名誉教授・京都大学名誉教授。教育社会学・歴史社会学専攻。著書に『日本のメリトクラシー』(東京大学出版会、第39回日経経済図書文化賞)、『革新幻想の戦後史』(第13回読売・吉野作造賞)『清水幾太郎の覇権と忘却』(ともに、中公文庫)、『社会学の名著30』(ちくま新書)、『教養主義の没落』『丸山眞男の時代』(ともに、中公新書)、『大衆の幻像』(中公公論新社)、『立志・苦学・出世』(講談社学術文庫)など。

「2018年 『教養派知識人の運命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内洋のおすすめランキングのアイテム一覧

竹内洋のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)』や『社会学の名著30 (ちくま新書)』や『丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)』など竹内洋の全54作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

722
3.46
竹内洋 2003年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教養主義とは「人文学の読書を中心にした人格の完成を目指す態度」だそうだ。戦前戦後の教養主義や、旧制高等学校の雰囲気、教養主義といわれる学生の読書傾向、岩波... もっと読む

社会学の名著30 (ちくま新書)

408
3.51
竹内洋 2008年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常に面白かった。"知っている"はずの事を別の視点から見て別のもののように映った時の知的興奮。それがあるから科学はやめられない、止まらない。 もっと読む

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)

183
3.46
竹内洋 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「普遍的知識人」としての丸山眞男の思想史的な位置を、戦中から戦後にかけての日本社会における文化資本をめぐる状況の推移のなかで検討しています。 前半は、狂... もっと読む

革新幻想の戦後史

137
3.58
竹内洋 2011年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書の帯には「左派にあらざればインテリにあらず、という空気はどのように醸されたのか」とある。確かにこれが本書の主題であり、それはそれで興味深く読んだのだが... もっと読む

アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

89
3.88
アキ・ロバーツ 2017年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:アキ・ロバーツ 著者:竹内 洋 【書誌情報+紹介文!】 ISBN:9784022737038 定価:886円(税込) 発売日:20... もっと読む

大学の下流化

87
3.00
竹内洋 2011年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文系の目から見た大学の質の低下が、学生だけではなく教員にも構造的にあることを指摘した本書。 なるほど一般の大学でも同じような問題があるのかと納得した。 ... もっと読む

学問の下流化

86
3.57
竹内洋 2008年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつては新書を書くようでは学者ではない、と言われた。1960年代までの日本の社会はどうしようもかったんだろうな。暗くてダサい社会的不適応者の収容所が大学院... もっと読む

立志・苦学・出世-受験生の社会史 (講談社現代新書)

79
3.41
竹内洋 1991年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治以降の「受験」を取り巻く社会的環境の変遷を、歴史的にたどった本です。 福沢諭吉の『学問のすすめ』やスマイルズの『西国立志編』の影響のもとに、勉強... もっと読む

日本のメリトクラシー―構造と心性

63
3.92
竹内洋 1995年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】 目次 [i-iv] はじめに [001-008] 第一部 分析視角 1章 伝統的アプローチ――機能理論・葛藤理論・解釈理論 011 ... もっと読む

大衆の幻像

60
3.00
竹内洋 2014年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分史をエッセー風に盛り込みつつ、ポピュリズムに斬りかかる。言いたいことは分かるけど、じゃあどうなの、の先がない。 もっと読む

大学という病―東大紛擾と教授群像 (中公文庫)

54
3.42
竹内洋 2007年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ぼくらの頭脳の鍛え方』 書斎の本棚から百冊(佐藤優選)98 歴史についての知識で、未来への指針を探る 東京帝国大学経済学部の内部紛争を大森義太夫助教授を... もっと読む

日本の近代 12 学歴貴族の栄光と挫折

50
3.53
竹内洋 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中公新書の「教養主義の没落」の前段階らしい。先に新書の方を読んだので、これから読むところ(何 もっと読む

革新幻想の戦後史 上 (中公文庫)

45
4.50
竹内洋 2015年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あとがき後の解説にあるように、本書は革新幻想の時代下における著者の信仰告白である。信仰の原風景ともいえる佐渡の有田八郎と北昤吉の生き方から革新幻想の始まり... もっと読む

パブリック・スクール―英国式受験とエリート (講談社現代新書)

44
3.36
竹内洋 1993年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

苅谷さんの「大衆教育社会のゆくえ」のしたじきになってる本の一つ。これでまたハマータウンへの予備知識が増えたという感じ。Aレベル試験の難易度は日本の大学生で... もっと読む

革新幻想の戦後史 下 (中公文庫)

37
4.40
竹内洋 2015年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本で既読。 もっと読む

メディアと知識人 - 清水幾太郎の覇権と忘却

34
4.14
竹内洋 2012年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや面白かった。思わず筆写してしまったフレーズ連発の傑作評伝であった。 もっと読む

学校と社会の現代史 (放送大学叢書)

30
3.80
竹内洋 2011年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高知大学OPAC⇒ http://opac.iic.kochi-u.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?isbn_issn=49035006... もっと読む

立志・苦学・出世 受験生の社会史 (講談社学術文庫)

29
4.00
竹内洋 2015年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】 はじめに [003-006] 目次 [007-010] 第一章 受験生の一日──明治四〇年七月九日 013 第一高等学校入試会場/英... もっと読む

日本のメリトクラシー 増補版: 構造と心性

24
5.00
竹内洋 2016年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹内 洋『日本のメリトクラシー ――構造と心性 増補版』 【書誌情報+内容紹介】 ISBN 978-4-13-051141-4 発売日:2016... もっと読む
全54アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする