竹内薫のおすすめランキング

プロフィール

科学作家。1960年、東京生まれ。筑波大学附属高等学校卒業後、東京大学教養学部教養学科卒業(専攻、科学史・科学哲学)。その後同大理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻、高エネルギー物理学理論)。理学博士(Ph.D.)。NHK Eテレ「サイエンスZERO」ナビゲーター、フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」解説担当など、テレビやラジオで活躍。現在は2016年4月に開校した「YES INTERNATIONAL SCHOOL」の校長として、学校経営にも奔走している。

「2017年 『子どもが主役の学校、作りました。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内薫のおすすめランキングのアイテム一覧

竹内薫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)』や『ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~』や『理系バカと文系バカ (PHP新書)』など竹内薫の全286作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)

3944
3.37
竹内薫 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

科学というものの不完全さ すいすい読めるんだけど例え話がぴんとこないのばかりで「??」となってしまった タイトルの、99.9%は仮説、で、ほぼ話が済んでる... もっと読む

ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~

1309
3.66

感想・レビュー

帯にあるように「大人が読んでも面白い」。いや、大人になった今だからこそ読むべき本だと思う。 まえがきこそ、16歳向けに語り掛けられるように書かれているが... もっと読む

理系バカと文系バカ (PHP新書)

867
3.31
竹内薫 2009年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1章は理系雑学集、第2章以降は科学の現状への警告といった構成でした。 タイトルは『理系バカと文系バカ』ですが、内容は「理系人間から見た文系バカ」といった... もっと読む

シュレディンガーの哲学する猫 (中公文庫)

738
3.47
竹内薫 2008年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは何年後かにもう1回読む。 サン=テグジュペリの章とか、面白いところもあったけれど基本的に難しかった。 読みにくいと感じたのは、私の読解力が足りないの... もっと読む

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)

343
3.01
竹内薫 2017年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一概に頭の良い人、教養のある人とは、どのようなひとをさすのであろうか?その蓄積された知識を役に立たせるためには、他者にどのようにして伝えるか?のスキルが大... もっと読む

体感する数学

316
3.09
竹内薫 2013年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"数学の世界を日常生活の現状にたとえて、その概念をなんとなく理解させてもらえる本。 ラジアンとは、角度を測るもので、円の周り孤で計るもの。孤度とも言われて... もっと読む

不完全性定理とはなにか (ブルーバックス)

290
3.28
竹内薫 2013年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・佐藤優「1000冊」で。 【期待したもの】 ・ 【要約】 ・ 【ノート】 ・ もっと読む

脳のからくり (新潮文庫)

289
3.30
竹内薫 2006年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は元々2003年に執筆されたものなので、脳科学の最新情報は含まれていないようだが、ベーシックな知識がやさしく解説されていて分かりやすかった。 もっと読む

数学×思考=ざっくりと いかにして問題をとくか

288
3.35
竹内薫 2014年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、数学者ポリア「いかにして問題を解くか」の発想法にヒントを得て、理系学者だけでなく文系の読者やビジネスマンにまで、日常生活や仕事上の問題を解決する... もっと読む

バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)

280
3.67
竹内薫 2009年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済学というよりは日本社会のおおまかな仕組みを暴露する啓蒙書。現在の閉塞感がどこから来ているかが説明されている。現状のルールで何とかするには投票により政治... もっと読む

素数はなぜ人を惹きつけるのか (朝日新書)

279
3.37
竹内薫 2015年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素数とは何かはもちろん知っているし、その特殊性とか最大値の発見が競われてることもなんとなくわかる。その上で、(特に理系の人が)わざわざこうした数字にこだわ... もっと読む

超ひも理論とはなにか―究極の理論が描く物質・重力・宇宙 (ブルーバックス)

257
3.24
竹内薫 2004年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半はわかりやすかった。後半は高次元あたりから全くわからん。二度、三度と読んでみたい。現状星3。 とりあえず、ドラえもんの四次元ポケットの中は間違いなく... もっと読む

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本 (河出文庫)

253
3.33
竹内薫 2015年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バカがいるのではない、バカはつくられるのだ! 人気サイエンス作家が、バカをこじらせないための秘訣を伝授。学生にも社会人にも効果テキメン! カタいアタマをと... もっと読む

鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)

223
3.65
高橋洋一 2009年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読む意味ない。鳩山さん、いつまでマスコミに出るつもり。もう、迷惑 もっと読む

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本 (14歳の世渡り術)

217
3.46
竹内薫 2013年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 14才向けの本だけれど、実に読んで「あー」ってなった。  確かに自分で自分のことをバカだと思えば「出来ないこと」が「当たり前」となるから努力しなくなる... もっと読む

思考のレッスン

203
3.21
竹内薫 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大半は竹内薫のエッセイ。後半1/3位が茂木健一郎との対談。二人は東大物理学科の同級生だったという。その中での「落ちこぼれ」「異端児」だったが故に境界人とし... もっと読む

怖くて眠れなくなる科学

195
3.28
竹内薫 2012年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聞いたことのある内容も幾つか読み進めて行くうちに見つかったりして面白く楽しくぞっとした。 図書館借覧だが近いうちに購入したい。 もっと読む

世界が変わる現代物理学 (ちくま新書)

181
3.32
竹内薫 2004年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20世紀の顕著な物理学的発見である相対性理論と量子力学についての基本的な説明から,最先端のループ量子重力理論までを分かりやすく説明した一冊. 全体の流れ... もっと読む
全286アイテム中 1 - 20件を表示

竹内薫に関連する談話室の質問

ツイートする