竹田恒泰のおすすめランキング

プロフィール

昭和50年(1975)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。平成18年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。令和3年(2021)には第21回正論新風賞を受賞。著書はほかに『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『日本人はなぜ日本のことをよく知らないのか』『日本人はいつ日本が好きになったのか』『日本人が一生使える勉強法』『アメリカの戦争責任』『天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか』『日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか』(以上、PHP新書)、『現代語古事記』(学研プラス)、『決定版 日本書紀入門』《久野潤氏との共著》』、『なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか《門田隆将氏との共著》』(以上、ビジネス社)など多数。

「2023年 『日本のどこが好きですか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田恒泰のおすすめランキングのアイテム一覧

竹田恒泰のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)』や『日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)』や『現代語古事記』など竹田恒泰の全158作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)

2756
3.47
竹田恒泰 2010年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすい内容で日本が世界と比べてどのような面が秀でているのかがわかります。 自国を知ることとは同時に世界をよく知るためには必要なことだと思います。 ま... もっと読む

日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)

1358
3.59
竹田恒泰 2011年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の成り立ちについて 〇では日本の建国はいつなのか。正式な歴史書である正史『日本書紀』によれば、初代神武天皇の橿原宮(奈良県橿原市)での即位が我が... もっと読む

現代語古事記

1173
4.02
竹田恒泰 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫版を買おうかどうか迷っていた矢先に、図書館で見つけました。 明治天皇の玄孫でもある著者の竹田さんが、 わかりやすい解説とともに『古事記』の全体... もっと読む

日本人が一生使える勉強法 (PHP新書)

635
3.64
竹田恒泰 2014年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹田恒泰氏、自身の行き方が序盤に書いてあり、非常に面白かったです。日本人らしさ前回の勉強論(?)が書かれており、参考になるところもありました❗ もっと読む

日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書)

559
3.64
竹田恒泰 2013年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史と神話を共有することは大事。 カルタゴは経済だけに走り、国がなくなった。 攻める側は、一点に戦力を集中できるが、 守る側は分散してし... もっと読む

天皇の国史

512
4.10
竹田恒泰 2020年8月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本は天皇の知らす国。 いい言葉かも。(もちろんそれだけとは言い切らないけども) 天皇が”象徴”になったのは戦後からだと思い込んでたけど、天皇はずっと象徴... もっと読む

古事記完全講義

400
4.23
竹田恒泰 2013年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『現代語古事記』をテキストに、著者が行った講義をまとめたもの(DVD版の講義録もあり、その書籍化とも言える)。 『現代語古事記』は現代語訳した文章と... もっと読む

旧皇族が語る天皇の日本史 (PHP新書)

380
3.61
竹田恒泰 2008年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分かりやすく、ざっくり日本の歴史が知れます。最初に日本神話が説明されますが、神様の名前にルビが振っていないため誰が誰だか分からなくなりました。 著者自身旧... もっと読む

現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫 た 30-1)

332
3.74
竹田恒泰 2013年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日数十年ぶりに奈良を訪れ、若い時には感じなかった歴史の深さと自分の無知さ無関心さにようやく気づいて手に取った。 著者の言う通り神々のお名前は覚えずどん... もっと読む

アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む (PHP新書)

292
3.97
竹田恒泰 2015年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争責任と言うと、戦争を起こした側、第二次大戦で言えば枢軸国側の責任と捉えられる。しかし本当にそれだけなのだろうか?人類の歴史の中では、往々にして戦争に勝... もっと読む

語られなかった 皇族たちの真実 (小学館文庫 た 15-1)

249
3.86
竹田恒泰 2011年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか興味深い内容だった。 戦時中の話は読み飛ばしてしまったが、天皇制について色々考えるきっかけになった。 皇統は男子が受け継ぐべきという著者の主張はよ... もっと読む

面白いけど笑えない中国の話

244
3.36
竹田恒泰 2013年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巷に出回っている中国の暴露本なのか、真実を伝えているのかは現時点(2013.10)では私には判断できませんが、中国人のお友達も多くいて中国語を理解できる、... もっと読む

怨霊になった天皇 (小学館文庫 た 15-2)

243
3.65
竹田恒泰 2011年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「怨霊は生者がつくるもの」 竹田さんの本は初めて読んだけど、テレビのイメージと違って(笑)落ち着いた本だった。私に歴史の知識が浅くて、当たり前に語られる歴... もっと読む

皇室へのソボクなギモン

218
3.45
辛酸なめ子 2007年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気にしなければ知ることもない、皇室のあれこれについて、垣間見ることができる本。宮中に仕える人の中には、世間の一般人にはとても真似できないようなしきたりもあ... もっと読む

語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」

209
3.61
竹田恒泰 2005年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ、皇統は男系にこだわらなければいけないのか? その最たる理由は皇統の男系継承は2000年の伝統がある、ということに尽きる。 これだけ長い間... もっと読む

笑えるほどたちが悪い韓国の話

204
3.47
竹田恒泰 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漢字を発明したのは韓国人 中国四大発明の一つ活版技術を韓国の発明としてユネスコ登録2001年 イギリス人は韓国人の子孫 祇園祭は韓国起源 ・韓国中央日報... もっと読む

怨霊になった天皇

193
3.45
竹田恒泰 2009年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みました。 「怨霊」というものを題材にした視点はよかったと思います。 ただし、「論説」として読んでみると、明らかに稚拙な部分が目に付きます。... もっと読む

現代語古事記 ポケット版

187
3.70
竹田恒泰 2016年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

超、読み辛いんだけど。現代語訳でこれだもんねぇ~天之御中主神から推古天皇まで~明治天皇の玄孫の竹田さんだから、生々しい内容も気安く書けるのかも知れない。ご... もっと読む

決定版 日本書紀入門――2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る

184
3.38
竹田恒泰 2019年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旧皇族の竹田恒泰氏と、近現代日本の政治外交等を専門分野とする久野潤氏の対話形式による、日本書紀の入門書。 日本書紀に限らずに古典に触れる機会が大人になるに... もっと読む

日本の礼儀作法~宮家のおしえ~

170
4.00
竹田恒泰 2015年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出来てねえなあ。 親から昔微かに教わったこともあるが、子供たちに伝えられてない。大反省。 せめて、箸の上げ下げといただきます、ご馳走様、んで、皇室への敬語... もっと読む
全158アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×