竹田青嗣のおすすめランキング

プロフィール

1947年、大阪府生まれ。哲学者。早稲田大学名誉教授。著書に『哲学とは何か』『欲望論(全2巻)』『超解読!はじめてのフッサール『現象学の理念』』『自分を知るための哲学入門』『現象学入門』など多数。

「2020年 『現象学とは何か 哲学と学問を刷新する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田青嗣のおすすめランキングのアイテム一覧

竹田青嗣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ニーチェ入門 (ちくま新書)』や『自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)』や『現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)』など竹田青嗣の全130作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ニーチェ入門 (ちくま新書)

1452
3.61
竹田青嗣 1994年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀ドイツの思想家、F.ニーチェの解説書です。初版は1994年、良書が多いちくま新書のなかでもロングセラーではないでしょうか。とある講座の参考図書とし... もっと読む

自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

970
3.66
竹田青嗣 1993年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校時代、倫理をとっていたのだけれど、その始まりが「世界の万物は〜」というところで「なんで?」となっていた自分にとって哲学の枠組みが見えて面白かった。内的... もっと読む

現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)

726
3.59
竹田青嗣 1992年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹田青嗣の一連の哲学入門書は、これまで僕が少なからず当たってきた同種の本に比べてダントツで面白い。 竹田の書き方は、対象となるある学問のいわゆる客観... もっと読む

中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)

607
3.85
竹田青嗣 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生向けなので、なるべく平易な言い回しで哲学を語っている。ただ、決め打ちが多く、参考文献や引用文献の記載が巻末にないので調べるのが面倒(笑) 宗教、経済... もっと読む

現象学入門 (NHKブックス)

541
3.76
竹田青嗣 1989年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知的(?)興奮が欲しくなると、手に取る本。その度に、興奮させられる本です。 僕の知的レベルでは、フッサールの原著(勿論、翻訳もの!)には、到底タチウチで... もっと読む

超解読! はじめてのヘーゲル『精神現象学』 (講談社現代新書)

333
3.49
竹田青嗣 2010年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なるほど、わからん!! 精神現象学をこの上なく理解しやすく説明してくれてるのはわかったけど、それでもわからないのは僕の理解力がないからか。さすがヘーゲル語... もっと読む

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)

266
3.75
竹田青嗣 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カントの『純粋理性批判』の内容を著者がわかりやすく語りなおし、随所で補足説明をおこなっている入門書です。 本書の解説でとくに優れているように思ったの... もっと読む

超解読! はじめてのフッサール『現象学の理念』 (講談社現代新書)

259
3.37
竹田青嗣 2012年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「はじめての」と題されるだけあって、難解なフッサールの『理念』が誰にも分かると言って差し支えのない平易な言葉で説明されていると思う。(とはいえ、雑に読んで... もっと読む

プラトン入門 (ちくま新書)

251
3.37

感想・レビュー

ずっとベッドサイドにありながら読めなかった本。プラトンの著作とニーチェなど近代哲学者の評価を対比しつつ、イデアについて再評価している。フッサールの本質直観... もっと読む

哲学ってなんだ―自分と社会を知る (岩波ジュニア新書)

229
3.59
竹田青嗣 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代での哲学の問題点を知りたく読了. 問い「哲学ってなんだ」に著者が応答します. 古代から近代までの哲学の趨勢が書かれています. 第3章では哲学の弱点もわ... もっと読む

知識ゼロからの哲学入門

204
3.67
竹田青嗣 2008年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学の試験勉強用に借りたが、驚きの内容の薄さ。逆に薄すぎて相互の関連などで意味わからない箇所あり。手に取りやすいとは思う。 もっと読む

現象学は思考の原理である (ちくま新書)

203
3.65
竹田青嗣 2004年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016.1.27 フッサールの提唱した現象学によると、我々にとっての世界像、価値観には、絶対の客観的な解など存在しない。かくれんぼで考えると、主観的には... もっと読む

はじめての現象学

184
3.43
竹田青嗣 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『現象学入門』(NHKブックス)と同じく現象学の入門書ですが、『現象学入門』がある程度までフッサール自身の議論にそくして話が進められていたのに対して、本書... もっと読む

竹田教授の哲学講義21講―21世紀を読み解く

155
3.71
竹田青嗣 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真実などない、とか、難しいから価値があるといったよくある哲学に対する誤解を解くとともに、本質をつかみ出す思考をどう組織するかについて示唆に富む。 あまり... もっと読む

ハイデガ-入門 (講談社選書メチエ)

152
3.49
竹田青嗣 1995年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017.8.28 私は竹田青嗣さんの哲学が素晴らしいと思っている人間であり、竹田さんはニーチェ、フッサール、ハイデガー、バタイユ、岸田秀などから影響を... もっと読む

高校生のための哲学・思想入門 哲学の名著セレクション (教科書関連)

147
4.44
竹田青嗣 2014年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生のためのとあるが、社会人の自分が読んでも、 なかなかどうして、手強い。 「解読」をたよりに、何とか読み進めた。 しかし、深く考えながら読むのは... もっと読む

完全解読 ヘーゲル『精神現象学』 (講談社選書メチエ)

134
3.50
竹田青嗣 2007年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書を読むのは何回目か。3回目?途中で断念したのを数えるともっとか。ヘーゲルは難しい。最初は本当にチンプンカンプン。解説書を読んでもチンプンカンプン。よう... もっと読む

人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義 (ちくま新書)

128
4.12

感想・レビュー

『ヘーゲルを超えるヘーゲル』でよくわからなかったところが読み取れて勉強になった。 自由を追い求めて行き着いた先が、なぜ収容所と粛清になってしまったの... もっと読む

哲学とは何か (NHK BOOKS)

120
4.18
竹田青嗣 2020年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学の課題を「認識の謎」「存在の謎」「言語の謎」の3つに整理し、ニーチェとフッサールの思想をベースにして、3つの謎に対する答えを誰でもわかりやすく解説した... もっと読む

完全解読 カント『純粋理性批判』 (講談社選書メチエ)

115
3.50
竹田青嗣 2010年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「純粋理性批判」を一通り読み終え、なんとなくわかったかな、というところでこの本で再整理。いわゆる「超訳」というのか、著者らの解釈を元にオリジナルを完全に... もっと読む
全130アイテム中 1 - 20件を表示

竹田青嗣に関連する談話室の質問

ツイートする
×