笙野頼子のおすすめランキング

プロフィール

1956年生まれ。81年「極楽」で群像新人賞を受賞。「なにもしてない」で野間文芸新人賞、「二百回忌」で三島賞、「タイムスリップ・コンビナート」で芥川賞、「幽界森娘異聞」で泉鏡花賞、「金毘羅」で伊藤整文学賞を受賞。

「2016年 『ひょうすべの国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笙野頼子のおすすめランキングのアイテム一覧

笙野頼子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『笙野頼子三冠小説集 (河出文庫)』や『母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)』や『水晶内制度』など笙野頼子の全127作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

笙野頼子三冠小説集 (河出文庫)

336
3.43
笙野頼子 2007年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笙野頼子作品を人からすすめられたので、読んでみようと購入しました。三作品収められていて、どれも良かったのですが、「なにもしてない」が出色でした。皮膚科に行... もっと読む

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)

245
3.46
笙野頼子 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母の縮小と大回転音頭の結末のところを読みあとは、はしょりました。こういう関係の母娘は世の中に実はよくいる。こういう妄想でもしないと生きていけなかったんだろ... もっと読む

水晶内制度

133
3.51
笙野頼子 2003年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言わずと知れた笙野頼子。もうほんまに好き。フェミっていうか、もう見えてるね、世界の成り立ちとか、なんかそんなのが。確信的なフェミ50%、丁寧でリアルな少女... もっと読む

未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の

124
3.56
笙野頼子 2014年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終えるのに一カ月近くかかりました。(疲労した…)数ページ読んで積んだのが長かった。気になっている作家さんなので闘病記から入ると分かりやすいかな…と思っ... もっと読む

金毘羅

118
3.61
笙野頼子 2004年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとよくわかんなかったですね……(真顔)としか言い様のない、本当にまさにカウンター的小説だったような、気が??? どこまでも理解のできない私小説的な形... もっと読む

タイムスリップ・コンビナート (文春文庫)

109
3.32
笙野頼子 1998年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

共感とか理解とか、はたまたストーリー性がどうとか、そんなのたした問題じゃない。 この文体とうねるリズムに身を任せて、異世界に連れてってもらっちゃえばそれ... もっと読む

二百回忌 (新潮文庫)

106
3.58
笙野頼子 1997年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作がとにもかくにも素晴らしい。一族郎党が甦る狂躁的な二百回忌と「私」が抱える肉親への気持ちが緊密に組み合わされていて、最初から最後の一行まで、心をぎゅ... もっと読む

金毘羅 (河出文庫)

105
3.58
笙野頼子 2010年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

壱で必死に追いすがって、弐で引き込まれて参で感動し、四で混乱させられました…。「自分の言葉で」書かれた私小説と言う感じ。もう一度読めば違う印象かも。 「... もっと読む

説教師カニバットと百人の危ない美女

88
3.21
笙野頼子 1999年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つかみにくい話。 ありえない話なんだけど、よくある話でもある。 たとえばブス描写。ひとつひとつの描写がぜんぜんおかしくない。普通にみかけるコンプレック... もっと読む

愛別外猫雑記 (河出文庫)

75
3.06
笙野頼子 2005年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて読む作家さんですけれども、うーん…読みにくいでですねぇ…。 この人の小説は読んだことがないんですけれども、このエッセイからして妙な文体で書かれ... もっと読む

だいにっほん、おんたこめいわく史

72
3.33
笙野頼子 2006年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なるほど、文学している。理解も共感もできないが、すごいものだということがわかった。 もっと読む

レストレス・ドリーム (河出文庫―文芸コレクション)

65
3.60
笙野頼子 1996年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「レストレスドリーム」「レストレスゲーム」「レストレスワールド」「レストレスエンド」の連作。 再読。RPGのような共通夢に入ってゾンビと戦うという設... もっと読む

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男

60
2.93
笙野頼子 2006年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛快の一言。 「太陽の巫女」「金毘羅」もいいけど、こういうのも好き。 ブスの描写でかなり笑いました。 カニバットのほうも読もう。 もっと読む

徹底抗戦!文士の森

59
3.63
笙野頼子 2005年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トヨザキ社長の書評本から。社長が笙野頼子好きってのは、その書評のそこかしこから窺えるけど、彼女の著作に触れるのはこれが初めて。本文たる小説から入ってないと... もっと読む

硝子生命論

57
3.59
笙野頼子 1993年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笙野頼子の作品にはどんな非現実的な設定でも一種の私小説感がつきまとうけれど、そういう意味ではこれは、今まで読んだ笙野作品の中でもっともフィクションっぽさの... もっと読む

おカルトお毒味定食 (河出文庫―文芸コレクション)

55
3.55
松浦理英子 1997年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この二人が組んだらさいきょうなんじゃないかとおもうんだけどどうだろう。笑 もっと読む

ひょうすべの国――植民人喰い条約

53
3.45
笙野頼子 2016年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不規則な連作短編集。一応主人公は埴輪詩歌(本名:埴輪あゆむ)という女性だけれど、本作は「だいにっほん」三部作の前日譚にあたり、彼女は同シリーズの埴輪いぶき... もっと読む

9・11 変容する戦争 (コレクション 戦争×文学)

52
4.00
リービ英雄 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

米原万理作、「バクダッドの靴磨き」に涙しました。イラク戦争でアメリカによって家族えお皆殺しにされた少年がついに涙枯れ果て、靴磨きをしながら復讐を誓う、小説... もっと読む

居場所もなかった (講談社文庫)

49
3.17
笙野頼子 1998年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文芸文庫で再読したのでこちらに感想を。最初に読んだときは引っ越しの経験もそれほどなかったし、笙野頼子の小説も幻想寄りのものしか読んでいなかったので、この限... もっと読む
全127アイテム中 1 - 20件を表示

笙野頼子に関連する談話室の質問

ツイートする