笹沢左保のおすすめランキング

プロフィール

1930年生まれ。1960年、初長篇『招かれざる客』が第5回江戸川乱歩賞候補次席となり、本格的な小説家デビュー。1961年『人喰い』で第14回日本探偵作家クラブ賞を受賞。テレビドラマ化されて大ヒットした『木枯し紋次郎』シリーズの原作者として知られ、推理小説、サスペンス小説、恋愛論などのエッセイ他、歴史書等も含む、380冊近くもの著書がある。2002年逝去。

「2023年 『有栖川有栖選 必読! Selection9 後ろ姿の聖像 もしもお前が振り向いたら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹沢左保のおすすめランキングのアイテム一覧

笹沢左保のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『どんでん返し (双葉文庫)』や『セブン殺人事件 (双葉文庫)』や『軍師竹中半兵衛 (角川文庫)』など笹沢左保の全1500作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

どんでん返し (双葉文庫)

344
2.52
笹沢左保 2014年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あっしには関わりのねえことで…」だったか、木枯らし紋次郎の原作者の短編集。 会話文が主体なので、人によっては読みにくいと感じるかもしれない。 にして... もっと読む

セブン殺人事件 (双葉文庫)

222
2.73
笹沢左保 2016年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。刑事のキャラがはっきりとしてて、話が頭に入ってきやすい。 時々、表現がなんか、古い??て思ったら1980年の本でびっくり。復刻版みたいな感じ? 時... もっと読む

軍師竹中半兵衛 (角川文庫)

211
3.80

感想・レビュー

竹中半兵衛重治。恐るべき男よ、と秀吉は言った。まるで当人みたいに信長というものをよく知っている。もし半兵衛を敵に回したら、これ以上恐ろしい人間はいなかった... もっと読む

人喰い (双葉文庫)

174
2.63
笹沢左保 2018年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笹沢左保『人喰い』双葉文庫。 第14回日本推理作家協会賞受賞作。1960年の作品というだけに流石に時代を感じるが、大昔のサスペンスドラマのような展開はな... もっと読む

金曜日の女 (祥伝社文庫)

152
2.42
笹沢左保 2018年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エロティック且つ斬新です。 面白かったです。 もっと読む

死人狩り (祥伝社文庫)

131
2.56
笹沢左保 2019年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代背景が気になり調べてみると昭和57年... その為かなりの違和感があって、終始入り込めなかった。 銃撃で乗客乗員全員が死亡するという事件さえ起こらな... もっと読む

有栖川有栖選 必読! Selection1 招かれざる客 (徳間文庫)

107
3.31
笹沢左保 2021年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笹沢佐保さんの長編 容疑者の事故死で完結している事件に、納得のいかない倉田警部補が事件を追う(休暇中) 前半は事件に関する報告記録、後半は警部補の報告録... もっと読む

異常者 (祥伝社文庫)

96
3.36
笹沢左保 2019年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安定の引き込まれる感じ。まだこの作者の本を何冊かしか読んだことないけど他の本も読んでみたいと思う。 もっと読む

軍師 竹中半兵衛 上 新装版 (角川文庫)

87
3.86
笹沢左保 2013年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛要素も含んだ歴史小説。お市と半兵衛の関わりが描かれるのは新鮮。竹中半兵衛が好きなので、読んだけど引き込まれるところはなかったかな。淡々と読んだ。 もっと読む

有栖川有栖選 必読! Selection2 空白の起点 (徳間文庫)

73
3.18
笹沢左保 2021年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

列車の窓から父親の転落死を目撃した小梶鮎子。父に多額の保険金がかかっていたことで、調査員・新田純一は詐取を疑う。だが、その場面に新田も居合わせていたという... もっと読む

軍師 竹中半兵衛 下 新装版 (角川文庫)

70
3.80
笹沢左保 2013年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一部、歴史のレポートを読んでいるような気になる文章がある。だから小説とは一概に言えないかも。冷静な文体。 秀吉と半兵衛が対立してるのは新鮮。 もっと読む

白い悲鳴 (祥伝社文庫)

68
2.61
笹沢左保 2019年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そこそこ面白い もっと読む

殺意の雨宿り (祥伝社文庫)

66
3.00
笹沢左保 2019年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラストがやけにあっさりしてたな。 芙貴子にとっては思ってもいなかった理想的な展開になったんだな。 殺したい人ってそんなにいるものなのかな。 もっと読む

小早川秀秋の悲劇 (双葉文庫)

65
3.32

感想・レビュー

豊臣にゆとり教育された秀秋可哀想だけど、悲劇ってラストではないと思う。 もっと読む

流れ舟は帰らず (木枯し紋次郎ミステリ傑作選) (創元推理文庫)

59
3.64
笹沢左保 2018年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「木枯らし紋次郎ミステリー傑作選」と題してあるが、ミステリー色は薄め、サスペンスやハードボイルドの要素の方が濃いが、個人的に好みの作品ばかりで楽しめた。 ... もっと読む

木枯し紋次郎 (一) 赦免花は散った (光文社文庫)

54
4.20

感想・レビュー

ひさびさに紋次郎にあった気がする。 もっと読む

その朝お前は何を見たか 〈新装版〉 (徳間文庫)

53
2.33
笹沢左保 2019年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての笹沢作品。 なんとなく途中で展開が読めてしまったけど‥ ラストが清々しくて良かったかな あの後、三井田さん親子がどうなるのか 淳子さんとの関係... もっと読む

有栖川有栖選 必読! Selection4 真夜中の詩人 (徳間文庫)

53
3.50
笹沢左保 2022年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中盤まで、誘拐ものって読むといったい何が起こってるのかと推理の行く先がふらふらしていてどうなってるの?どうなるのの不安があったけど、ある事実から全てとこの... もっと読む

招かれざる客―笹沢左保コレクション (光文社文庫)

49
3.67
笹沢左保 2008年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

労働組合のスパイの話から始まるから サスペンス寄りかと思ったら それはあくまで導入で しっかり本格寄りのほうのミステリ。 特に二番目の「冬の密... もっと読む
全1500アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×