笹生陽子のおすすめランキング

笹生陽子のおすすめランキングのアイテム一覧

笹生陽子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『楽園のつくりかた (角川文庫)』や『ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)』や『ぼくは悪党になりたい』など笹生陽子の全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

楽園のつくりかた (角川文庫)

857
3.30
笹生陽子 2005年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自己中な中学生男子が、祖父が住んでいる田舎へ母と引っ越すこととなり、転校先で自分が周囲からどのような人間に映ってるのかに気づく物語で、自分自身に置き換えな... もっと読む

ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)

582
3.54
笹生陽子 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生桃井のひと夏の物語。懐かしさと甘酸っぱい読後感がある。炎天下の昼下がりにゆらめくアスファルトの陽炎を思い出した。小学生にも、かつての小学生にもオスス... もっと読む

ぼくは悪党になりたい

465
3.34
笹生陽子 2004年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いいこでいるのは疲れるし。  ほどほどのこなんて注目されないし。  それなら、わるいこになって。  自分勝手生きていきたい。  でも、それに... もっと読む

きのう、火星に行った。 (講談社文庫)

361
3.58
笹生陽子 2005年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャッチコピーの通り。 大人になるにつれてみんな大切なことを忘れてしまうんですね。 主人公は小学生だけど感情移入がしやすいというか、気持ちはよ... もっと読む

ぼくは悪党になりたい (角川文庫)

309
3.36
笹生陽子 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本の内容】 兎丸エイジ、17歳。 ぼくの家庭に父親はいない。 奔放な母と腕白な異父弟・ヒロトの三人で平凡な生活を送っている。 毎日家... もっと読む

サンネンイチゴ

286
3.29
笹生陽子 2004年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

児童書のような感覚。 ところどころ難しい四字熟語やことわざが出てきて、アンバランス。主人公が中学生なのに…それがいいのかな? 内容は内気な女子中学生が、... もっと読む

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)

217
3.26
坂木司 2008年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私的にシンクロしやすい話が多かったです。 ・長い片想い/坂木司 切なくて良い。 片想いの相手はもう10年も前に亡くなっている。 二度と会えない... もっと読む

きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション

201
3.30
椰月美智子 2010年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10代の革命、そんなタイトルにふさわしく、YAもので名作を生み出している実力派作家達の競演は読み応えありました。どれも佳作だったけど、やっぱり先鋒の角田光... もっと読む

世界がぼくを笑っても

173
3.48
笹生陽子 2009年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うん。よかった。この人の本はとてもいいと思う。笹生陽子さんだっけ?主人公が男ってのもあるとは思うんだけど、伝えたいことを教訓じみて伝えんるじゃなくて、香月... もっと読む

楽園のつくりかた

161
3.46
笹生陽子 2002年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バリバリの進学校から、ド田舎の分校に転校してきた男の子の話。 児童書。 でも、大人が読んでも読み応えはある。 中学生のずいぶん大人になった気持ちと、... もっと読む

家元探偵マスノくん 県立桜花高校★ぼっち部 (TEENS' ENTERTAINMENT)

161
3.38
笹生陽子 2010年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校内の事件に立ち向かう異色のメンバー。 小学生から大人まで楽しめるストーリー。 「ちょっと人付き合いが苦手」と思う人がこの本を読むと、勇気付けられ、... もっと読む

サンネンイチゴ (角川文庫)

143
3.29
笹生陽子 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤングアダルト!本当に薄いしすぐ読める。14歳の中学生の頃っていつもこんな感情でいたかもしれない。ふとそんな昔の自分を振り返りたくなるような……(反面、恥... もっと読む

空色バトン

140
3.27
笹生陽子 2011年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編集です。 笹生さんの児童文学も好きで、雰囲気がそのままで良かった(^-^) 等身大の主人公たちがどの話もいいなぁ、と思えました! もっと読む

バラ色の怪物

109
3.38
笹生陽子 2004年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むのにbestなタイミングは、中2の1学期末。 設定が中2の2学期なので、何か色々学べる。 もっと読む

バラ色の怪物 (講談社文庫)

89
3.29
笹生陽子 2007年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★2.5 自分に読解力がないのか、主人公と色々な登場人物が、それぞれが関わりなく描かれているように感じた。まとまりがなく思えて、すっきりしなかった。 もっと読む

今夜も宇宙の片隅で

82
3.03
笹生陽子 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

配置場所:摂枚普通図書 請求記号:913.6||S 資料ID:50900487 もっと読む

空色バトン (文春文庫)

74
3.26
笹生陽子 2013年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中高生向けかと 思って侮ってたら、意外にいけた。 借りて読んだので、機会があればまた読みたい。 タイトル通り、各章のつながりが素敵 もっと読む

ぼくらのサイテーの夏 (講談社青い鳥文庫)

71
3.46
笹生陽子 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Z会5年5月号で紹介されていた本。 もっと読む

文学少年と運命の書 (TEENS' ENTERTAINMENT)

65
3.44
渡辺仙州 2014年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国文学を下地にした、書痴の冒険譚。こういう世界観は好きだ。 この冒険が『西遊記』を生み出したとするのは楽しい。 玉策のキャラが良い。妖怪ながら、仙界... もっと読む

(P[さ]5-1)家元探偵マスノくん (ポプラ文庫ピュアフル)

58
3.11
笹生陽子 2014年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても読みやすかったです。 孤独の変人ばかりが集った「ぼっち部」。 次期華道家元マスノくん。 女優志望の西園寺さん。 自称・魔剣の現身の田尻くん。 ネッ... もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示

笹生陽子に関連する談話室の質問

ツイートする