筒井清忠のおすすめランキング

プロフィール

1948年(昭和23年)生まれ。京都大学文学部卒業,同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。文学博士。奈良女子大学助教授,京都大学教授などを経て,現在,帝京大学文学部日本文化学科教授.東京財団上席研究員。専攻,歴史社会学。著書に『二・二六事件とその時代』『石橋湛山』『日本型「教養」の運命』『西條八十』(読売文学賞・山本七平賞特別賞受賞),『昭和十年代の陸軍と政治』『近衛文麿』『帝都復興の時代』『満州事変はなぜ起きたのか』『陸軍士官学校事件』『昭和戦前期の政党政治』など。

「2018年 『戦前日本のポピュリズム 日米戦争への道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井清忠のおすすめランキングのアイテム一覧

筒井清忠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦前日本のポピュリズム - 日米戦争への道 (中公新書)』や『昭和戦前期の政党政治―二大政党制はなぜ挫折したのか (ちくま新書)』や『近衛文麿―教養主義的ポピュリストの悲劇 (岩波現代文庫)』など筒井清忠の全40作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦前日本のポピュリズム - 日米戦争への道 (中公新書)

163
3.85
筒井清忠 2018年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井先生の本はよく読ませていただいているのだけれども,本書はその中でも面白い。戦前期のポピュリズム台頭の様子が,日比谷焼き討ち事件,大正期の大衆運動,朴烈... もっと読む

昭和戦前期の政党政治―二大政党制はなぜ挫折したのか (ちくま新書)

124
3.81
筒井清忠 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

選挙前なので、昭和の二大政党に関する文献を読んだ。その一冊が本書。もう一冊は井上寿一氏が最近出した本。これについては次に読む予定。 それはいいとして感想... もっと読む

近衛文麿―教養主義的ポピュリストの悲劇 (岩波現代文庫)

69
3.83
筒井清忠 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五摂家出身の「貴族」である近衛はモダン性、復古性を併せ持ったスターであった。親英米であり、当時の流行である社会主義に通じ、ゴルフ好きであった。一方で、天皇... もっと読む

昭和史講義3: リーダーを通して見る戦争への道 (ちくま新書 1266)

50
3.50
筒井清忠 2017年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<目次> 第1講  加藤高明~二大政党政治の扉 第2講  若槻礼次郎~世論を説得しようとした政治家の悲劇 第3講  田中義一~政党内閣期の軍人宰相 ... もっと読む

満州事変はなぜ起きたのか (中公選書)

45
3.91
筒井清忠 2015年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天皇自らも言及したように、満州事変は日本の中国への侵略の第一歩とされているが、日本は最初から中国を侵略しようと思ったのかという疑問がぼくの頭にはずっとある... もっと読む

陸軍士官学校事件 - 二・二六事件の原点 (中公選書)

36
3.83
筒井清忠 2016年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陸軍士官学校事件は、皇道派と統制派の派閥抗争のさなか、辻政信大尉がスパイを送り込み、クーデター計画を捏造したとされる事件で、二・二六事件の原点と呼ばれてい... もっと読む

昭和史講義【軍人篇】 (ちくま新書)

36
4.00
筒井清忠 2018年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 14人の軍人を題材に、対象人物にもよるが「悪玉論・善玉論のどちらに与することもなく」(武藤章の章)研究者が冷静に書いた、しかも新書は本当に貴重。  否定... もっと読む

二・二六事件と青年将校 (敗者の日本史)

32
3.33
筒井清忠 2014年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 2・26事件の全体像に関する歴史学の研究書としては、北博昭『二・二六事件全検証』(朝日新聞社、2003年)や須崎慎一『二・二六事件―青年将校の意識と心理... もっと読む

帝都復興の時代 - 関東大震災以後 (中公選書)

31
3.00
筒井清忠 2011年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直期待外れ。 東日本大震災後の政治の酷さは実は何も今に始まったことではないとか、関東大震災後の民主化の動きは堕落と一定層の人間は嘆いているとか、時事ネ... もっと読む

昭和十年代の陸軍と政治―軍部大臣現役武官制の虚像と実像

27
4.10
筒井清忠 2007年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お役所仕事の大東亜戦争倉山満から もっと読む

帝都復興の時代 - 関東大震災以後 (中公文庫)

20
筒井清忠 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治に翻弄された復興官庁の経緯を描き大震災以後の社会意識の変化を追う本書は、大震災と日本人について歴史的視座からその深奥に迫る。〈解説〉苅部直 もっと読む

昭和期日本の構造―二・二六事件とその時代 (講談社学術文庫)

18
4.00
筒井清忠 1996年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 2.26事件について、皇道派によるクーデターの成立の技術的可能性があったとする歴史的論考。旧来の皇道派の無計画性、観念性を強調する「丸山」史観に異議を唱... もっと読む

優雅なる衰退の世紀

12
3.00
佐伯啓思 2000年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

研究中。 もっと読む

新しい教養を求めて (中公叢書)

10
3.25
筒井清忠 2000年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は教養に関するエッセイ集である。新聞・雑誌・学会誌に出たものを集めたものだ。基本的な態度は『日本型「教養」の運命』に書かれている様子と変わらない。教養... もっと読む

西條八十 (中公文庫)

10
5.00
筒井清忠 2008年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世間に名の売れた人は、学問的世界から村八分にされるわけで、いまだあまり知られていないが、彼は偉大な詩人である。 もっと読む
全40アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする