篠田勝英のおすすめランキング

篠田勝英のおすすめランキングのアイテム一覧

篠田勝英のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本の風景・西欧の景観 そして造景の時代 (講談社現代新書)』や『慈しみの女神たち 上』や『風土の日本―自然と文化の通態 (ちくま学芸文庫)』など篠田勝英の全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本の風景・西欧の景観 そして造景の時代 (講談社現代新書)

214
3.40

感想・レビュー

日本において都市というものは、自然との融合、一体化ということを意識して構成されてきたのに対して、西欧における都市とは、いわゆる公共空間であり、市民が集い、... もっと読む

慈しみの女神たち 上

160
3.85

感想・レビュー

元ナチ親衛隊将校の一人語りによる、戦争と自身の歴史の告白。 自らがどのようにナチ将校となり、どの戦線で何を見たのか、(おそらくは)膨大な資料を基に語りお... もっと読む

風土の日本―自然と文化の通態 (ちくま学芸文庫)

132
3.50

感想・レビュー

俳句で用いている季語を比較文化的にどう論じるかをさぐっているときにであった本。 読み進むうちに、フランス人という作者への先入観(フィルター)は失せていた... もっと読む

慈しみの女神たち 下

99
3.82

感想・レビュー

質・量ともに超メガトン級の小説だった。元SS将校の回想録という形で、ナチ側から見た当時の戦況が克明に語られていく様子は圧巻だし、アウエの屈折した性格や男色... もっと読む

都市のコスモロジー―日・米・欧都市比較 (講談社現代新書)

64
3.21

感想・レビュー

空間の中の形(建物)と時間の中の形(人々の振る舞い)って切り口を見つけたのがこの人の凄い所だな。 伊勢神宮が、20年に1度作り替えられると確かに昔の... もっと読む

地球と存在の哲学―環境倫理を越えて (ちくま新書)

40
3.50

感想・レビュー

「環境倫理」というキーワードに惹かれて手にした本。きっと書評かなにかで目にして手にしたのだと思う。地球環境への倫理的な根拠を解明するというコンセプトには興... もっと読む

薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)

31
3.75

感想・レビュー

読売文学賞、訳:篠田勝英、原書名:Le Roman de la Rose もっと読む

ヨーロッパ中世象徴史

17
3.80

感想・レビュー

すごく興味深い!常識が全然違うのね。 もっと読む

フランス中世文学名作選

10
篠田勝英 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> -------------------------------------- 所在記号:958.4||フラ 資料番号:102500... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×