篠田浩一郎のおすすめランキング

篠田浩一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

篠田浩一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魔女〈上〉 (岩波文庫)』や『魔女〈下〉 (岩波文庫 青 432-2)』や『ポール・ニザン著作集〈1〉アデン アラビア』など篠田浩一郎の全79作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魔女〈上〉 (岩波文庫)

157
3.23
ミシュレ 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻では中世における魔女の誕生についての考察中心。小難しい話かと思いきや、なぜか物語仕立てになっている部分があって予想してたより読み易くはありました。ただ... もっと読む

魔女〈下〉 (岩波文庫 青 432-2)

103
3.31
ミシュレ 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻は具体的な裁判例が中心ですが、正直、読んでいてあまりにも腐敗した宗教関係者の内幕にうんざり、あきれ果てて読むのがイヤになるほどでした。例として挙げられ... もっと読む

ポール・ニザン著作集〈1〉アデン アラビア

100
3.55

感想・レビュー

昨今、自分の属する国が、一部の老人政治家達によって毒されていくさまを見ながら、今から89年も前に記されたこの書物にも同様の嗟嘆を見出すような気がした。 ... もっと読む

サド、フーリエ、ロヨラ

36
3.17
ロラン・バルト 2002年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〈テキスト〉を知的対象(省察、分析、比較、反映、等々の)として想像することほど、意欲を失わさせるものはない。〈テキスト〉は快楽の対象である。〈テキスト〉の... もっと読む

ロラン・バルト―世界の解読

12
2.50
篠田浩一郎 1989年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彼の描き出した光跡は、すでにわたしたちのうちに深く、記入され終わっている。彼の死を越えて、この光は旋回しつづけることになろう。  こうして、本書に完結とい... もっと読む

小説はいかに書かれたか―『破戒』から『死霊』まで (岩波新書)

11
3.67

感想・レビュー

日本の近代小説のなかからいくつかの作品をとりあげ、物語論的な視点から作品の構造を分析するとともに、同時に近代小説における主体が日本文学のなかでどのように形... もっと読む

魔女〈下〉 (1983年) (岩波文庫)

8
3.33
ミシュレ 1983年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻は、魔女に関する3〜4の事件 についての解説、がメインです。 (でも最後の一件は別に「魔女」って かんじはしない) 1500年〜1700年代く... もっと読む

ユートピアの歴史 (1972年) (筑摩叢書)

7
2.00

感想・レビュー

衒学的な文章で疲れた・・・ 固定化した社会体制の維持によって永遠性を保つ「伝統的な社会」と、個人の意志を尊重し、平等を求める「キリストの千年王国」の2つ... もっと読む

幻想の類型学

4
3.00

感想・レビュー

『日本霊異記』から『源氏物語』や『今昔物語』、『方丈記』、『雨月物語』を経て、幸田露伴や坪内逍遥、泉鏡花といった近代の日本文学にいたるまで、古典的な作品の... もっと読む

中世への旅―歴史の深層をたずねて (朝日選書 118)

3
4.00

感想・レビュー

東西比較宗教論。能、歌舞伎の分析を通じて「内在的天皇制」を分析している第3部は出色の出来。もう少し、かっちり書いてくれていたら、多分素晴らしい著作になった... もっと読む
全79アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×