米谷ふみ子の新刊情報

米谷ふみ子の新刊情報のアイテム一覧

米谷ふみ子の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2016年4月15日発売『芥川賞全集 第十四巻』や2016年3月18日発売『過越しの祭(新潮文庫)』や2013年5月23日発売『ロサンゼルスの愛すべきダンス仲間』など米谷ふみ子の全28作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

芥川賞全集 第十四巻

米谷ふみ子 電子書籍 2016年4月15日 ブックパスで見る ブックパス ¥ 2407
既刊十三巻をうけ最近回第百回までの作家、米谷ふみ子、村田喜代子、池澤夏樹、三浦清宏、新井満、南木佳士、李良枝の受賞作を収... もっと読む

ロサンゼルスの愛すべきダンス仲間

9
2.67
米谷ふみ子 2013年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵が楽しいけれど、期待したほどの内容ではない。 もっと読む

年寄りはだまっとれ!?

11
3.25
米谷ふみ子 2009年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女、こどもはだまっとれと言われて黙っていたら、アメリカや日本をはじめ、世界はとんでもないことになる。 自分の住む家、家族、国を守るために、もっと真剣に考... もっと読む

ええ加減にしなはれ!アメリカはん

2
3.00
米谷ふみ子 2006年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

拝金主義、原理主義、アメリカという国はどうなってしまったのか? もっと読む

なんもかもわやですわ、アメリカはん

9
2.60
米谷ふみ子 2004年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二〇〇〇年の大統領選の前から、「ブッシュが勝利したらえらいことになる!」と警告を発し続けてきた著者の予言はことごとく的中、今やアメリカは国内外で「なんもか... もっと読む

過越しの祭 (岩波現代文庫―文芸)

36
3.00
米谷ふみ子 2002年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいて気分の良くなる話ではないが、やり場のないどうしようもなさや、それでも底からわきあがってくる生の力のようなものを実感させてくれる作品である。連作と... もっと読む

なんや、これ?―アメリカと日本

6
3.00
米谷ふみ子 2001年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人はこのテの本を読むと良い。読んで、色々と考えると良い。 日常生活から政治までアメリカと日本の良いトコ悪いトコを体験談交えて書いたエッセイだった... もっと読む

けったいなアメリカ人

5
3.50
米谷ふみ子 2000年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の最新作「なんもかもわやですわ、アメリカはん」をちょっとだけ読んで面白そうだったのだが、図書館で予約が詰まっていたので、こちらから読んでみることにした... もっと読む

ファミリー・ビジネス

8
3.00
米谷ふみ子 1998年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本での常識やしがらみから解放される長期海外生活。その一方で、ともに老いていく配偶者とは未だに文化の違いを感じることがある。そんなジレンマを淡々と描いてい... もっと読む

芥川賞全集 第十四巻 (文春e-book)

2
米谷ふみ子 電子書籍 1995年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

既刊十三巻をうけ最近回第百回までの作家、米谷ふみ子、村田喜代子、池澤夏樹、三浦清宏、新井満、南木佳士、李良枝の受賞作を収録 もっと読む

0(ゼロ)線に向かって

1
3.00
米谷ふみ子 1994年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暖かなお話。心がほんわか(だったと思います…ピックアップしていたのに書き忘れて、思い切り曖昧な記述で申し訳ないです) もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする