緑川聖司のおすすめランキング

プロフィール

2003年、『晴れた日は図書館へ行こう』が第一回日本児童文学者協会長編児童文学新人賞を受賞。2010年7月に『ついてくる怪談 黒い本』でスタートした怪談シリーズが12作つづくヒット作となる。現在、本格ミステリのジャンルでも活躍中。

「2017年 『霊感少女 心霊クラブ、はじめました!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

緑川聖司のおすすめランキングのアイテム一覧

緑川聖司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『(P[み]4-1)晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)』や『(P[み]4-2)晴れた日は図書館へいこう ここから始まる物 (ポプラ文庫ピュアフル)』や『(P[ん]1-16)寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)』など緑川聖司の全88作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

(P[み]4-1)晴れた日は図書館へいこう (ポプラ文庫ピュアフル)

1239
3.48
緑川聖司 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書好きの皆さん、それぞれ行きつけの図書館をお持ちなのですよね。私も3か所を拠点に、本代を浮かせています。 晴れた日は図書館に行こう。こりゃ晴耕雨読... もっと読む

(P[み]4-2)晴れた日は図書館へいこう ここから始まる物 (ポプラ文庫ピュアフル)

615
3.68
緑川聖司 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1作目に続き、優しい気持ちになれる本。 そして、最後の番外編を見て改めて思ったけど たくさんの本に出会うってことは たくさんの人に出会うってこと... もっと読む

(P[ん]1-16)寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

271
3.02
加藤実秋 2012年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『舞台は「紅桃寮」』 『404号室が「開かずの間」』 『事件の発生から解決までが「7日間」』 という設定を守って、4名の作家によって書かれたアンソロジー。... もっと読む

晴れた日は図書館へいこう (文学の森)

229
3.74
緑川聖司 2003年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つまんねー!! こういうのを子供だましって言うんだよ。 本当に素晴らしい児童文学は読者の年齢を超えて心に響くものだけど、この本は小学校高学年から中学生... もっと読む

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)

96
3.24
加藤実秋 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

共通設定☆紅桃寮が舞台☆404号室が開かずの間☆7日間限定。谷原さん、夜逃げして不登校だった高校の寮へ入居した少年の話。設定もオチも驚きがあって笑えた、面... もっと読む

ついてくる怪談 黒い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

79
3.83
緑川聖司 2010年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある少年が黒い本という怪談を見つけ、読み進めるうちに少年のまわりでも本の内容と同じことがおこりはじめるという話なんだけど、次になにがおこるのかを考えるとゾ... もっと読む

待っている怪談 白い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

67
3.89
緑川聖司 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一人で父親の会社の別荘へ向かった少年は、白ずくめの少女と出会う。怪談と同じように、まるで似ていないような出来事と出会うこどものシリーズ。今回はすごく頭から... もっと読む

終わらない怪談 赤い本  (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

63
3.79
緑川聖司 2010年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怖いです。夜に一人で読むなら…、無理!ちょー怖いです。女の子良く読む勇気があったな~とおもった。 もっと読む

追ってくる怪談 緑の本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

62
4.13
緑川聖司 2011年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直、一作目以降盛り下がってきたなぁと思っていたのですが、今作は本当怖かったです。聞いたことがあるような話もあったのですが、ドキドキしながら読み進めました... もっと読む

(P[み]4-3)福まねき寺にいらっしゃい (ポプラ文庫ピュアフル)

62
3.35
緑川聖司 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺の跡継ぎだった兄がいきなり失踪いたため、一時的に副住職にならざるを得なくなった大学生の寺にまつわる日常系ミステリ お寺の住職って代々継ぐものと思い... もっと読む

呼んでいる怪談 青い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

61
3.87
緑川聖司 2011年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「雨女」が大好きです。対になっている緑の本の方が怖かったんですが、雨女の展開や雰囲気はたまらなく好き。 もっと読む

色のない怪談 怖い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)

53
3.78
緑川聖司 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想もかけない位文もイラストもめっちゃ怖い。もう一生読まない。 もっと読む

封じられた怪談 紫の本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)

50
3.87
緑川聖司 2012年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『返品可』『信号』『帽子の男の子』『思い出のアルバム』が良かった。帽子の男の子はその中でも一番好き。 このシリーズは読みやすいから好きだけど、最初の黒が一... もっと読む

海をこえた怪談 銀の本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)

45
3.50
緑川聖司 2012年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前に読んだ本なのでよく覚えていませんが、ある男の子が城に隠された『銀の本』を見つけて、守る話です。(もちろん怖い話も入ってます。)一番怖かった話は ある家... もっと読む

学校の怪談 黄色い本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)

43
4.07
緑川聖司 2012年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生が主人公の怪談シリーズ。「赤い本」の主人公が、新たな「本」に出会う……。今回なかなか面白かった。黄色=警告みたいな感じなのね。いよいよ次は最終巻! もっと読む

時をこえた怪談 金の本 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)

41
4.00
緑川聖司 2012年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4-3 残念でした 7分 ちょっと冷んやりする もっと読む

(077-13)怪談収集家 山岸良介の帰還 (ポプラポケット文庫)

29
3.71
緑川聖司 2015年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼稚園まで住んでいた町に引っ越してきた5年生の浩介 とあるきっかけで 怪談収集家と名乗る隣家の住人山岸良介の助手をつとめることになる 百物語... もっと読む

(077-12)番外編 つながっていく怪談 呪う本 (ポプラポケット文庫)

26
4.14
緑川聖司 2014年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪談の本。 主人公たちが「呪う本」を読むと廻りで同じようなことが起こりはじまる。最後には物語がつながるところが面白いです。 もっと読む
全88アイテム中 1 - 20件を表示

緑川聖司に関連する談話室の質問

ツイートする