織田作之助のおすすめランキング

プロフィール

1913年、大阪市生まれ。38年に処女作『雨』を発表。新聞社に勤務するが、翌年発表した『俗臭』が芥川候補、さらに『夫婦善哉』が改造車の文藝推薦作品になったのを機に本格的作家生活に入る。新戯作派(無頼派)の一人として活躍した。48年没。

「2016年 『天衣無縫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

織田作之助のおすすめランキングのアイテム一覧

織田作之助のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夫婦善哉 (新潮文庫)』や『夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)』や『六白金星・可能性の文学 他十一篇 (岩波文庫)』など織田作之助の全386作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夫婦善哉 (新潮文庫)

604
3.69
織田作之助 2000年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔読んだときにはやっぱり古かったんだけど、今は違うかもしれないね。 ドラマ化のおかげで再読する。織田作と言われ、庶民に愛された作家の作品だと言うのが手に... もっと読む

夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)

166
3.58
織田作之助 2013年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夫婦善哉」「織田作之助」 名前はきいたことがあっても読んだことがなかったので 読んでみた。 表題作をはじめ、どれもこれも 貧乏で暗くて惨めで... もっと読む

六白金星・可能性の文学 他十一篇 (岩波文庫)

96
3.90
織田作之助 2009年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道なき道 髪 表彰 女の橋 船場の娘 大阪の女 六白金星 アド・バルーン 世相 競馬 郷愁 二流文楽論 可能性の文学 著者:... もっと読む

夫婦善哉

90
3.59
織田作之助 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えぇ… 名作なのかもしれないけど、小娘には感動ポイントが分かりませんでした。 ダメなぼんぼんの内縁の妻になった美女の話じゃないか。ぼんぼんは笑えないダメさ... もっと読む

織田作之助 (ちくま日本文学 35)

81
3.86
織田作之助 2009年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勧善懲悪の途中まで。 まだ夫婦善哉しか読めてないけど、もしかしたら織田作之助は苦手な類の作家では…?と思った。 司書さんに探してもらったものなので、... もっと読む

夫婦善哉 (講談社文芸文庫)

79
3.67
織田作之助 1999年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近NHKでドラマにもなりました。柳吉と蝶子の夫婦がドタバタをくり広げる物語です。柳吉のクズ男っぷりがすがすがしいほどにくたらしいですが、現代にもこんな男... もっと読む

青春の逆説 (角川文庫)

76
3.56
織田作之助 2008年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校時代に良く読んだ。 もっと読む

天衣無縫 (角川文庫)

72
3.22
織田作之助 2016年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

織田作之助の短編集。「天衣無縫」が未読だったので。 どの短編集にも「夫婦善哉」はもれなくついてきて、読む度にだんだんとダメ男っぷりが憎めなくなってきた。... もっと読む

夫婦善哉 完全版

63
3.72
織田作之助 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 天ぷら屋の娘として生まれた、しっかり者で気の強い蝶子はんと、子持ちのボンボン・柳吉はんの、ズレまくりな愛の形。 『続・夫婦善哉』の直筆原稿も収録されて... もっと読む

織田作之助 (ちくま日本文学全集)

62
3.88
織田作之助 1993年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オダサクぅ〜っ! 今まで、なんで読まなかったんだろうか?あぁ、もったいない。 地元大阪のあそこやここ、あっこも登場するだけでウキウキするけれど、 な... もっと読む

世相・競馬 (講談社文芸文庫)

55
3.81
織田作之助 2004年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八木沢里志「続・森崎書店の日々」つながり。「競馬」のみ読了。真面目なだけがとりえのさえない高校教師が、美しい女給の一代に入れあげ、思いが通じ、結婚すること... もっと読む

夫婦善哉 決定版 (新潮文庫)

54
3.69
織田作之助 2016年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 文章で読んだ。そしてラジオで聞いた。音にして聞くとより良さが伝わってきた。努めて端的に描こうとしているように思う。そしてこの手の作品の続編が冗長になるの... もっと読む

(024)川 (百年文庫)

52
3.69
織田作之助 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013.5.6 『螢』織田作之助 強く明るく働く女の話は読んでいて気持ちがいい。ちょっと強すぎるか。螢の出てくる無邪気な場面が繰り返されていて良い。 ... もっと読む

わが町・青春の逆説 (岩波文庫)

48
3.71
織田作之助 2013年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不器用ながら規律規範から逆行して生きようとした青年を描いた『青春の逆説』。ほのぼのとした下町の情景を巧みに描きつつ、そこに住まう人々の暖かい交流を描いた『... もっと読む

大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)

39
3.60
川端康成 2011年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪出身、また大阪に縁の深い作家の短編作品を集めたもの。特に大正後期から第二次大戦直後の作品が多い。作品がつくられて100年もたってはいないが、読んでいる... もっと読む

忍者だもの: 忍法小説五番勝負 (新潮文庫)

34
3.23
池波正太郎 2015年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

忍者小説5編。時代小説を読み慣れていないため、とても読みずらかったものの、『忍者とは』を五つの視点でゾクゾクと堪能できました。忍者だもの、忍者であり、もは... もっと読む

五代友厚 (河出文庫)

34
2.00
織田作之助 2016年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、幕末~維新にはまっているので、拝読いたしました。 もっと読む

夫婦善哉 完全版

27
3.00
織田作之助 2013年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までずっと、「しっかり者の女房と、気の優しいダメぼんのしみじみといい夫婦の話」だと思っていたのですが(というふうに田辺聖子もオビで言っている)、実際に読... もっと読む

夫婦善哉

26
3.38
織田作之助 電子書籍 新字新仮名 2000年12月1日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

 読んだとき最初に感じたのは、グルメ小説というより、近代日本文学ーー純文学で模範とされる私小説的リアリティーを追及した小説だということです。  出会い... もっと読む

聴雨・蛍―織田作之助短篇集 (ちくま文庫)

24
3.67
織田作之助 2000年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これでとりあえずオダサク文庫本はコンプリートなので、なんだか、ちびちびと、もったいつけながら読んでいます。 もっと読む
全386アイテム中 1 - 20件を表示

織田作之助に関連する談話室の質問

ツイートする