群ようこの文庫本一覧

群ようこの文庫本一覧のアイテム一覧

群ようこの文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『うちのご近所さん (角川文庫)』や『たかが猫、されどネコ (ハルキ文庫)』や『平林たい子伝 妖精と妖怪のあいだ (文春文庫)』など群ようこの全135作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

うちのご近所さん (角川文庫)

48
3.00
群ようこ 2018年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようこさんのリアルなのかなぁって思いながら、引き込まれました。 せんどうさんも銀次郎さんも、お母さんも、生き生きしてて、嫌じゃないな もっと読む

たかが猫、されどネコ (ハルキ文庫)

42
3.44
群ようこ 2019年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ぶー」の物語がいちばん印象に残った。最後に写真が載っていた、顔面の黒い子がぶーかな?ブサイクには見えない、可愛らしい子だったけどな。 群さんの本は2冊目... もっと読む

平林たい子伝 妖精と妖怪のあいだ (文春文庫)

39
3.40
群ようこ 2008年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で。 私は存じ上げない方ですが…その時代では有名な人だったんだろうなぁという事はよくわかります。それにしても昔の人で勉強がしたかったという女性は不... もっと読む

ネコと海鞘 (文春文庫)

38
3.33
群ようこ 2019年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙買い。 どれも短編で読みやすいので、お風呂、寝る前、移動中のちょっとした時間にスラスラ読めて良かった! もっと読む

驚典―群ようこ対談集 (講談社文庫)

37
2.95
群ようこ 2002年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「驚典」3 著者 群ようこ 出版 講談社文庫 p258より引用 “広瀬 家庭科の先生が編みものができないんです。 できないと教えられませ... もっと読む

一葉の口紅 曙のリボン (ちくま文庫)

37
3.36
群ようこ 1999年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一葉と木村曙二人がヒロインとなっているとあったけれど。 私にはやはり一葉の物語として読めてしまった。 彼女の晩年の「モテ期」については、本書でも描... もっと読む

濃い人々 (講談社文庫)

35
3.10
群ようこ 2003年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷崎潤一郎「台所太平記」、ブコウスキー「死をポケットに入れて」、織田作之助「夫婦善哉」、小津映画「出来ごころ」、BBC「アブソリュートリー・ファビュラス」... もっと読む

短編伝説 旅路はるか (集英社文庫)

34
2.80
川端康成 2017年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年12月集英社文庫刊。「旅」をキーワードにした10編のアンソロジー。セレクションが興味深く、楽しめました。顔(川端康成)、エアポートは、雨(森瑤子... もっと読む

浮世道場 (講談社文庫)

30
3.08
群ようこ 2006年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010年4月16日(金)に読んだ。 もっと読む

アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)

26
2.60
群ようこ 2019年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

せっかくアメリカ行ったのに、ある意味レアな体験旅行。社会の一側面を見ているけれど、特殊過ぎてなんとももったいない気が。著者のその後の世界観に影響はあったの... もっと読む

肉体百科 (文春文庫)

12
4.00
群ようこ 2019年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【人間の肉体にまつわる抱腹絶倒エッセイ集!】目からウロコ、肉体にこんなドラマがあったとは! ひじの梅干し化の防ぎ方、もりもり盛り上がる二重うなじの恐怖…面... もっと読む
全135アイテム中 121 - 135件を表示

群ようこに関連する談話室の質問

ツイートする